ReaL Stick


  ReaL Stick
  <by―Ryo>




こんにちは。
Ryoです。
やはり、「英会話器材編」でも
最初のレビューを任されてしまいました。


それで、真っ先に紹介するのが
」と「」の発音矯正具「
ReaL Stick]です。

これは、このブログの一番手として紹介した
YouCanSpeak」の開発者である
あの「Dr. Kinoshita」が発明したものです。


ところで、あなたは、
英語の「」と「」の発音が、正確にできますか?

この発音の区別は、たぶん普通の日本人が
最も苦手としているもののひとつだと思います。

その難しい発音を、短期間に習得できるように作られた
発音矯正具が、この
ReaL Stickなのです。

実物はこんな形をしています。




これを口に差し込んで使います。
舌の先端の感触で舌の動きを確認します。

早い人ならすぐに(2、3分で)
」と「の発音が直ってしまう人もいるようです。

もちろん、僕も試してみましたが、
短時間で効果は絶大でしたね。
こんなに簡単に
」と「がしっかり発音できるなんて
思ってもみませんでした。
これは、やってみなくては、わからなかったことです。

うーん、
」と「の発音なんて簡単だったんだ。
一瞬、そう思いこんでしまう時間がありました。

でも、ちょっとそれでは虫が良すぎます。
それで矯正が済んでしまったわけではありません。

まだ、コツを掴んだ程度なので、その後、
毎日5分から10分程度練習を続ける必要がありました。
いつでも舌がきちんと動くようにするためです。

早い人で1週間。遅い人でも2カ月間練習を続けると、
発音は完璧に矯正されます。
(ちなみに僕は2週間程度です。早いほうでした)
これはもう、一生ものの発音が自分のものになります


ところで、英語の会話の中で、
」と「の使用頻度は80%を超すようです。

具体的に数字で表すと、
100の英単語が使われれば、
」か「が80回以上出て来る計算になるわけです。

さらに、「LICE」と「RICE」のように、
」と「だけが異なる単語が、
ざっと500語も存在するようです。
間違えると、ものすごい誤解を受けてしまいそうですね。

ということで、僕からオススメの器材は、
「英語を正しく話したい人」にとって必要な、
ReaL Stickでした。

関心を持たれた方は、ゼヒ使ってみてください。
」と「の違いに驚かれるかも知れません。


     関心ある方はこちらからどうぞ

 












スポンサーサイト



クイックショナリーII


  クイックショナリーII
  <by―Taku>




Takuです。こんにちは。
本当の番外編、「英会話器材編」で
レビューの2人目に指名されました。
自分の使っている物を紹介します。


僕が紹介するのは、
クイックショナリー2デイリーコンサイス」です。

これが何かというと、
「ペン型の電子辞書」と考えてください。

「ペン型英文速読ツール」と言ってもいいと思います。

実際には、
この写真のような形をしています。



ペンというには、ちょっと太めなんですが、
これの先端で、英語の文章をなぞると、
(つまり、スキャンすると)
たった2秒くらいで、
その訳文が液晶画面に表示されるのです。

英字新聞や英語の雑誌を読むときに、
いちいち辞書を引くのは面倒だし、
普通の電子辞書だって、
調べたい単語を打ち込んだりしなければなりません。

その点、この
クイックショナリー2
単語や文章をなぞるだけなので、
全く早さが違いますね。
ストレスなく、英文が読みこなせるようになりました。

もちろん、それだけでなく、
ちゃんと「発音」もしてくれます。

それなりにきちんとした発音なので
リスニング力の養成にも役立つと思います。
イヤフォンだって付いてくるので、
周りに人がいる場所でも使えますね。

使われている辞書は、製品名にもあるように
三省堂の「デイリーコンサイス」なんですが、
実を言うと、
「英和辞典」のほかに、
「和英辞典」と「国語辞典」も入っているんです。

だから、日本語を英語に直すこともできます。
むろん、普通に本を読んでいて、
難しい漢字や表現に出会ったときも
すごく有用だと思います。

重さも、たったの90グラムしかありませんから、
携帯してどこにでも持っていけるので、
かなり便利なツールだと言えるでしょう。

ところで、本当のことを言うと、
僕の持っているのは、
これのひとつ前の製品である、
「クイックディクショナリーⅡジーニアス」なんです。

辞書としては結構好きなものなのですが、
前の型だけあって、少し遅いのです。
訳文が出てくるのが、2秒ではなくて3秒です。
それに、
「和英辞典」と「国語辞典」も入っていません。

だから、今回紹介する
クイックショナリー2デイリーコンサイス」は
機能アップしているので、
本当にお得だと思いますね。

2台目が欲しくなって、困っています。



  このツールに関心がある方はこちらからどうぞ











ピクチャーデクショナリー


  ピクチャーデクショナリー

   <by―Aya>






皆さんこんにちは。Ayaです。
番外編の3人目になりますね。
私のお気に入りのツールを紹介します。


私のお気に入りは、
ピクチャーデクショナリー」です。


「ディクショナリー」というからには、
辞書であることは確かなんですが、
実物は、英語の絵本と考えてもらったほうが、
わかりやすいと思いますね。
ええ、絵本を見る感覚で英語が学べるんです。

実際に、この絵本はかなり便利で、
家具や料理、身体の部分の名称などが
イラストを見てわかるので、
ただ文字を見ながら英単語を覚えるよりも、
数段印象が違いますね。

特に、外出先などで、
「これなんて言うんだっけ?」ということが
良くありますが、そう言うときの答えを
ほとんど網羅しているんです。

とにかく、英語を楽しく学べる
「絵本辞書」と思ってください。
子供から大人まで、
イメージとして英単語を学ぶことができますね。

中身を見ていくと、
様々な生活のシーンが絵になっています。
これを眺めているだけでも、十分に楽しめる内容です。
イラストや写真がたくさんあるのはもちろんですが、
出てくる英単語の数がおよそ4000あります。

私のように、英単語を覚えるのが、
特に苦手の人には、本当に良いツールだと思います。
たとえ、辞書が苦手であったとしても、
ピクチャーデクショナリーなら
普通にパラパラと見ているだけで、
いつの間にか、英単語が、
イメージとして身に付いているはずです。

それに、文字として覚えたものより、
イメージで覚えた単語のほうが、
絶対に忘れにくいと私は思っています。

これまでは、英単語を文字の羅列として覚え、
そのスペルと日本語の意味を無理矢理に
くっつけようとしていましたよね。
それをやめて、絵を見て、イメージで覚え、
単語を感覚で理解していけば、
どんどん頭の中に入っていきますよ。

この絵本で使われるシーンは、複雑なものはなく、
たいていとてもシンプルに表現されています。
だから、誰にでもわかりやすく、
すぐになじんでくると思います。

さて、このツールには、
CD版とCD-R版があります。
もちろん、
これを購入される方の好みで選べばいいのですが、
私自身はCD-R版を使っていますし、
どちらかというと、やはりこちらがオススメですね。

とにかく、パソコンを使っていろんなことができるんです。
絵本と同じイラストや写真を見ることができるだけでなく、
聞きたい単語も簡単に聞けてしまうんです。

自分の発音チェック用に録音もできますし、
単語の検索機能もあります。
特に、学習記録が残るところが気に入っています。

さらに嬉しいのは、
ゲームが6種類も付いてくることです。
これが思ったより本格的な出来で、
遊び感覚で、かなり英語のトレーニングになるんです。
私なんか、これをやっているだけで、
「買って良かった」なんて思ってしまいます。
長文読解まで役立つようなゲームも入っていますから、
決して簡単ではないですよ。



  このツールに関心をもたれた方はこちらからどうぞ