YouCanSpeak 〓 8A


YouCanSpeak 〓 8A
010104woman35-trans.png
<discussion meeting 3>



教材内容   インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak




(座談会のつづき、
 3回目です)


<4段階の
 学習方法について>



Ryo
では、
さらに話し合いを
続けていこうかな。
僕のほうから先に
口火を
切らせてもらうけど、
この
YouCanSpeak
システムの特長

最も良くよく
表しているものが、

「基本」
「変化」
「代入」
「合成」

という
4段階の学習方法
だと
思うんだが…。


Masa: 
うん。その通りと
言っていいだろうね。
4つのフレーズ
繰り返し
言葉として
口に出している
うち
に、
言いたいことが
英語で言えるように
なってくる
のは、
このシステムの
おかげ
なんだ。
この教材の骨子と
なっていると思う。
     
Aya: 
やっぱり
一番ポイントになる
部分
だわね。
この教材を
始めたばかりの頃
のことなんだけど、
最初に日本語だけを
聴いたとき、
私なんかには
「絶対に言えないだろうな」
って思ってた……
ちょっとだけ複雑な
英語のフレーズが、
「代入」を経て、
最後の「合成」まで
いったあたりで、
自然に
英語を口にして
いるのを
実感したとき
は、
ホント感激だった。
私…、
昨日のことのように
覚えているもの。


Naomi:

そうだったわね。

Aya
は、
この講座を始めてから、
周りでも判るほど、
どんどん上達して
いったんだけど、
誰よりも、
この代入方式
ピッタリはまったって
ことなんだわ。
その結果として、
人前で英語を
普通に喋ることが
できる
ように
なったものね。
あのときの変化は
すごかったわ。
私なんか、結構
ビックリしてたのよ。

Taku:  
うん。僕も、
あの場にずっと
居合わせていたから、
かなり驚いたのを
よく覚えている。
あの経験からも、
よく解ったんだが、
この教材のやり方
っていうか方向性は、
初心者に
英語に対する
積極性を
養ってくれる
よね。
それも
4段階の学習方法
おかげなんだろうな。




<教材の持つ力
 について>



Mika: 
ええ、私もそういう
感想を持ったわ。
思ったことが英語で
言えるようになったら、
おとなしい人でも
見違えたように、
大勢の前でも
喋るようになったり
するわね。
Naomiが書いてたけど、
決して誇張ではなく、
人生や生き方まで
変える力
があるのかも…。

Masa: 
ちょっと待って。
それは言い過ぎだよ。
あの「評価のレビュー」の
ところの表現は、
いくら
「大げさに言うと」って
断りを入れても
少し筆が滑り過ぎだった
んじゃないのかな。

Naomi: 
そんなことないわ。
私は自信を持って
書いたのよ。
みんなの前で、
多くの人がいる前で、
自然に英語が
口から出るように
なれば

絶対に人生が変わる

はずだって、
いまでも
固く信じているわ。

Aya: 
その通りだと思うわ。
だって、
私がそのひとつの見本
なんだもの。
それまで、
別に英語で
しゃべるわけじゃない
こういう
話し合いの場でも
あまり声は
出せなかったけど、
いまはこんなに
発言しているからね。
決して、
英語の環境の中
だけじゃなくて、
私自身の生活態度が
変わってきたわ。
これは、事実を
言っているのよ。

Masa:
解った。
よく解ったよ。
まあ、
Ayaを見ていると、
僕もそういう点は
認めるさ。
うん、英語が自然に
自分の口から
出てくれば、
他のところでも
自信を持った態度が
できるようになって、
その効果が
生活全般に及んでいく、
というふうな
意味合いだったら、
僕も認めるよ。


Ryo:  
そう考えると、
やはり多くの人に
すすめたくなる教材
だな。
ゲーム感覚で
進められるのに、
いつの間にか
自信も植え付けてしまう
なんて,
考えてみれば、
本当に
すごいプログラム
じゃないか。

Mika: 
私も英語を話すことに
かなり
自信は持てるように
なったわね。
ある程度講座が
進んでから、
海外に
行ってみたんだけど、
ネイティブだけに
囲まれた場面でも、
以前のように、
臆するところが
なくなったもの。
会話自体を
とても楽しめるように
なった
わ。
ええ、かなり以前の
体験なんだけどね…。

Taku: 
確かに、
自分で自信を持って
英語を喋る、
という一点に
的を絞って
比べてみると、
これまで出会った
教材の中では、
一番できがいい
と思うよ。
本当に
「You can speak」って
言えるんだよね。

Naomi:
まーね。
すべての
こういう教材を
やったわけじゃない
けど、
確かに、
口から英語が
出てくるって点では、
そう言ってしまっても
いいのかもね。
ええ、
スピーキングに
関しては、
確実に他のものより
いいわ。
続けていけば、
だんだんと、
そして自然に、
英語のフレーズが
自分の声として
出てくる
はずだから。

Ryo: 
という話に
進んでいくと、
このへんで
全発想領域カバー型」
アプローチ
について
触れないわけには
いかないだろうね。
次の話題は
そっちのほうに
いってみようか




(途中ですが
 今回の掲載は
 ここまで
 座談会は
 もう少し続きます。
 次回のアップを
 ご期待ください)


無料のお試し版は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak



<全員の評価点の平均: 9.0 >




YouCanSpeak 〓 7B


YouCanSpeak 〓 7B
010101man10st-trans.png
<discussion meeting 2>

教材内容  インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak







(前回の続きを掲載します)


<英語力・
 瞬発力・
 継続力について>



Taku: 
それで、
もっと中身の話に
入るんだけど、
この教材の
最大の特長は、
相手に伝わる
英語力

瞬発力
尽きると思うんだ。
とにかく、その場で
直接相手に
英語で伝える力
絶対につくね。


Ryo:  
そうなんだ。
自分が
言いたいことが、
瞬間的
口から出てきた
ときの喜びって、
マジで
本当にすごかった。
レッスンを始めて
良かったって
思ったな。
まあ、
自分に対する驚き
でもあったけどね。

Mika: 
私も経験があるわ。
同じような
シチュエーションで、
YouCanSpeak
やる前と
やったあとの、
自分の口から出る
言葉の差に
驚いてしまった
わよ。
確かに、
やって良かったと思う
瞬間があったわ。


Aya: 
本当にそうなのよね。
私はまだ、
自分に
驚くところまでは
行っていないけど、
だんだん
言いたいことが、
ダイレクトに英語で
口から出てくる
ように
なってきて、
レッスンが
身に付いている
ことが
判る時があったのを
覚えてる。
以前の私は、
まず
日本語を思い浮かべて、
そこから英語に替えて、
一呼吸おいてから
口から出して
いたんだから、
このプログラムの
効果は
すごく実感
しているわ。

Masa: 
そういったところを
実感
できるかどうかで、
この教材の評価は
かなり変わってくると
思うんだ。
まず無料の
「お試し版」

やってみて、
続けられそうな
気がしたり、
続けられる自信を
持ったような人は、
絶対に始めるべき
と思う。
まあ、仮に
あいまいな気分のまま
始めたとしても
おそらく
損はしない教材
だとは思うけどね。

Naomi: 
確かに、
ほとんどの人が
損はしないわね。
そこは私も太鼓判が
押せるわよ。
それに、
レッスンを
続けられるかどうか

ということなら、
この教材の
右に出るものは
ない
んじゃないかしら。
継続できる
プログラム
って、
すごく
大事
なところだと
思うわ。



<日本語情報提供に
 ついて>



Taku: 
うん。
そこのところは
僕も全面的に認めるよ。
だけどね……、
教材に取りかかった
者にとって、
少しでも
英語脳
のような
状態になっていく
目標があるのに、
あんなふうに日本語を
間に入れたりしても、
英語のフレーズを
キチンと声として
出せるようになるのか

ということについては、
やや疑問が
残っているんだ。

Mika: 
それって、
日本語での情報提供
ことを
言っているわけね?
このプログラムは
日本語を排除している
わけじゃなくて、
日本語のサポート
あるんだけど、
それがかえって
邪魔
だって言いたいの?
ないほうが
英語が
口から出てくる
って
言いたいの?
    
Taku: 
うん。
簡単に言うと、
そういうことなんだ。
僕はまだ、
どうしても
日本語による思考
入ってしまう。
それでいろいろ
考えてみたんだけど、
情報として日本語が
示されなければ、
もっと
英語脳
に近づくことが
できるような気が
したんだな。

Ryo:  
うーん。
そのあたりは
かなり難しい問題
だと思う。
少なくとも、
英会話を学び始めた
ばかりの人にとっては、
絶対にあの
日本語の情報は
必要
だよ。
確かに、ある程度
英語脳が
できてきている人
には、
むしろ邪魔なもの
かもしれないが。

Aya:  
ええ、日本語は
あったほうが良いと
思うわ。
私、さっき偉そうに
「ダイレクトに
 英語が口から出る」
なんて
言ってしまったけど、
それはホントに
簡単な会話のところ
だけなのよね。
だから、
日本語での情報提供
は、
いまのところ、
私には
絶対に必要なんだもの。

Naomi: 
まあ、
そういうことなのよね。
誰にでも合うシステム
なんて、
ありっこないのよ。
やる人個人の必要性に
合わせていく
しかない
と思うわ。
レッスンを進めていって、
実力が付いてくれば、
そのうちに
日本語が不必要

なってくるはずだもの。

Masa: 
えーとね、
この件について、
僕はまた、
少し違う考え方を
持っているんだ。
日本語が必要かどうか
ではなくて、
日本語を
同時通訳する感じ
で、
課題をすすめれば
いいと思ってる。
通訳的なレッスン
としては
これ以上の教材はない

って思えるほど
すごく良い教材
見えてくるはずだよ。

Mika: 
ええ、
そう言う考え方も
あるわけよ。
私も同じようなことを
考えていたわ。
たぶん、
このプログラムの目的
そこにあるんじゃない
のかな。
日本語を聴いても、
日本語で考えずに、
ダイレクトに
英語を口にする
ことに
重点を置いて
作られた教材

なんだからね。
そういうことを
頭に置いて
レッスンを続ければ、
効果は
向こうからやって来る
わ。

Ryo:  
というように、
リーダーがうまくまとめて
くれたところで、
この日本語情報提供の
是非についての議論は
とりあえず
このへんで終わりにしたい
と思う。
このまま進むと、
どんどん長くなって
しまいそうだからね。

でも、まだ話したりない
顔をしている者も
多いから、
一応、次の話題に
移ってはいくんだけど、
また関連でこの話も
出てきたりしたら、
そのときは、
さらに議論を
深めることにするよ。



(座談会は
   まだまだ続きます。
   次回のアップを
    ご期待ください)




<全員の評価点の平均: 9.0 >




※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ
















YouCanSpeak 〓 7A


YouCanSpeak 〓 7A
010101man10st-trans.png
<discussion meeting 1>

教材内容  インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak






Ryo
それでは、
メンバー全員が
揃ったところで
今回取り上げた教材
YouCanSpeak
について、
まとめの話し合いを
していこうと思います。
タイトルで

<discussion meeting>
なんて
ちょっとカッコつけて
しまっているけど、
言ってみれば
単なる座談会なので
いつも通りに
気楽に発言していって
欲しい。


<評価点について>


Naomi: 
それじゃ、まず私から、
素直な感想を
言わせてもらうけど、
私自身の予想と
較べると
幾分
評価点が高かった
わね。
みんなの評価が
これほど高いとは
思わなかったわ。


Masa:  
高評価になったのは
当然だと思う。
今回も僕たちが、
繰り返し協議を重ねて、
いま最もおすすめの
教材を
真剣に選んで
取り上げよう

ということで、
選択したプログラム
なんだから。

Mika:  
そうね。
事前の打ち合わせで
今度どの教材を
評価しようかって
話し合ったとき、
半数の者が
率先して推薦
したのが
この
YouCanSpeak
だったわ。
私は、
このくらいの点数が
妥当だと思うわよ。


Taku
それじゃあ、
いつものように、
とりあえず評価点を
まとめてみると、
9.0+9.5+9.0+8.0+9.5+9.0
ということで、
全員の平均点は
 9.0 になっている。
これはたまたまなんだけど、
リーダーや僕の評価点と
同じなんだ。
だからってわけじゃ
ないんだが、
僕もこの教材の
評価としては
妥当
なところだと
思ってる。

Aya:  
えっ? 本当に
ぴったり
9.0 なの。
なんか、
まるで合わせたみたい
だけど、違うのよね。
ええ、評価点は
各自の自由判断とか
自分の中にある
経験的な基準で
つけるのは
よく解ってるつもりだけど、
全く端数も出ないなんて、
ちょっと疑われないかしら?


Masa: 
僕は評価の順番が、
あとのほうだったから、
それまでに出た
他の者の評価点が
多少気になったけど、
だからといって、
特に参考にはしなかった。
みんな自分の考えで、
自分の点を入れた
はずだと思う。
むろん、
当たり前のことだけどね。

Mika: 
私は、本当に最後の、
6番目の評価者
だったけど、
帳尻を合わせるようなことは
全く
しなかったわよ。
ごく自然に、
自分の感じたままに、
この教材の特徴を
素直に評価したら、
そういう点になったの。

Naomi: 
全体を見て思うのは、
やっぱり、
私が一番辛い点数
なのよね。
これでも自分の中では、
かなりの点を入れた
つもりだけど、
個人個人の
基準・尺度が違う
から
仕方ないわね。

Taku
その基準みたいなものを、
各自のなかで
ずっと守っていけば、
相対的に
他の教材との比較

なるはずだ。
僕たちの評価を
読んでくれる人が、
自分と一番波長が合う
評価者を選んで、
その者の評価点を
参考にする、
なんて方法も
いいだろうな。



<取り付きやすさについて>

     
Ryo:  
といったところで、
評価点の話は
それくらいにして
もっと教材内容の話に
入っていこうと思う。
僕のほうから
ちょっとテーマを出すけど、
この
YouCanSpeak
という教材の
売りというか、
一番のおすすめの点
あたりから
じっくり話し合ってみたい。

Aya:
私が感じた
一番の特長
は、
英会話教材として
入りやすいこと
取りつきやすいこと

に尽きるわね。

特に
普段から慣れている
Webのサイト上で、
気楽にできることが
とても気に入っているわ。

Masa:
うん。そこのところは
僕もすごく買っているな。
パソコンで
ゲームをしている感じで
学べる
からね。
だけど、ゲームを
やらないような人は、
決して戸惑うわけ
では
ないだろうけど、
僕たちと同じように
入り込めないかも
しれないな。


Mika: 
それって、
たぶん私のことよね。
Masaの評価点は
その分を
割り引いたんでしょう。
あなたの評価の
最後のところで、
それを感じたわ。
でもね。
そう思われてしまうほど
ゲームが苦手の私でも、
モチベーションを
かなり持続できた
わよ。
だからかえって、
大抵の人が続けられる
プログラム

なんじゃないかって
いうのが、
いまの正直な感想だわ。

Naomi: 
私もリーダーと同様に、
そう思うわ。
ゲーム経験なんか
関係なく、
持続できるように
作られたプログラム
じゃないかしら。
これで、パソコンに
向かわなくても、
いつでもどこでも
できるような
教材だったら、
この私が
最高点をつけたかもね。

Taku: 
まあ、
そうかもしれないな。
ゲームに
親しんでいなくても
続けられると僕も思う。
ただ、ゲーム好きには
本当に絶好のプログラム
であることも
間違いないんだ。
これまで英語が嫌い
だったとしても
ゲームが好きなら
絶対に続けられる
と、
この場で断言しても
いいくらいなんだ。

Ryo:  
解った、解った。
そこまで強調されると、
ちょっと戸惑うところも
あるけど、
ゲーム慣れした者が
英会話に取り付く際に
すごく入りやすい工夫
してあることは
僕も認めるよ。
ということは、
中高生が
スピーキングの
レッスンを始めるのに
最適
ということに
なるのかな。
この年代の者で、
ゲーム嫌いは
少ないからね。
とにかく、
若い人に対しての
取り付きやすさは
一番
だな。


(話し合いは、
 まだまだ続きます。
 次回のアップを
 お楽しみに)









YouCanSpeak 〓 6B


YouCanSpeak
 〓 6B
 <by―Mika>



教材内容   インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak




Mikaの評価>




旅行大好きな私は、
十代の頃から
もう何度も
海外への個人一人旅を
してきたんです。

そういう旅の途上で、
これまでに何人もの
英語の
ネイティブ・スピーカーと
知り合いました。

そんな状況で相手と
コミュニケーションを
取る場合、
一応適当に単語を
繋いでいけば、
何とか
最低限の意志の疎通
はできるんですが、
一緒に
大声で笑ったり、
大騒ぎをしたり、
といった
他の国の同年代の
人の輪にまでは、
当初、
なかなか入ることが
できませんでした。

こういったときに、
もっと対等に
 話をしてみたい

彼らが、
 いま何を考えて
 いるのか、
 もっと詳しく知りたい

などと
思ったものです。

この時点で、
私に絶対的に
足りないものが
スピーキング力でした。
ただ
単語を並べるだけの
会話力から、
本当の意味での
コミュニケーション力を
身につけたい

と本気で悩み、
本気で解決策を
考えるようになりました。

そこで出会った
英会話教材が

YouCanSpeak
でした。

この教材は、
相手に伝わる
英語力
瞬発力

養う講座です。

この2つのスキルを
身につけることを
本来の目的として
開発されたものです。

そのために、
このプログラムは、
日本語から
瞬時に
英語の音声化
できるように、
カリキュラムされて
いるのです。

まさに、
コミュニケーション力の
アップを
狙っていた私に、
ピッタリの教材だと
思いましたね。

早速これに
飛びついてしまった
私にとって、
この教材の学習方法
新鮮でした。

日本語から英語に
翻訳するのではな

日本語で与えられた
情報から
その意味や思いを
イメージ
し、
それを
直接英語で発する

というトレーニングが、
(最初にいくらかの
 戸惑いは
 あったものの)
すごく
新鮮に感じたんです。

そして、私は
この方法に
すぐに慣れてしまい、 
これこそが
瞬発力
をつけるために、
絶対に必要な
トレーニングなのだと
悟った
のです。

よく考えてみれば、
英語を
喋ろうとするときに、
「何を話すか」を
日本語で考えている
なんか、
本当にないんですね。

言いたいことを
日本語に変換など
しないで

ダイレクト
英語の音で口から出す

必要があるのです。

たとえば、
自分が言いたいことを
日本語で
口に出して喋る

そんなシーンを
イメージしてみてください。
この場合、
言いたいことを日本語で
一度整理してから
口に出していませんよね。
ただ、
言いたいこと」を
日本語で話す」だけの
行動を
すごくダイレクト
やっているはずです。

YouCanSpeakは、
この
言いたいこと
ダイレクトに英語を
口から発する
という
重要な点に
一番力を入れて
作られた教材
です。

もちろん、
プログラムの最後まで
続けられるように、
私たちの
モチベーションを
持続できるような工夫
が、
カリキュラムの
あちこちに仕掛けられて
います。

継続は力という言葉が
ありますが、
私たちが
飽きないように
作られているプログラム

本当にすごいと思います。

ネイティブとの
コミュニケーション力を
アップさせたい人には
絶対にお薦めの教材
です。


さて、このへんで、
いよいよ私の評価点を
出します。
もちろん、
私が実際に使ってみての
評価点です。

この講座を
半年ほど続けたあと、
私はまた
海外へ行きました。
そこでまた、
現地の同年代の人たちと
出会いました。

前よりもずっと、
私の口から、
言葉が
「英語で」出てきました

相手の言っていることも、
これまでより
理解できました。
だから、
笑ったり、騒いだりを、
一緒にしてしまいました。
私が、彼らの輪の中へ
入れたのです。

かなり感激しましたね。
コミュニケーションの力が
つくって、
こんなにも楽しく、
世界が広がるんだと
思いました。
それもみんな
YouCanSpeak
おかげだと思いました。

そんな
過去の経験もあって、
私的には本当は、
迷いなく
満点
をつけたいところ
なんですが、
私個人の
能力の限界もあって、
この教材が
目指す頂点までは、
まだ行っていません。
仲間は、
「ゲーム人間じゃない
 から仕方ないよ」
なんて
言ってくれていますが、
私としては、
いまでも納得は
していないんです。
 

というわけで、
そこらへんをちょこっと
差し引いたものを
私の評価点とします。


 


Mikaの評価点: 9.0 >





 
※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ













YouCanSpeak 〓 6A

YouCanSpeak 〓 6A
010104woman02st-trans.png<by―Mika>



教材内容   インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak






みなさん、
こんにちは。


英会話教材

YouCanSpeak
最後の評価者、
LeaderのMikaです。
他の仲間と同様、
よろしくお願いします。


これまで5人の仲間
それぞれに
詳しく教材の内容を
説明してくれました。
私のパートは、
それらのおさらい的な
内容になります。
だから、
難しい理屈は抜きにして、
このプログラムって
どうなの?

というところを
お話ししていこうと
思っています。




<Mikaのレビュー>



YouCanSpeak
プログラム


いま皆さんが
ご覧になっている、
Web閲覧のブラウザ
上で学習ができる、
インターネット
英語スピーキング
学習システム

YouCanSpeakです。

よくある
英会話教材の
特定シチュエーション
のときだけに対応

できるような
丸暗記的な学習法
とは異なった、
独自の理論に
基づいたシステム
です。

特に、
英語の勉強は
続けてきたのに、
会話力が
なかなか向上しない
ような人

に向いている
システムですね。

これまで
どんなに頑張っても、
スラスラ話せる力は
養えなかったような
人に、
より効果的な
スピーキング力の
アップを図る
プログラム
です。


YouCanSpeak
特徴


このプログラムは、
日本語で
思い浮かんだ言葉を
英語に直すのではなく、
最初から
英語で発想することを
繰り返しトレーニング

していきます。
頭に思い浮かんだ
ことを、
何でも、
いつでも、
瞬時に直接、
英語で
表現できるようになる

ことが目的です。

ですから、
このプログラムに
沿って
学習を続けることで、
スピーキングの
上達に必要な力

自然に身について
いきます。

どこまでも、
言葉の意味を
英語のフレーズとして
口から声を出すこと

徹底した
トレーニングを行う
ことによって、
私たちの頭の中を
英語脳
変えていって
くれます。

その具体的な
トレーニングが
代入という方式で、

基本
変化
代入
合成
4段階のフレーズ
口に出して
答えていくうちに、
英語で考えて
英語で言う
という
このプログラムの核
身につけていくことに
なります。


YouCanSpeak
具体的な学習方法


まず、
日本語による
意味の提供
おこなわれます。
これを、
瞬時に
英語で表現
します。

実際に、
根本的な作業は
それだけなんです。


このプログラムの
学習方法は、
日本語で示された
意味
を、
指定秒数以内に
声に出して
英語で言ってみる
だけなんです。

間違ったり、
答えられない場合は、
正解が
自然に口から出るまで
繰り返せばよい
のです。

そして、
この学習方法を
何度も繰り返し行う
ことによって、
大抵の状況だったら、
即座に対応できる
ような
本当に意味のある
真の
英語スピーキング力

いつの間にか
身についている
ことに気がつきます。

 

YouCanSpeak
効果


この教材は、
徹底的に
Speaking
鍛え上げる教材です。
継続して学習すれば
必ずSpeaking
アップします。

それでは、
Hearing
Writing

Reading に対しては
どうでしょう?

これらにもかなり
大きな効果を生み出す

と、このプログラムは
強調しています。
つまり、
Speaking力が増して、
意味の瞬間的音声化
出きれば
Writing力
同じように増して、
意味の文字化
出きるようになる。
 

Speaking力が増して、
意味の瞬間的音声化
出きれば、
Hearing力
同じように増して、
音声の瞬間的意味化
出きるようになる。
 

Hearing力が増して、
音声の瞬間的意味化
出きれば、
Reading力
同じように増して、
文字の瞬間的意味化
出きるようになる。
ということなのです。

この法則を信じて
頑張っていきましょう。


このプログラムは、
インターネットで
リアルタイムに
自分の学習進度

確認できます。
このため、
自分の
モチベーションの
持続
を図るために、
常に学習の成果を
確認することが
重要
になることを
覚えておいてください。
きっと
励みになると思います。



YouCanSpeak
無料お試し版

とにかく、
これまで述べてきた
この教材の特徴を
体験したければ、
いまからでも
無料お試し版
トライしてみることを
おすすめします。
Webサイトからどうぞ

お試し版といっても、
本来の画面と
使用感は同じ
なので、
自分に合った教材
なのかどうかが、
よりはっきりすると
思います。


さて、
次のアップ時に
私の評価を
出さなくては
なりません。
最後の6人目なので、
かえって迷いそうに
なりますが、
私の素直な評価点を
示したいと
思っています。



 

※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ












YouCanSpeak 〓 5B


YouCanSpeak
 〓 5B
010101man19st-trans.png <by―Masa>



教材内容  インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak







Masaの評価>




英語が
しゃべれるようになろう

と志して以来、
僕もこれまでに、
いろんな英会話教材に
取り組んできました。

その中の一つである
この教材
YouCanSpeak
一番の特徴は、
やっていて
ほとんど飽きがこない
ことだと思っています。

あまり学習をしている
気持ちはなくても、
その気になって
どんどん進んでしまう
という
机の上の勉強に
飽きっぽい人
でも、
結構続けられる教材
なのです。


一度レッスンを
やってみれば、
誰でもわかることですが、
かなり
ゲーム感覚的
ところがあって、
自分の
正解率が
はっきり数字で
示されたり

クリアーの度合いが
色で知らされたり
するので、
いつの間にか
ムキになっていることも
しばしばですね。
  
たとえ間違っても、
そのあとに
何度だって
チャレンジできる

ので、
クリアーするまで
やめない自分が
いることに驚き、
それがゲームでなく、
英会話の学習中

であることに
さらに驚く。
そんなことの
繰り返しでした。

だから、
いわゆる
ゲーム世代の人には
本当に
ぴったりの教材
だと思います。
ほとんど
学習する意識は
他のところへ置いておき、
遊びの感覚
取り組んだほうが、
絶対に
うまくいくはずです。

たぶん、
他の勉強とは逆に、
予定していた学習時間を
軽くオーバー
してしまい、
見るつもりだった
テレビ番組を見逃した、
などという経験が
頻繁に起こるかも
しれませんね。



でも、
こういったやり方
のほうが
本当に
学習時のストレスを
感じずに済み

楽しく
英会話の学習が進む
に違いないのです。

ちょっと
白状をしておくと、
僕も、当初
かなりはまってしまい、
気がついたら、
1週間分の予定を
たった一晩で
こなしてしまう
という、
あとで
ビックリしてしまった
経験があります。

これは、
前回のレビューで
示したように、
一つのフレーズを
段階的に
マスターしていく
構成

そうさせるんだと
思っています。

簡単なフレーズから、
4つの段階を経ると、
それなりにまとまった、
少し長いフレーズが
自分の口から出てくる。

このときの快感が、
さらに先に進ませる
強い推進力
なっているわけですね。


この続けさせる力
最も重要なのです。

教材を買っても、
置いておくだけでは
何にもなりません。
ほとんど
誰でも続けられる

そして、
知らぬ間に上達する
これが
YouCanSpeak
最大の長所です。

ぜひ
公式Webサイトにある
「無料お試し版」
トライして
みてください。



さて、ここで
僕の評価点
出します。
大抵の人が
無理なく楽しく
続けられる点を
最大限評価
して、
かなり
良い点をつけました。
僕の中では
最高点だと
思っています。
小さなマイナス点は、
ゲーム嫌いの人には
好まれないかも、
という不安が、
ほんの少しだけ
あるからです。


  


Masa評価点: 9.5 >






YouCanSpeak 〓 5A


YouCanSpeak 〓 5A
<by―Masa>



教材内容  インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak







皆さん、こんにちは。
 YouCanSpeak
レビューも
やっと僕の番が
回ってきました。
Masaです。

今回も頑張りますので、
よろしくお願いします。



Masaのレビュー>




このレビューでの
僕の受け持ちパートは、
 YouCanSpeak
という教材の
構成の中で、
最も特徴的な
ところである
代入についての
さらに詳しい説明です。


代入で、
言いたいことを
英語で
言えるようになる

というところの中身を
じっくり探って
いくつもりです。

まず、

This is a table.
(これはテーブルです)

という
英語のフレーズと、

This is the house my father built.
(これは父が建てた家です)

という
英語のフレーズを
較べてみましょう。

コミュニケーションの
価値が高いのは
どちらでしょうか?
もちろん、
あとのほうに
決まっていますね。


テーブルを指しながら、
This is a table.
と人に言う必要は
ありませんよね。
誰が見ても
わかるからです。

ところが、
This is the house my father built.
というフレーズは、
表現しなければ
伝達されない内容

なんです。

つまり、
意味がある会話とは、
コミュニケーションの
価値が高い内容を
伝えること

なんです。
 
当たり前のことですが、
This is a table.
という簡単な英語も
言えない人が、
This is the house my father built.
と言えるはずが
ないんです。
あとのほうが、
より複雑な表現だから
当然ですね。


だからこそ、
スピーキングを
基礎からやる必要の
ある人が、
どの時点から
意味ある会話
できるようになるのかが、
本当に重要な課題
となるのです。

こういった問題を
解決するのが、
 YouCanSpeakです。
この教材は、
最初から
どちらの英語も自由に
口に出る
ように、
かなりうまく
仕組まれている

のです。


次に
英語の構造について、
考えてみましょう。

英語の構造なんて、
とても単純なもの
なんです。

名詞
動詞
副詞
前置詞
組み合わせです。

英語の基本構造は、
名詞動詞(+名詞
なんですね。

これのバリエーションが、
名詞動詞(+名詞)+副詞
となります。

副詞は、
動詞 に
説明を加える言

ですが、

slowly のように
単語そのものが副詞
の場合と、

on the table
のように
前置詞+名詞
という形の
2種類があるので、
次のような
バリエーションの場合も
ありますね。

名詞動詞(+名詞)+前置詞名詞

つまり英語は、
名詞動詞副詞
3大要素から
成り立っているわけです。

これを図式化すると、
次のようになります。

名詞動詞(+名詞)+(副詞or前置詞名詞)

この英語構造の中で、
名詞
副詞は、
別の名詞あるいは副詞と
入れ替えることが
できます



次は代入の発想
ついてです。

上に記した図式の
名詞副詞のところに、
別の名詞あるいは
副詞
代入させるのが。
YouCanSpeak
最大の特徴です。

この代入方式により、
ありとあらゆる英語が
簡単に言えるように
なるわけです。

別の名詞     別の名詞
 ↓          ↓
名詞動詞」(+名詞)+(副詞or前置詞名詞)
――――――――――――↑          ↑
                  別の副詞     別の名詞
 
 

続いて
名詞化・副詞化に
よる代入方式

について説明します。

次の2つの英語表現
のうち、
どちらが
やさしいでしょうか?

(1) My father built the house.
   
(父がその家を建てました。)

(2) the house my father built 
   
(父が建てた家)

従来の
英語の学習では、
(2)のほうが
高度で難しいと
思われています。

なぜなら、
そこには省略されては
いるものの
関係代名詞
があり、
また先行詞はどれか
というような話が
出てくるからです。

けれども、
英語でも日本語でも、
意味そのものは
どちらもやさしく、
子供でも
どちらかが言えて
どちらかが言えない
ということは
あり得ないのでは
ないでしょうか。

意味がやさしければ
英語はやさしい

 YouCanSpeak
鉄則です。

では、これらの
やさしい2つの表現の
違いは
一体何でしょうか?

 その答は、
(1)は文章で、
(2)は(1)が
名詞化されたもの

ということです。

名詞化された表現は、
それ全体が名詞なので、
他の文章の名詞と
置き換えることが
できる
のです。

例えば
This is a table.
(これはテーブルです)
という文章の
 a table
名詞ですね。

それで
a table

the house my father built
に置き換え、
This is the house my father built.
(これは父が建てた家です)
という文章を
作りだすことができます。

これと同じように、
どんな英文でも
副詞化することができ、
他の文の副詞部分
代入することが
できます。

 YouCanSpeakでは、
4つのカード(表現)
セットで学ぶことにより、
最初から
コミュニケーション価値
が高く
て、
それなのに、
複雑で難しいと
誤解されている英語

言えるようになります。
 
これら4つの表現には、
それぞれ以下のような
名前がつけられています。
Ryoの評価のところの
 おさらいだと
 思ってください)

(例1)
基本:  My father built the house.
(=基本となる英文)
変化:  the house my father built
(=基本英文を名詞化した表現)
代入:  This is a table.
(=変化表現の代入先となる英文)
合成:  This is the house my father built.
(=変化表現を代入文に代入した英文)

(例2)
基本:  We study English.
私達は英語を勉強します。)
変化:  to study English
(英語を勉強するために) (副詞化)
代入:  Ryo went to America last year.
Ryoは去年アメリカへ行きました。)
合成:  Ryo went to America to study English.
(Ryoは英語を勉強するために、アメリカへ行きました。)


といったところで、
僕の説明は終了します。
かなり長い文章に
なってしまって
読み進めるだけでも
大変だったのでは
ないでしょうか。
いっぱい書いて
すみません。
本当に
お疲れさまでした。

次回は、
僕の評価を提示する
ことになりますが、
今回の説明が
長かった分、
できるだけ
シンプルに書こうと
思っています。








YouCanSpeak 〓 4B


YouCanSpeak
 〓 4B
010104woman45-trans.png <by―Naomi>



教材内容   インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak




Naomiの評価>



最初に
自分のことを
書きますが、
私の場合、
ずっと前から、
英会話を学ぶこと
自体に自分が
向いていない

そう思ってきました。

というのも、
以前の私は、
全くの見かけ倒しの
人間で、
人前に出ると、
ひどくあがって
しまったのです。

だから、
英会話教室の
ようなところに
通っても、
まるっきり効果が
上がらなかったし、
だんだん
教室に行くのが
嫌になって、
いつの場合も
途中で投げ出して
いたからです。

ところが、
そういう状況でも、
私の、
英会話が
できるようになりたい

という気持ちは
不思議に
変わりませんでした。

だから、
あることがきっかけで、
この
YouCanSpeak
出会ったとき、
これこそ
 私が求めていた
 英会話学習法だ

と咄嗟に思って、
すぐに飛びついて
しまいました。

もちろん、
このプログラムで
なくても
CD等を使って、
人前でなく、
自宅で学習できる
英会話教材が
数多くあることは
当時も
知っていました。
そのうちの
いくつかは、
それまでに
試していたんです。

それにもかかわらず、
この教材が、
私の興味を大いに
誘ったのは、
パソコンを使って、
WEB上で、
すべてができる

ということでした。
なぜなら、私は、
パソコンが、
インターネットが
大好きだったんです。

暇な時間があったら、
一日中でも
ネット三昧でした。
ええ、
ネットにどっぷりと
浸かった生活を
送っていたんです。

そんなときに
YouCanSpeak 
の存在を
知りました。

かなり衝撃的でした。
それまでの
ネット生活の
延長的なところで、
英会話の学習が
できてしまう

と考えて、
すごく興奮したことを
良く覚えています。
 
そして、
ネットを通しての
学習が始まりました。
ほとんどゲーム感覚で
英会話のレッスンを
していくうちに、
だんだんと級が
上がっていきます。
そして、
気が付くと、
いつの間にか
結構多くのスキルが
身に付いていました。
まさに、
私のための教材だ

心の底から
思いましたね。


以上、私自身の
数年前の
つたない経験を
思い出すままに
綴ってみましたが、
もしあなたが、
私のように、

黙々と
パソコンを使って

モニターと
キーボードだけを
相手に

飽きずに時間を
過ごせるような人

なら、
本当に着実に
英会話の能力は
上がっていく
と思います。
そういう人には、
本当に
おすすめの教材です。

もちろん、
Web上の教材
というだけでなく、
このプログラムには、
飽きずにレッスンを
進められる工夫

学習過程の随所に
見受けられるし、
私のレビューの
ところで
説明したような、
やればやっただけ
励ましてくれる工夫

いろいろあるので、
続けられるのです。
 
引っ込み思案な
性格で、

覚えたてのフレーズも
人前では口から
なかなか出てこない。


その前に、
間違ったことを
言ってしまったり
すると、
恥をかくと思って、
はじめから
しゃべろうとしない。


昔の私が
そうだったように、 
そういう行動に
なってしまう
消極的人間
には、
この教材は
最適なのでは
ないでしょうか。

思い切って、
レッスンを始めれば、
級が徐々に上がって
いくにしたがって、
自分に自信が
ついていきます。

そうなってくると、
不思議なことに、
人前でも
しゃべれるように
なる
んです。

私の知っている人に、
口べたで人前では
ろくに
ものも言えないのに、
英会話にだけは
すごく自信を持った
人がいます。
英語だと、
大勢の前でも平気で
喋るんです。
 
すごく不思議な
感じなんですが、
大げさに言うと、
英会話の
学習をすることで

自分の人生を、
生き方を
変えてしまうほどの
効果

のあった人も
いるわけですね。

 
ところが、その反面、
パソコンやWEBに、
あまり
なじみがなかったり、
じっくりと取り組む
時間がない人には、
はっきり言って
不向だと
思っています。

もちろん、
インターネットに
つながっていない
ところでは、
この教材は使えません。
よく通勤・通学の
時間帯に
電車の中で、
ヘッドホンを使って
英会話の学習を
している人を
見かけますが、
こういう
ながら族的な人には
向いていません。
少しでも時間を
有効に使って、
英会話を上達させたい。
そう思っている方には
おすすめできません。

この教材
YouCanSpeak は、
自宅等で
インターネットが
できる環境にあり、
そこで学習する時間を
つくり出せる人に
向いています。
毎日
2、30分の時間を
継続的に学習にあてる

そう決意して
実行できる人には、

最良の選択になると
思いますね。

おまけに言うと、
(私もそうなんですが)
理屈っぽい人には
好まれる教材
だと
思います。

なぜこう学習すれば
効果が上がるのか?
そういうことに
興味が向く人には、
この教材は
すごく合っていますね。

それは
公式Webサイトにある
「無料お試し版」
少しでも始めれば
すぐに
わかってもらえる
と思います。
きっと、
論理的な構成が
気に入るはずです。

ということで、
良いところも、
そうでないところも
指摘してきましたが、
いよいよ
私の評価点
出すときがきました。

もちろん、
私の中では
とてもいい教材
なんですが、
どこでもできない、
あいた時間に
簡単にはできない、
という
「eラーニング」
そのものの欠点は
この教材も
克服できていないので、
その分が
マイナス2と
なってしまいます。
心を鬼にして、
シビアに評価しました。

あらかじめ、
そういう教材で
あることを
知りながら、
その部分に
減点を与えてしまうのは
卑怯かもしれませんが、
私がこの教材を
気に入って
すすめた友人の中には、
それが理由で
興味を
持ってくれなかった者も
いたからです。

まあ、毎日
あえて時間をつくりだす

ということが
結構難しいですからね。

逆に、
それができる人向けに
限った評価だったら、
たぶん
誰よりも一番良い点
出したかもしれません。
そういう人が、
私の評価点だけ見て、
興味をなくさない
ことだけを
願っています。



Naomiの評価点: 8.0>





 
※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ