YouCanSpeak 〓 1A


YouCanSpeak
 〓 1A
<by―Ryo>




教材内容  インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak






どうも皆さん、こんにちは。
サブリーダーのRyoです。
今回のレビューも
よろしくお願いします。
 
さて、改めて
新たに取り上げる教材は

YouCanSpeakです。

今回も、
なるべく丁寧に、
解りやすく、
頑張ってレビューを
書いていきますので、
どうぞご期待ください。
 




<Ryoのレビュー>


僕の受け持ちは
いつも概要説明が
主ですので、
最も基本的な
ところから
話していきたい
と思います。

まず、
この教材について
ですが、
それなりに有名な

英会話習得の
ためのプログラム

ではないでしょうか。


特徴のある
Dr.Kinoshita>の
キャラクター

見たことがある人も
多いかもしれません。

僕も以前から、
この教材の名前だけは
知っていました。


そこで、
その内容ですが、
このプログラムは、
よくあるような

CD+書籍

というものではなく、

Webを使った
インターネット
英語スピーキング
学習システム

と呼ばれるものであり、
パソコンを使って、
YouCanSpeak
サイト上で

学習を続けていく
タイプの教材

なのです。


だから、
皆さんがいま見ている
ブラウザ上で学習する
ということになります。


そして、
よくある特定の状況に
のみ対応できる
「暗記に頼った学習方法」
とは異なり、

同時通訳者である
Dr.Kinoshita
が、
独自理論に基づいて
開発
した
スピーキングに特化した
Eラーニングシステム

なんです。

(特許申請出願中)
 

もっと解りやすく
プログラムの紹介をすれば、

確実に
英語が話せるように
仕組まれた
インターネット学習システム

なんていうキャッチフレーズ
になるでしょう。


これを教材の欠点と
呼べるのかどうか
わかりませんが、
一応注意点として
挙げておくと、
インターネットでの学習
ということになるために、
学習する者が、
パソコンを所持し、
インターネットに
接続できる環境にある
ということが
学習を始めるための
前提となることを、

あらかじめ
理解しておいてください。


ということで、
この教材は、
私たちのブログでも
以前紹介した
トークるズと同様に、
特にスピーキングに
重点をおいた教材

の範疇に入るものです。


これはかなり
重要なポイント
で、
いくら英語ができて、
TOEICのスコアが
すごく高くても
(800点でも)
いざ英語を
しゃべろうとすると、
口から何も出てこない
人が結構多い

という事実があり、

スピーキング学習の
必要性

私たちも日常的に
すごく
感じているのです。


それなのに、
しゃべることに
特に力を入れた
英語学習教材
は、
探してみると
思ったより少ないという
現実があります。


だからこそ、
この教材のように、 

スピーキング力を
向上させる目的で
作られたプログラム

に対して、
大きな賛辞を贈る
とともに、
高い評価をしたい
と思っているのです。


特に、
このプログラムは、

開発者が
同時通訳の専門家

だけあって、

日本語を
瞬時に英語で言う
ことに
ものすごくこだわった
システムに
なっているので、

英語をしゃべるという
能力を
本当に効果的に
身に付ける
ための
最も有力な教材の1つ
と言えるでしょう。



そこで、
実際の学習方法は
どうなっているのか
というと、


日本語で示された
意味を、
指定秒数以内に
声に出して
英語で言ってみる

たった
これだけなんです。


この学習を
何度も何度も繰り返し
行う
ことによって、
どんな状況にでも
対応できる、

本当の
英語スピーキング力

身に付けていくのです。


そして、
これも大きな特長の1つ
と言えるのですが、
この教材は、
出される問題を
1問ずつクリアしていく
というところが、

かなりゲーム感覚
やっていける
のです。

この
ゲーム的に楽しくできる
という機能も大事で、
学習を始めた者が、
そのために
長く継続できる
ことが多くなり、



「面白さに
 引きずられていく
 うちに
  英語力が上がった」

「楽しんで
  やっているうちに
  スピーキング力が
  上達してしまった」

などという話は、
僕の周りにも
いくつも例がありますね。



あまり楽しみすぎて、
何をどうしたとか、
どこまでやったか、
などということを
覚えていない人も
出てくるかもしれませんが、
このプログラムは、

それまでの
学習記録が
リアルタイムで
確認できる

ように
なっているので、
全く心配はいりません。


とにかく、
英語をしゃべる能力を
身に付けたい、
と思っている
すべての方に、
一度は試してもらいたい
教材です。



その試しに便利な
「無料お試し版」
公式Webサイト
あります。


全く面倒な手続きなど
なしに、
誰でもすぐにトライ
できるので、
実際に
チャレンジされることを,
声を大にして
オススメします。


<次回の評価のところで、
僕の挑戦を掲載する予定です>



といったところが、
 
YouCanSpeak
基本的な説明です。
さらに詳しい
内容や特長は、
今後、別の仲間が
書いていってくれるので、
僕の受け持った
この教材の
大まかなレビューは
このくらいにしておきたい
と思います。


次回のアップ時に
僕の評価と評価点を
発表します。
他の教材とあらためて
比較して、
どんな点にしたら
いいのか、
現在熟慮中です。






※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ














YouCanSpeak 〓 1B


YouCanSpeak
 〓 1B
010101man06st-trans.png<by―Ryo>



教材内容  インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak






<Ryoの評価>

今回の僕の評価を
提示するに当たって、
誰でも簡単に試せる
無料お試し版
再挑戦して
みることにしました。

もちろん、
こういった
フリー・トライシステム
の出来も
評価の対象になる
からなのですが、
同時に、
皆さんが試すときの
参考になれば、
という思いも
ありましたね。
 
とにかく、
やってみようかという
気持ちになるための
手助けになれば
と考えています。
それでは、
公式Webサイト
入っていきましょう。



まず最初に
秒数の選択を
します。

無制限
7秒
5秒
3秒
1秒
のうち、どれでも
好きなコース
始められます。

最初は、
7秒のコース
くらいから始めると
いいでしょう。

あなたは
これが楽しむべき
スポーツです
を、すぐに
英語で言えますか?

もし簡単には
口から
出てこなかった
としても
大丈夫です。
たぶん、
コースを
進めていくと、
自然に正解を
答えているでしょう。

答えは、
This is the sport to enjoy.
なのですが、

これを
基本
変化
代入
合成
4段階
つくりあげて
いくわけです。


まず
基本のフレーズが
出てきます。

基本
私達は
そのスポーツを
楽しみました。
We enjoyed the sport.
 
次に、
変化のフレーズです。

変化
楽しむべきスポーツ。
The sport to enjoy.

つづいて、
代入のフレーズです。
 
代入
これがその話です。
This is the story.

最後に、
合成したフレーズ
となります。

合成
これが楽しむべき
スポーツです。
This is the sport to enjoy.


基本の
簡単なフレーズから
入って、
次も、
その次も
わりと簡単です。

このくらいなら、
学校で英語を勉強した
経験があれば、
誰でも7秒以内に
答えられるでしょう。
仮に、口から
楽に出なかった
フレーズが
あったとしても、
最終的には、
ちゃんと秒数内で
答えられると思います。

(難しいと感じる人は、
 秒数を増やして
 ください)

(簡単にできた人は、
 秒数を減らして
 ください)



この学習方法は、
たいていの
英会話初心者に
とって、
(特に)
頭の中に
しっかりした
英語回路が
できていない者には、

非常に効果的
だと思います。

短いフレーズを
繰り返し
練習しているうちに、
文法など
考えていなくても、
多くの構文が
記憶されて
いくからです。

上の例で言うと、
基本から合成へと
4つのフレーズを
学んでいるうちに、
きちんと
to enjoy

のように
to+不定詞の副詞的用法


身に付いていきます。

つまり、
副詞がどうだとか、
どう副詞化するか、
などという
難しいことを
考えなくても、
出てくるフレーズを
繰り返し
声に出している
だけで、
日本語の訳として
ではない
英語が、
自然と口から出てくる
ようになっていく

ようにできています。
 
とにかく、
英会話を
覚えたいけれど、
英文法が
苦手な人には、
とても有効な
学習方法だと考えます。


英語の
短いフレーズを、
ただ声に出すことを
繰り返す練習
で、
英語の構造を
ほとんど理屈抜きで、
頭に入れていくという
やり方なので、
英文法なんか、
いくらやっても
理解できない
ような人でも、
いつの間にか、
英語を喋っている
自分に
気がつくことになる

と思います。


というわけで、
無料お試し版
気に入ったら、
そこで初めて
教材の購入を
考えると
いいでしょう。
 
僕の場合は、
初心者のときに、
なんとなくやってみて、
すごく気に入って
しまいました。
そして、
購入して学習を
どんどん
進めていくうちに、
本当に、
この教材は
僕に
合っているんだな、
と実感しましたね。

自分の例を
ここに書くと、
だんだんと、
表現したいことが、
瞬間的に口から
出てくるように
なっていく

のが解りました。


それまでは、頭では
わかっているような
言葉が、
実際の場面では、
全く出てこなかったん
ですが、
ある日を堺に、
かなりスムースに
出てくるように
なったんです。
いま振り返ってみると、
僕が、
英会話の学習において、
新たな一歩を
踏み出した瞬間
でした。
 
だから、
僕はいまでも、
このプログラムに
出会ったこと、
さらに言えば、
なんとなくにしろ、
この教材の
無料お試し版
トライしたことを、
すごく
幸運なことだった
と思っているんです。

そしていま、
皆さんの中から、
同じような幸運に
出会われる方が
現れるのを
本気で願っています。
 

さて、ここで
この教材の
僕の評価点

出さなければ
なりませんが、
上に書いたように
無料お試し版
初めて
触れたときから、
僕はこの教材を、
人一倍
気に入っています。

だから、
僕自身の
個人的な評価は
非常に高いのです。

ただ、
このブログでの評価は、
僕の独りよがりに
ならないように、
あくまで
客観的にいきます。

先ほど書いたように、
まだ英語回路が
頭の中に
できていない人
には
すごく有効な
学習方法

だと思いますが、
逆に、
できている人には、
やや合わないかも
しれません。
特に、
日本語が
かえってうるさく
感じる
のでは
ないでしょうか。 

そこで、
この教材の点数による
評価ですが、
僕個人は
10点満点で9.5くらいを
出そうと思っていました。

しかし、
誰にでもという
視点を考慮すると、
(つまり、
 初級者を脱した人
 のことを考えると)
どうしても少し点が
落ちてしまいます。
うーん、
仕方ないですね。







※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ




YouCanSpeak 〓 2A


YouCanSpeak
 〓 2A
 <by―Aya>



教材内容   インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak








みなさん、
こんにちは。
今回の教材
YouCanSpeak
レビューにも、
いつも通り
2番手に登場した
Ayaです。
これまでと同様に、
よろしく
お願いします。





<Ayaのレビュー>

この教材の概略と
基本的な説明は、
前回の
Ryoのレビューの
ところで
述べられて
いますので、
今回の
私のレビューは、
この教材が
対象としている人

習得までの
所要日数
などを
少し詳しく
書いておこう
と考えています。

いま現在、
この教材に
興味を
持たれている方は、
そういうところから
押さえておけば、
実際に始めてから、
自分に
合っていない
プログラムだった、
などと
後悔せずにすむ
と思います。

まず、
YouCanSpeakが、
教材の対象して
想定している人
ですが、

1:
中学校2年生
程度の英語を
学んだことは
あるが、
会話力がゼロの人

2:
英語の実力は
あるが
(例えば
TOEIC 900点以上)
スラスラ話せない人

3:
英語が話せないと
困る人

4:
英語が
ペラペラになる
ことを
夢見ている人


というところです。

書いてみて、
あらためて
思ったのですが、 
なんか、
範囲が広いような
狭いような……。

うーん、
よーく考えてみると、
中学2年生以上で、
これから
英会話を学ぼうと
思っている人は、
とりあえず全員
この中に
入っちゃうような
感じですね。
ええ、
習得したい人は
全員が対象

私は
そう思っています。

この対象者の想定
重要なことは、
英語が
かなりできても、
実際に
しゃべる場面に
なると、
自分の会話力の
なさを
痛感するような
人が、
しっかりと
入っている点です。


そうなんです。
勉強としての英語
とても良く
できるのに、
いざスピーキング
ということになると、
まるっきりダメな
人って、
結構、大勢
いらっしゃいますよね。
この講座は、
そういう人たちにも
しゃべる力を与え
会話力
どんどん身に付け
させてくれる

そういうプログラム
なのです。

だから、
とにかく
「うまくしゃべりたい」
と思っている方に
すごくマッチした
教材
だと
私は考えています。

さて、次は
習得までの所用日数
について書きます。

誰でも理解している
ことだと思いますが、
スピーキング力が
身に付くまでの
所要日数には、
必ず個人差が
ありますよね。
だから、
安易に
日数を提示する
わけにはいきません。

でも、
そうは言っても、
やはり
目安になる数字は
必要です。
そこで、
1つの想定を
することになります。
その想定とは、 
とってもまじめに
真剣に取り組んだ人
の場合
です。
そういう人の場合、
次のペースで
進むことが
できることに
なっている
ようです。

1:
学習単位
(24枚カードセット)
を1日でマスターし、
それを毎日続ける。

2:
Level 1を
26日で終了。
(各 Level = S×26)

3:
Level 2を
26日で終了。

4:
Level 3を
26日で終了。

5:
Level 4を
26日で終了。

合計 104 日


えー!
ホントに!?……。
私は、最初に
これを知った瞬間、
戸惑って
しまいました。
プログラムに
含まれている
英語の量を考えると、
とても
100日程度では
完了できない、
なんて考えて、
頭を抱えて
しまったんです。

でも、
安心してください。
本当に時間があって、
毎日真剣に
取り組むことが
できる人って、
それほど多くは
いませんよね。
実際は、
半年~1年が目安
いいようですよ。


もちろん、
すごくできる人は、
104日よりも
速いペースで
進むことも
可能だと思いますが、
初心者は、
もっとじっくり
ゆっくり
進んだほうが良い

でしょうね。

それでも、
練習を
長期間休まなければ

(つまり
 サボらなければ)
1年以内に
全過程を終了する
ことは
さほど難しくは
ないようです。

全過程を終了
させてしまえば、
その時点で、
私たちの
スピーキング力
1級レベル
なっている
ということです。

そのレベル
なんですが、
先程も、
所要日数のところで
出てきましたが、
YouCanSpeak
では、
到達目標として、
次の
4つのLevel

設けています。

Level 1:
頭に思い浮かぶ
ことの大半を、
瞬間的に
英語で言える
ようになること

Level 2:
多岐にわたり、
頭に思い浮かぶ
ことを
瞬間的に
英語で言える

ようになること

Level 3:
与えられた
テーマに関して
スピーチができる
ようになること

Level 4:
ネイティブスピーカー
自由に
ディベイト
(議論)が
出来るようになること。


ということ
なんですが、
ここで心配になるのは
うまくいかなかった
場合のことです。
 
でも、
そういったときも
安心してください
まじめに250時間、
250日以上
学習したにも
かかわらず、
Level1に
達しなかった人には、

購入価格の全額が
戻ってくる
保証制度

あるのです。
これなら始めても、
いざというとき
安心ですよね。

 
とにかく、
真面目に、
真剣に、
この教材に
取り組んでいき、
一定期間を経て
所定の過程を
完了することが
できれば、
学習する者の
英語会話力が
格段に
アップしている
ことは
保証されている
と言っても
過言ではないかも
しれません。

スピーキング力の
上達を
志している方は、
公式Webサイト
にある
無料お試し版
ぜひ
チャレンジして
みてください。



といったところで、
今回の
私のレビューは
終了します。
次回のアップ時に、
私自身の経験話も
交えて
私の評価を
提示します。




 

※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ









YouCanSpeak 〓 2B


YouCanSpeak
 〓 2B
010104woman18st-trans.png <by―Aya>



教材内容   インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak




<Ayaの評価>


数年前の
ことになりますが、
その当時、
本当に
英会話教材初心者
だった私が、
この

YouCanSpeak

いう教材 に
興味を持ったのは、
一番には、
ネットのサイト上で
学習ができる

ということでした。
 
もちろん、
他の教材が嫌い
というわけでは
ないんですが、
ネットでできる
わかっただけで、
なんか他のとは
ひと味違う教材
なんだなって
思ったことを、
いまでも
よく覚えています。
 
そして、
まず手始めとして、
公式Webサイト
にある
無料お試し版
気楽に
練習を始めてみると、
私が持った感覚が、
決して
間違ったものでは
なかった
ということが
すぐに
実感できましたね。

だから当然、
他の教材よりも
ずっと楽しく
やれました

(教材初心者
 だった私が、
 偉そうに言って
 すみません)
普通に
ネットサーフィンを
やっている雰囲気を
保ったまま、
(ネットでゲームを
 やるような気分で)
特別に
英会話学習の
講座を
始めるって
意気込まなくても、
軽い気持ちで
入っていける
ところが、
大好きでした。

(むろん、
 いまでも
 好きな教材の
 1つです)

それでも、
いざ学ぶとなると
簡単には
いきません。
この教材で
学習を始めた頃は、
正直言って
相当苦労しました。

「本当に
 私にできるの?」
って、真剣に
考え込んでしまう
ような時期も
かなりありましたね。

でも、
慣れてくれば……、
知っている単語が
口から出るように
なれば……、

どんどん
スムースに進む
ことは、
ある程度
日にちがたってから
判ってきたんですが、
そこに行き着く前は、
ずっと不安を
抱えていましたね。
 
そんな私にとって、
日本語から
英語に直して
答えるまでの
時間設定
に、

無制限
7秒
5秒
3秒
1秒

のコースが
あるところが、
1つの安心感
与えてくれました。
私が
最初に選んだのは、
もちろん
無制限コースでした。

だから、いくらでも
考える時間が
あったんですが、
それでも、

日本語を目で見て
わかりそうなのに…


ぱっと見は
簡単そうなフレーズ
なのに


声として
単語が出てこない
ときには、
本当にイライラして
しまいました。

それでも、
何度も繰り返し
やっていく

うちに、

基本
変化
代入
合成

4段階の意味
わかってきて、
レッスン自体の
仕組み

みたいなものが
見えてきたとき、
これなら
私にもできる

という確信
みたいなものが、
徐々に私の中に
生じてきたんです。

そして、
知っている単語を
ただ並べて
言うのではなく、
きちんと
構文を作って
組み立てていく

という、
この講座の
最も重要な部分
が理解できたとき、
私の
レッスンスピードは
ぐっと
上がり始めました。

ある程度
できるようになって
きたとき、
ついに
7秒

チャレンジしたんです。
初めのうちは、
半分も
正解を出せなかった
けれど、
この秒数の制限が、
実践で大事な
瞬発力

養ってくれるんだ
と思って、
私なりに頑張って
先に進んで
いきました。

その途中では、
「できなくても、
 繰り返せばいい」
と、自分自身が
くじけないために、
心の中で何度も
つぶやきながら
レッスンを
続けたんです。

間違ったときには、
「もう一度正確な
 ネイティブの
 発音が聴ける」

くらいに
気楽に考えて、
できるだけ
くつろいだ気分で
取り組み始めたら、
かえって
スピードは上がって
いきましたね。


さらに
進んだ段階での、
モチベーションの
持続

という意味から言うと、
この教材を使った
学習は、 
自分が
レベルアップしていく
のも
はっきりわかる
し、
級の認定制度が
ある
ので、
とても励みになる
心の底から
思っています。

いまでは、

私が
 最後まで
 やりきったんだから
 大丈夫


と周りの人たちには
触れ回っています。
これが、皮肉にも、
とても
納得されて
しまうんですよ。

とにかく
始めてみるのが
一番

それが
いまの私の
正直な感想
ということになります。


ところが、
私がそう言うと、
「でも、費用が
 結構かかる
 じゃない」

と友人たちは、
たいていの場合、
ちょっと
尻込みをしてしまう
ことが多いのです。

ここで私は、
柔らかく
反論をします。

「あなたが
 前に通っていた
 教室の費用は
 どうだったの?」

「あそこの教室
 なんかと
 比べると
 かなり安いんじゃ
 ない!」

「わざわざ
 出かけて
 行かなくても
 いいから楽だよね」

「ネットにつながった
 パソコンさえあれば
 できるし……」

こんな言葉を並べると、
ほとんどの友だちは、
とりあえず、
無料お試し版だけは
トライしてくれましたね。
 
そして大半の者が、
結局
教材の購入に至り、
いまでは、
感謝の言葉が
返ってくることが
多いんです。
それを聞くと、
私自身も
幸せな気分に
なりますね。


……と、
ダラダラと書いてきて
しまいました。
  
なんか
評価
というより、
私の初心者体験記
みたいに
なってしまったようで、
とても
偉そうに評価なんか
できない気分に
襲われています。

しかし、ここでは
評価点を出さないと
終われません。
キチンと
私の評価をして、
次の仲間に
バトンを渡さなければ
ならないのです。

だから、
真剣な心持ちで、
この教材で
学習していた頃の
気持ちを
思い出しながら、
私なりの評価を
書くことにします。

この教材に
触れたあと、
いくつもの教材を
使ってみましたが、
ネットで学習する
という
気楽さ
取っつきやすさ
楽しさは、
この教材が
やはり1番です。

 
特に、初めて
「英会話教材」を
やってみよう
と思い始めた
「初心者」が、
最初に触れる
教材としては、
最適なものの1つ
です。

そういう
初心者のための
教材

という観点から、
私は
自分の評価点を
出します。

だからといって、
この教材が、
初心者を抜け出した、
中級者以上の人に
役立たないわけでは
ありません。
TOEICで
かなりの
ハイスコアを
出しているような人
でも、
実際のしゃべりは
苦手というような人
には、
すごく向いている
教材でもあることを
強調しておきます。
 
私にとっては、
ものすごく良い教材
だったけれども、
初心者に
きついところも
少しあるので、
結果として、
満点から
ちょこっとだけ
減点しました。




<Ayaの評価点: 9.5>




 
※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ














YouCanSpeak 〓 3A


YouCanSpeak
 〓 3A
<by―Taku>




教材内容  インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak






こんにちは。
YouCanSpeak
詳細をレビューして、
各人が
独自の視点で
評価していく
このブログに、
いつものように
3人目として
登場しました
Takuです。
今回も、どうぞ
よろしくお願いします。




Takuのレビュー>



RyoAyaの2人が
基本的な説明を
してくれたので、
僕はこの教材の
主な特長
紹介していきます。


ちょっと難しい話に
なりますが、
そう思われる方は、
流し読みでも
かまいません。
理屈を知らなくても、
実際の学習効果に
差は出ない
と思います。
それでも、
僕があえてここに
書いておくのは、
キチンとした
理論から
成り立っている
教材
であることを
知っておいたほうが、
学習への意欲が
より増すはずだ

と考えているからです。



まず初めに、
全発想領域カバー型
学習方法
について
目的型アプローチ
比較して説明します。

従来からある
英会話学校・教室や
通常の英語教材の
ほとんどは、
目的型アプローチ
です。

目的型とは、
特定場面で必要な
表現

(例えば買い物の時に
 必要な表現)
を学ぶ練習法です。

もちろん、
このアプローチ方法にも
それなりの価値は
あります。
しかし、
はっきり言って
弱点があります。
言ってみれば、
パッチワーク的な
英語

陥り易いのです。

頭の中にある思いを
いつでも
自由に話せるように
なるとは
限らないのです。
覚えた英語が
使える状況を
ひたすら待つことに
なったりするので、
うまくその時が
来なければ、
英語を話すチャンス
すらないのです。


生きた会話は、
内容が次から次へと
変化していくものなので、
パッチワーク的な
英語では
会話についていけなく
なってしまうのです。

また
目的型アプローチでは、
最終到達地点の
明確な定義付けが
ないので、
上級英語を終了しても、
思ったことを
何でも
自由に言えるように
なっているとは
限らないという
不安定さがあるのです。

その点、
この
YouCanSpeakは、
全発想領域カバー型
アプローチ
です。
つまり、
頭の中に
思い浮かぶこと
は、
何でも、
そして瞬時に

英語で表現できるように
なるためのシステム

なんです。

全発想領域カバー型
とは、
英語の発想領域の
全てをカバーするための
最小限の表現要素を、
頭にインプットすることを
意味します。

それらが頭の中に
蓄積されれば、
あとはそれらの要素の
組み合わせ方しだいで、
あらゆる表現が
可能になる
のです。

0から9までの数字さえ
知っていれば、
数字の組み合わせを
無数に作り出すことが
できるのと
全く同じようなものですね。


次に、
英語の全発想領域を
カバーする175の要素

について
説明していきます。


英語の全ての表現は、
それが短い文でも
非常に長い文章でも、 
175の要素の
組み合わせ

成り立っています。

それら175の要素は、
YouCanSpeak
2496ものカード
中に、
適当にちりばめられて
いるのです。

ただし、
食べ物に含まれる
栄養素のように、
各カードに
自然に
織り込まれている
ので、
学習者が
それらを特に意識する
必要はありません。

175要素の内訳は
次のように
なっています。

(YouCanSpeak には、
 文法用語は一切
 使われていません)

名詞化の種類: 35 

副詞化の種類: 13 

文の種類: 31

動詞の使い方: 45

形容詞・副詞・名詞
の使い方: 51



続いて、
意味の音声化の練習
について
説明していきましょう。

スピーキングの定義は、
頭に思い描くことを
音声で表現する
こと
です。
意味の音声化
言うこともできます。

もし、スピーキングが
意味の音声化であるなら、
スピーキングの練習も
意味の音声化で
なくてはなりませんね。

だから
YouCanSpeakは、
最初から最後まで、
意味の音声化
徹しているんです。
そして、
最も正確にまた詳細に
意味を提供できるのは
母国語ですね。
それで、
この教材の
学習プロセスは、
以下のように
なっています。

日本語による
意味の提供→ 
瞬時に英語で表現


このプロセスは、
日本語 ⇒ 英語の
同時通訳と
全く同じです


同時通訳者は、
日本語から英語に
翻訳するのではなく、
日本語によって
もたらされた
意味(イメージ)を、
瞬時に英語で再現
するのです。

その結果として、
YouCanSpeak
完成させた人は、
同時通訳者になるための
基礎能力を身に付けた
ことにもなります。  

 
最後に、
YouCanSpeak が
もたらす効果

について、
まとめて説明します。

YouCanSpeakは、
もちろん
Speakingに
特化したシステム
ですが、
他の能力すなわち
Hearing
Writing
Reading
にも
大きな学習効果を
もたらせます。

英語の4つの能力に
ランキングをつけると、

Speaking
> Writing
> Hearing
> Reading


となります。
(英語の文字が
 読めて書ける場合)


これを
わかりやすく言うと
次のようになります。

○Speaking が
  できれば
  Writing は
  できる。

○Speaking が
    できれば
  Hearing は
    できる。

○Hearing が
   できれば
  Reading は
    できる。


もっと
具体的に説明すると、
以下のようになります。

□Speaking
  → Writing

意味の瞬間的音声化
ができれば、
意味の文字化
もできる。

□Speaking
  → Hearing

意味の瞬間的音声化
ができれば、
音声の瞬間的意味化
もできる。

□Hearing
  → Reading

音声の瞬間的意味化
ができれば、
文字の瞬間的意味化
もできる。

ということになりますね。


ここまで書いてきた
説明からもわかるように、
Speaking ができる
ということは、
最高の能力を
身に付けたことを
意味する
ので、
英語全体の
能力向上につながる
のです。

だから、
YouCanSpeak
習得すれば、
TOEIC、
TOEFL、
英検、
入試
等の成績も
必然的にアップする
ことになるわけです。


以上、
YouCanSpeak
特長
かなり詳細に
記述してきました。

少し長くなり、
解りにくい話も
含まれていたと
思いますが、、
この講座の
根幹理論なので、
あまり略さずに
書いてみました。

結論的に言うと、
この教材で
Speakingの練習を
しっかり行えば、
英語の学習に
ついては
パーフェクトになる

と言い切っても
良いのでは
ないでしょうか。

そんな教材について、
次回のアップ時に、
僕の実体験に
基づいた評価と
僕の評価点を
提出したいと思います。
(悩みましたが、
 ほぼまとまって
 きました)







※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak


英会話情報は → ブログランキングへ







YouCanSpeak 〓 3B

YouCanSpeak 〓 3B
010101man32-trans.png<by―Taku>


教材内容  インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak






Taku評価>


今回の
評価対象の教材
YouCanSpeak
開発された狙いは、


相手に伝わる英語力

瞬発力


2つのスキルを
上げる
ことに尽きる
と思います。

だから、
このネット上で
学習していく教材は、
はじめに
短い
日本語のフレーズ

示されて、
瞬時に英語で、
瞬時に口に出して言う
という
特徴的なカリキュラム
になっています。

実際には、その瞬時を、

無制限

7秒
5秒
3秒
1秒


の中から
選べるのですが、
これは徐々に
短くしていけばいい
と思っています。

まあ、
「1秒」は無理に近い
のですが、
自信がある方は
挑戦してみてください。
(これは
 同時通訳者レベル
 だということです)

ここで重要なことは、
日本語を
英語に直して
口に出して言う

といっても、
単に訳せばいいと
いうことではなく、
日本語のフレーズ
から
得た情報を
瞬時に
思い描き、
それを
ダイレクトに
英語の
フレーズにして
口に出さなければ
ならない

ということです。

つまり、
日本語の意味を
直接
英語で言うことが
重要
で、
途中に様々な
「置き換え」や
「吟味」の
翻訳的作業が
あっては
ならないのです。
瞬時に
英語で応じる
という
スピーキングの
練習が
キーポイント

なのです。

日本語で情報を
得たからといって、
それを
日本語で
考えるのではなく

(日本語でイメージを
 作ってからではなく)
ダイレクトに
英語で発声する
という
トレーニングなんです。
(このトレーニングを
 延々と続けていく
 わけです)

これは、
(英語ではなく
 日本語なら)
僕たちが日常的に
行っていることです。

友だちと
喋っているとき、
たぶん、
頭に浮かんだことを、
瞬時に
口に出している

はずです。
いろいろ整理している
暇なんか
ありませんよね。
思ったことを
ダイレクトに
言葉として出している

に違いありません。

YouCanSpeakは、
この口に出す言葉を
ダイレクトに英語に
なるようにする
ための教材
です。

瞬発力を養って
しかも
相手に伝わる英語
いつでも
口から出てくるように
トレーニングすることに
特化された英語教材

と言ってもいいでしょう。

はっきり言って、
僕はこの教材の
この点

とても気に入っています。
 
まだ、途中に
日本語による思考」が
入ってしまうことが
頻繁にありますが、
ダイレクトに英語に
変換できたとき
は、
すごく気持ちがいい
んです。


確かに、
(他の日本語排除の
 教材のように)
だったら、
最初に提示される
日本語もなしで、
という考えも
あると思います。
そのほうが、
よりダイレクトに
英語が口から出る
という意見も
出てくるでしょう。

僕の見方はというと、
 「そういう方法や
 考え方も
 あるだろうが、
 僕のように、
 こういう方法が
 合っている人間
 には、
  日本語で
 意味を提供される
 この教材の方式
  のほうが、
 より早く
 スピーキングが
 身に付くはずだ」

という
立場をとっています。

このあたりの判断は、
たぶん個人差がある
と思います。
だからこそ、
<自分に合う、
  合わない>の
判定のため
公式Webサイト
「無料お試し版」

を必ず
試してみたほうがいい
と断言しておきます。

もし僕のように
すごく気に入って、
気持ちよく
学習が進められそうだと
思ってから、
本編を購入すれば
いいでしょう。


さて、
ここでいよいよ
僕の評価なんですが、
はっきり言うと、
自分の中では
満点に近いんです。

学習者の
モチベーションを
切らさないために、
進捗レベルが表示
されたり

級の認定書が
与えられたり
と、
講座を
受けている者が
人間であることを
しっかりと
認識しているシステム

になっている点も、
とてもいいですからね。

ところが、
(先程触れたように)
僕の友人の中には、
この教材のことを
話すと、
「最初に日本語が
 出てくるところが
 甘い」
「リスニングの練習に
 なるかどうかが
 わからない」
などと
言う者がいるんです。

ということは、
(何度も繰り返して
 しまいますが)
やはり、
合う合わないが
あるはず

ですね。
といっても、
その友人とさらに話を
続けると、
かなり
気に入っている部分も
多いことが
わかりました。
点を付けると8点だ
なんて
言ってましたよ。

そういうことも
全部加味して、
僕の評価点を
出します。
 決して、
(10+8)÷2という
計算式で出したもので
ないことは、
はっきりと
お断りしておきますね。 

  


<Takuの評価点: 9.0 >







YouCanSpeak 〓 4A



YouCanSpeak
 〓 4A
 <by―Naomi>



教材内容   インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak








こんにちは。
4人目のNaomiです。
今回もよろしく。

私のレビューは、

YouCanSpeak
学習方法

その成果
できるだけ
わかりやすく説明
していくつもりです。



<Naomiのレビュー>



最初に、
カードの構成から
説明します。

YouCanSpeak
では、
2,496カード
があり、
それは次のように
構成されています。

最小単位
4枚のカードです。
Ryoが評価のところで
紹介していた
 「基本
 「変化
 「代入
 「合成
 という各段階の
カードですね。


1回の学習量は、
その最小単位
(4)×6の24カード
になります。
この1回の学習量
と呼んでいます。

さて、学習のレベル
1から4まであって、
レベル1は、
S(24)×26
624
カードとなり、
レベル2
レベル3

レベル4
同じように
624
カードですから、
合計
2,496
のカード
となるわけです。


次は
秒数設定
瞬間的反応の練習
について
説明していきます。

日本語による
意味の提供


英語で表現
というのが、
この学習方法の
最も重要な点
ですが、
ここで単なる
翻訳作業
ならないために、
秒数設定
重要なんです。

仮に、時間が
たっぷりあると、
意味 → 英語
ではなく、
日本語の単語 →
英語単語への置き換え

語順の吟味
になり、
意味不在の作業に
なるので、
これでは
スピーキングの
練習には
なりません。

YouCanSpeak
には、
 7秒
 5秒
 3秒
 1秒の4種類の
秒数設定
があります。
これはAyaなどが
これまでも
説明してきましたね。
そこで、
なぜこれらの秒数が
設定されているのか

ということに
ついてですが、
この秒数は、
日本語で意味が提供
されてから、
それを
英語で言い始める
までの
反応時間
意味するんです。

さらに付け加えると、
この時間には
意味を捕らえるための
秒数
と、
英語を言い終えるための
秒数

が加算されるので、
合計秒数は、
カードにより異なる
ことも
覚えておいてください。

ちなみに、
1秒で反応する人は、
同時通訳者レベル
ということです。


次に
反復練習
についての
説明です。

S(24枚カード)
各カードを
指定秒数内で言う
練習
をするのが、
YouCanSpeak
最も特徴的な
学習方法
ですが、
もちろん、
言えなかったり、
言い間違ったり、
時間切れになったり
することも、
最初は多くある
と思います。

ところがこんな場合、
カードは、
何度でも
再登場する仕組み

になっているので、
苦手なカードほど
多くの時間を費やす

ことになるんです。
だから、
できなくて
練習を繰り返している
うちに、
かえって
全カードを
スラスラ言える
ようになったり
するわけです。


つづいて
クリアーについて
説明します。

YouCanSpeak
では、
Sの24枚カード
中で、
80%
すなわち20枚
指定秒数内に
正しく言えれば、
パスできるように
なっています。
パスすると
学習成果表
赤色
になります。

ところが、あなたが
より完璧を求めて、
100%クリアー
するまで
挑戦することも
できるんです。
100%クリアー
だと、
学習成果表
グリーン
になります。


次に
習得状況の確認
ついてです。

S(24枚カード)
やっている時に、
同じ画面上で
リアルタイムに、
習得具合
自分の目で
確認することが
できるんです。

言えたカード
言えなかったカード
まだやっていないカード

がグラフで
わかるように
なっているから
とても
わかりやすいですね。

それだけでなく、
いまあなたが
挑戦しているカード
レベル
番号
設定秒数
Warm Up
をしているのか
Challenge
をやっているのかも、
本当に
ひと目でわかるんです。


さて、つづいて
学習成果表
ついてです。

それぞれの
Sの学習成果
は、
学習成果表
いつでも確認できる
ことになっています。

グレー
まだ挑戦していない

赤は80%クリアー
グリーンは
100% クリアー

色で学習成果が
一目でわかる
ように
なっています。
赤枠グリーン
変えるための
チャレンジも、
ワンクリックで簡単に
できてしまいます。


最後に、
級認定書

修了証書についてです。

YouCanSpeak
スピーキング力を
付けた人達
には、
YouCanSpeak
級の認定書

が発給されます。

そして、
Level 4

3秒 全てを
80%クリアー
した
時点で、
YouCanSpeak
終了証書

が発給されます。

もちろん、
この
修了証書
もらった後でも、
その上の3つの級に
チャレンジすることが
できますよ。

YouCanSpeak
級の認定書
について、
詳細を書くと
次のようになります。

Level 1
5秒全てを80%クリアー
 → YCS 5級
5秒全てを100%クリアー
 → YCS 5級 A
3秒全てを80%クリアー
 → YCS 4級
3秒全てを100%クリアー
 → YCS 4級 A
1秒全てを80%クリアー
 → YCS 4級 Super
1秒全てを100%クリアー
 → YCS 4級 Super A

Level 2
3秒全てを80%クリアー
 → YCS 3級
3秒全てを100%クリアー
 → YCS 3級 A
1秒全てを80%クリアー
 → YCS 3級 Super
1秒全てを100%クリアー
 → YCS 3級 Super A

Level 3
3秒全てを80%クリアー
 → YCS 2級
3秒全てを100%クリアー
 → YCS 2級 A
1秒全てを80%クリアー
 → YCS 2級 Super
1秒全てを100%クリアー
 → YCS 2級 Super A

 Level 4
3秒全てを80%クリアー
 → YCS 1級
 + YCS修了証書
3秒全てを100%クリアー
 → YCS 1級 A
1秒全てを80%クリアー
 → YCS 1級 Super
1秒全てを100%クリアー
 → YCS 1級 Super A


ということで、
あとはおまけのような話
なんですが、
個人データ認定級
ついてです。

YouCanSpeak
では
学習の記録を
保存しているので、
いままでの
学習記録
学習時間
 学習日数

 努力ポイント等)を
いつでも
確認することが
できるんです。

また、学習において
取得した認定級は、
PDF形式でいつでも
ダウンロード
することができます。

 
ということで、
説明が
随分長くなって
しまいましたが、
本当に
お疲れさまでした。
きちんと理解して
いただけたでしょうか?

さて、次回は
私の評価
ということに
なります。
できるだけ冷静に
点数をつける
つもりですが、
いろんな思いが
頭の中を駆け巡って、
かなり難しいことに
なっているようです。




 
※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ










YouCanSpeak 〓 4B


YouCanSpeak
 〓 4B
010104woman45-trans.png <by―Naomi>



教材内容   インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak




Naomiの評価>



最初に
自分のことを
書きますが、
私の場合、
ずっと前から、
英会話を学ぶこと
自体に自分が
向いていない

そう思ってきました。

というのも、
以前の私は、
全くの見かけ倒しの
人間で、
人前に出ると、
ひどくあがって
しまったのです。

だから、
英会話教室の
ようなところに
通っても、
まるっきり効果が
上がらなかったし、
だんだん
教室に行くのが
嫌になって、
いつの場合も
途中で投げ出して
いたからです。

ところが、
そういう状況でも、
私の、
英会話が
できるようになりたい

という気持ちは
不思議に
変わりませんでした。

だから、
あることがきっかけで、
この
YouCanSpeak
出会ったとき、
これこそ
 私が求めていた
 英会話学習法だ

と咄嗟に思って、
すぐに飛びついて
しまいました。

もちろん、
このプログラムで
なくても
CD等を使って、
人前でなく、
自宅で学習できる
英会話教材が
数多くあることは
当時も
知っていました。
そのうちの
いくつかは、
それまでに
試していたんです。

それにもかかわらず、
この教材が、
私の興味を大いに
誘ったのは、
パソコンを使って、
WEB上で、
すべてができる

ということでした。
なぜなら、私は、
パソコンが、
インターネットが
大好きだったんです。

暇な時間があったら、
一日中でも
ネット三昧でした。
ええ、
ネットにどっぷりと
浸かった生活を
送っていたんです。

そんなときに
YouCanSpeak 
の存在を
知りました。

かなり衝撃的でした。
それまでの
ネット生活の
延長的なところで、
英会話の学習が
できてしまう

と考えて、
すごく興奮したことを
良く覚えています。
 
そして、
ネットを通しての
学習が始まりました。
ほとんどゲーム感覚で
英会話のレッスンを
していくうちに、
だんだんと級が
上がっていきます。
そして、
気が付くと、
いつの間にか
結構多くのスキルが
身に付いていました。
まさに、
私のための教材だ

心の底から
思いましたね。


以上、私自身の
数年前の
つたない経験を
思い出すままに
綴ってみましたが、
もしあなたが、
私のように、

黙々と
パソコンを使って

モニターと
キーボードだけを
相手に

飽きずに時間を
過ごせるような人

なら、
本当に着実に
英会話の能力は
上がっていく
と思います。
そういう人には、
本当に
おすすめの教材です。

もちろん、
Web上の教材
というだけでなく、
このプログラムには、
飽きずにレッスンを
進められる工夫

学習過程の随所に
見受けられるし、
私のレビューの
ところで
説明したような、
やればやっただけ
励ましてくれる工夫

いろいろあるので、
続けられるのです。
 
引っ込み思案な
性格で、

覚えたてのフレーズも
人前では口から
なかなか出てこない。


その前に、
間違ったことを
言ってしまったり
すると、
恥をかくと思って、
はじめから
しゃべろうとしない。


昔の私が
そうだったように、 
そういう行動に
なってしまう
消極的人間
には、
この教材は
最適なのでは
ないでしょうか。

思い切って、
レッスンを始めれば、
級が徐々に上がって
いくにしたがって、
自分に自信が
ついていきます。

そうなってくると、
不思議なことに、
人前でも
しゃべれるように
なる
んです。

私の知っている人に、
口べたで人前では
ろくに
ものも言えないのに、
英会話にだけは
すごく自信を持った
人がいます。
英語だと、
大勢の前でも平気で
喋るんです。
 
すごく不思議な
感じなんですが、
大げさに言うと、
英会話の
学習をすることで

自分の人生を、
生き方を
変えてしまうほどの
効果

のあった人も
いるわけですね。

 
ところが、その反面、
パソコンやWEBに、
あまり
なじみがなかったり、
じっくりと取り組む
時間がない人には、
はっきり言って
不向だと
思っています。

もちろん、
インターネットに
つながっていない
ところでは、
この教材は使えません。
よく通勤・通学の
時間帯に
電車の中で、
ヘッドホンを使って
英会話の学習を
している人を
見かけますが、
こういう
ながら族的な人には
向いていません。
少しでも時間を
有効に使って、
英会話を上達させたい。
そう思っている方には
おすすめできません。

この教材
YouCanSpeak は、
自宅等で
インターネットが
できる環境にあり、
そこで学習する時間を
つくり出せる人に
向いています。
毎日
2、30分の時間を
継続的に学習にあてる

そう決意して
実行できる人には、

最良の選択になると
思いますね。

おまけに言うと、
(私もそうなんですが)
理屈っぽい人には
好まれる教材
だと
思います。

なぜこう学習すれば
効果が上がるのか?
そういうことに
興味が向く人には、
この教材は
すごく合っていますね。

それは
公式Webサイトにある
「無料お試し版」
少しでも始めれば
すぐに
わかってもらえる
と思います。
きっと、
論理的な構成が
気に入るはずです。

ということで、
良いところも、
そうでないところも
指摘してきましたが、
いよいよ
私の評価点
出すときがきました。

もちろん、
私の中では
とてもいい教材
なんですが、
どこでもできない、
あいた時間に
簡単にはできない、
という
「eラーニング」
そのものの欠点は
この教材も
克服できていないので、
その分が
マイナス2と
なってしまいます。
心を鬼にして、
シビアに評価しました。

あらかじめ、
そういう教材で
あることを
知りながら、
その部分に
減点を与えてしまうのは
卑怯かもしれませんが、
私がこの教材を
気に入って
すすめた友人の中には、
それが理由で
興味を
持ってくれなかった者も
いたからです。

まあ、毎日
あえて時間をつくりだす

ということが
結構難しいですからね。

逆に、
それができる人向けに
限った評価だったら、
たぶん
誰よりも一番良い点
出したかもしれません。
そういう人が、
私の評価点だけ見て、
興味をなくさない
ことだけを
願っています。



Naomiの評価点: 8.0>





 
※早く講座の中身を
全部知りたい人は、
こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ