トークるズ 1

     トークるズ(1)  <by―Ryo>



   教材内容       CD教材+テキスト

   □価   格       6,321円(送料・税込)×10回 
                         or
                59,800(送料・税込)(一括払い)
                         

   □購          
アキュワーズ株式会社





 
このブログで取り上げる教材も5つ目になりました。
 今回の教材は、
トークるズ」です。

 いつものように、最初の評価者として登場した
Ryoです。
 これまで同様、よろしくお願いします。

 
 それでは、僕の担当である、
 教材の基本的なことがらから説明を行っていきます。

 皆さん、この
トークるズをご存じでしたか?
 これまで、このブログで検証した他の教材と較べると、
 それほど頻繁に広告などを目にしないのではないでしょうか?

 もちろん、僕たちもあまり認識はありませんでした。
 それでも、今回この教材を取り上げることになったのは、
 「他の教材では、どうしても英語を話せるようにならない
 「もっと、しゃべる練習がしたい
 という要望が多かったからなんです。

 そこで、この教材の登場です。
 他の教材と、一番違う点を上げると、
 「スピーキングに最も焦点を当てている教材
 ということになると思います。

 ですから、これまで他の教材やスクールなどで、
 それなりに英会話の学習に励んできて、
 英語を聴くことはかなりできるようになったのに、
 どうしても、「しゃべるほうがうまくいかない」という方のために、
 特にオススメする「スピーキング力の強化を目指すプログラム」です。

 という理由から、この教材の対象は、あくまで
 「初心者・初級者」になると思います。
 「中級者」以上の方でも、スピーキング力がいまひとつの方や、
 話す力のブラッシュアップには適した教材と言えるでしょう。


 さて、この教材ですが、
 形式は最もポピュラーな
「CD+書籍」のセットになっています。
 CDの数は、レッスン用が13枚、特典CDが3枚です。

 中身は、ストーリー仕立てになっていて、
 それぞれのシーンはそれなりにリアルで、臨場感も溢れています。

 友人同士の会話からビジネスの会話までシーンとして出てきますが、
 あくまでも
「初心者・初級者」用に作られているようで、
 あまり難しい単語・フレーズ・表現は出てきません。
 また、会話のスピードもそれほど速くはないという印象です。

 そういった点で、上級者には物足りないところがあると思いますが、
 その分、ストーリーがかなり面白くできているので、
 
「初心者・初級者」が「楽しみながら学べる」という利点はあります。

 むろん、「全24のレッスン」の学習を終了したときには、
 「ナチュラルなアメリカンイングリッシュ」が自然と身についているはずです。
 
 この教材のポイントは、やはり「シャドーイング」だと思います。つまり、
 「英語を聞くそばから後を追いかけて声を出し、同じように真似して発音」
 する「シャドーイング」を繰り返し行うことで、
 「話す力」をグングン養ってくれるのです。

 そして、最大の特長が、「5年間の個別サポート」です。
 これが購入価格の中に含まれています。
 このサポートを上手に使えるような人なら、
 この教材の費用は「安い」と言えます。
 英会話能力は飛躍的に上がっていくことでしょう。

 そういうプログラムの持つ「効果」に自信があるのか、
 この教材は、「成果保障返金システム」という制度を導入しています。
 つまり、「これでは英語が話せるようにならない」と思ったら、
 返品すれば、購入金額を返してくれるシステムです。
 ですから、安心して申し込むことができるのです。


 といったところで、僕からの基本的な概要のレビューは終了します。
 これから評価をしなければなりませんが、
 どういう立場に立つかで全然点数が違ってしまう気がします。

 

 

     ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
                 こちらからどうぞ
トークるズ

 





<Ryoの評価>

 「英語を話せるようになるには、話すトレーニングをしなければいけない」

 この、言われてみれば当たり前のようなことを実践するための
 プログラムです。

 教材のメソッドに沿って、毎日30分程度学習をしていけば、
 他の教材よりも、「英語がしゃべれるようになる」効果は高いと思います。

 この教材も、上達の決め手は、ひたすら繰り返すことでしょう。
 30分といわず、できるだけ繰り返して学習すれば、
 自ずと、結果は着いてくると確信して続けることが大事です。

 
 この教材の特長の一つが、
 他の教材をいくらやっても、英語を話せるようにはならなかったような人を
 救うプログラムであることです。

 確かに、内容は、初心者でも入りやすいように、やさしい語彙を使い、
 しゃべるスピードも幾分遅めになっているようです。
 だから、他の教材で挫折した人にも取っつきやすいことは確かです。
 そして、しっかりとメソッドに沿って学習すれば、
 求める、日常生活の会話はできるようになるでしょう。

 ただ、それがゆえに、
 ある程度英語を勉強した、
 中級者よりも上の人には向かないことも確かです。

 この場合、英語の語彙や知識は豊富だが、話す力が弱い、
 と自覚している人だけが、この教材と取り組んでください。
 もしかしたら、思いがけない効果が生じるかもしれません。

 さて、もうひとつの特長である「個別サポート」についてですが、
 製作者は、
 「このサポートなしには、話せるようにならない
 と言い切っています。

 僕の使用した感覚では、そこまで言わなくとも……
 というのが、正直なところです。

 実際に、僕の性格では、
 こういうサポートのやり取りがかなり苦手で、
 たとえば、パソコンがトラブっても、サポートには連絡せず、
 これまでも、四苦八苦しながら、すべて自分で解決しています。

 そこで、だからこそ、なんですが、
 このサポートを、本当の意味で、うまく使いこなせるような人なら、
 このプログラムは、絶対に買いです。
 5年間も付き合ってくれるシステムは、他にないでしょう。
 
 結論として、いろんな意味で、
 このプログラムに「合う人」「合わない人」があると思います。
 自分が「合う人」と思われた方は、
 ゼヒ挑戦してみてください。
 評価は、それらを考慮して、できるだけ客観的につけました。

 

<Ryoの評価点: 8.5 >















スポンサーサイト



トークるズ 2

     トークるズ(2)  <by―Aya>



   教材内容      CD教材+テキスト

   □価   格       6,321円(送料・税込)×10回 
                        or
                59,800(送料・税込)(一括払い)
                         

   □購          
アキュワーズ株式会社







 
このブログで取り上げる教材も5つ目になりました。
 皆さん、こんにちは。
 2人目の評価者のAyaです。
 今回も、よろしくお願いします。


 「トークるズは、英語が話せるようになるプログラムです。

 中学校や高校の授業で、英語は一応学習してきたけれども、
 いざ口に出そうとすると、どうしてもしゃべれないという方に
 最適なプログラムだと思います。

 だから、はっきり言っておきますが、
 この「トークるズ」は、
 英語を自信を持って話せる人に適した教材ではありません。

 そのかわりに、
 学校で英語をそれなりにしっかり勉強してきたけれど、
 いまもって、うまく英語がしゃべれない、という方には
 本当にピッタリの教材だと思いますので、
 ぜひ、このプログラムを試してもらいたいものです。

 英語が話せないのなら、適切な教材を使い、
 適切な方法で学習する必要があるのです。

 あらためて言いますが、
 ただ英語を読んでいるだけ、ただ英語を聞いているだけでは、
 永遠に話せるようにはならないと思います。

 それは、あれだけ学習時間を費やした、
 学校での英語の授業を思い出してください。
 いくら長い時間受けていても、
 決して、英語が話せるようにはならなかったはずですよね。

 中学校・高校を通して、あれほど懸命に勉強したのに、
 英語が話せるようにはならなかったということが
 すべてを証明しています。

 つまり、学校で行っているような英語の学習は、
 会話のための練習ではなかったのです。

 楽器の演奏がうまくなるためには、
 まずその楽器を演奏することです。
 そして、うまくできるようになるまで、演奏の練習を続けます。
 繰り返しの練習なしには、決してうまくなれませんよね。

 スポーツの練習も同じことです。
 実際にやってみなければ、うまくなりません。
 厳しい練習をしてこそ、いい選手になれるのです。

 英会話だって、同じことなんです。
 まず、英語を話してみることが必要なんです。
 そして、うまく話せるようになるまで繰り返し練習することが
 とても重要なんです。

 英語だって、決して楽をして身につくものではないのです。

 
そして、もうひとつ重要なのが教材の選択です。

 今回の教材
トークるズは、基本的に、
 1日30分の学習を、6カ月間続けることで、
 自信を持って英語が話せるようになるプログラムです。
 他の教材よりも「話す」というトレーニングをメインとした
 英会話学習のプログラムなんです。

 たぶん、CDとテキストを使うのなら、他の教材と変わらない、
 と疑問を口にされる方もいらっしゃると思いますが、
 この教材には、個別のメールサポートがあります。
 これにより、他の教材にはない効果を得ることができるんです。

 とにかく、
 いろいろ教材を使って学習してきたけれども、
 いまもってスピーキングがうまくできない。
 そういう方が、取り組めば、
 絶対に効果が上がるプログラムだと思います。

 
 それでは、続いて「私の評価」にいきます。
 やはり、「話す」に重点を置いた評価になるはずです。



     ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
                 こちらからどうぞ
トークるズ

 



<Ayaの評価>

 
 私のこれまでの英会話学習の経験から、
 「英語を話す能力は、英語を話した回数が多いほど伸びる
 と言えると思います。

 別に、学校でも、職場でも、どこでもいいんですが、
 たくさん「英語をしゃべった場面」を持っていることが、
 英会話能力を向上させる結果につながっていると思います。

 逆に、たくさんの時間、英語を勉強してきても
 TOEICなどのテストは、
 それなりに高得点が取れるかもしれません。

 ところが、
 「実際に英語で話す場面」に遭遇した場合、
 あまり良い結果が生まれることはない、
 というのが現状ではないでしょうか。

 そうなんです。
 懸命に英語を勉強して、テストで良い点を取っても、
 決して「英語がしゃべれる」には結びつかないのです。

 <高得点=英語を話すことができるようになる>
 とはならないのです。

 だからこそ、「英語を話すことに特化した教材」
 の必要性がある訳ですね。

 ところが、この種の教材は、あるようで、
 なかなかないのです。

 そうだろうと思って、実際に別の教材を使ってみても、
 特化されていることは本当にまれなのです。

 そこで、このプログラムです。
 「
トークるズ」は、教材の構成そのものが
 英語を話すという点に焦点を絞った英語教材なのです。

 特に、私のような初心者を自認する者にとって、
 「英語を話す」練習には、まさにピッタリの教材です。

 毎日30分の学習を続ければ、
 必ず効果が現れると信じて頑張っても、
 決して後悔しない教材だと思いますよ。

 「話す」ということに、真に挑戦したい方には、
 絶対にオススメの教材です。

 さて、私の評価点ですが、
 受講者を初心者や初級者に限定すれば、
 もっと高い点を付けてもいいと思いますが、
 もう少し広い範囲の英語学習者を想定して
 この点に決めました。

 

 
 


<Ayaの評価点: 8.5 >
















トークるズ 3

     トークるズ(3)  <by―Taku>



   教材内容       CD教材+テキスト

   □価   格       6,321円(送料・税込)×10回 
                         or
                 59,800(送料・税込)(一括払い)
                         

   □購          
アキュワーズ株式会社





 
こんにちは。
 新たに取り上げたの教材
トークるズ」でも、
 3人目の評価者として登場した
Takuです。
 今回も、よろしくお願いします。


 
 それでは、
トークるズの特長を説明していきます。

 僕の掲げる「特長」の1番目は、
 「この教材のストーリーがなかなか面白い
 ということです。

 スピーキングをトレーニングする教材を見ていくと、
 一般的には、
 「いくつかのフレーズをひたすら繰り返し練習する」
 というパターンが多いと思います。
 
 もちろん、一定のセンテンスを完全に記憶するまで
 何度も練習することは効果的なのですが、
 問題は、「飽きてしまう」ことなのです。
 はっきり言って、練習がつまらないのです。

 その点、このプログラムにはストーリーがあり、
 これがなかなか興味深いものがあります。
 僕などは、一時的に、学習を忘れて、
 完全に聴き入ってしまったことがありましたね。

 まあ、例の「English Adventure」ほどではないんですが、
 ほどほどに面白くて、
 学習者を飽きさせない工夫が随所に施されています。
 
 実際のストーリーは、洋菓子職人を目指す男性と
 香水メーカーで働く女性を主人公として
 どんどん話が進んでいきます。

 簡易な表現を多用し、スピードも速くないので、
 初級者でもかなり「聴き入る」ことができると思います。
 「聴き入る」ことができれば、
 飽きずに、繰り返しの練習もできるようになるはずです。


 さて、「特長」の2番目は、
 「難しい単語や文法が出てこない
 という点です。

 1番目の特長で、簡易な表現を多用と書きましたが、
 このプログラムには、
 「難しい単語」や「難しい文法」が
 ほとんど出てこないと思っていいでしょう。

 話す練習をするときには、話す練習に集中するほうが
 絶対にいいのです。
 ボキャブラリーの問題や、文法の知識が少ないことで
 練習が頻繁にストップしてしまっては困るのです。

 その点、この教材は中学生にもわかる程度の文章で、
 しっかりとストーリーは進んでいきます。
 おそらく、単語の問題や文法の問題でつまずき、
 途中でCDを止めるような場面はほとんどないでしょう。

 
 次に、「特長」の3番目です。
 僕の言う「特長」はこれで最後なんですが、
 「英語の言葉が自然に口から出る
 という、学習者にとって最も嬉しいポイントです。

 
トークるズのレッスンは、
 興味深いストーリーを、ひと通りネイティブの声で聴いたあと、
 続いて、「話すトレーニング」が始まります。

 ここでは、女性がナビゲーション役となって、
 学習する者がやるべきことをていねいに教えてくれます。
 その指示に従って、声を出して答えていくと、
 自然に、「話すトレーニング」ができてしまうのです。

 もちろん、レッスンの中でも、ここの部分の練習が一番重要で、
 難しいことは何も考えずに、女性の言葉を聴いて、
 何度も繰り返し応答していくうちに、
 しっかりと「会話の練習」ができているのです。
 

 ということで、この教材の「特長」を述べてきましたが、
 「簡易な表現を多用」と書いたことから想像されると思いますが、
 上級者(いまでもある程度英語が話せる人)には、
 少し物足りない教材であることをお断りしておきます。

 「特長」のところでも述べましたが、 
 会話の中で使われる単語やフレーズは、簡単なものが多いのです。
 少なくとも、上級者には向かない教材だと思います。

 それでも、中級者あるいは上級者といった人たちの中にも、
 スピーキングだけは苦手だという人もいられるはずです。
 そういった方々の、スピーキングのブラッシュアップに使うと
 思っているより役立つ教材なのかも、という考えは持っています。

 ともかく、この教材が一番適しているのは、
 「スピーキングの能力が低い人」なんです。
 こういう人には、非常に効果があるプログラムです。

 これまでの英語の知識があるとかないとかは、
 あまり考えなくてもいいと思います。
 知識ではなくて、「話す力をつける教材」なのです。
 これが、実践では一番重要な能力になるはずです。

 


 これで、僕からの説明は終わります。
 次に評価へいくわけですが、
 どのような受講者を想定するかで、
 評価点は分かれるような気がします。
 

 


     ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
                 こちらからどうぞ
トークるズ




<Takuの評価>

 
 最初に断っておきたいと思いますが、
 僕は、この教材を「良い教材」だと考えています。

 上の説明の中でも、上級者にとっては適さない
 ようなことを書いていますが、
 初心者・初級者には、絶対に「良い教材」と思っています。

 特に、「スピーキング初心者」だった場合には、
 このプログラムで、「確実に実力が身に付く」はずです。

 日常会話に必要となる「重要な表現」が
 いたるところに組み込まれていて、
 
初心者・初級者が、本当に効率よく学ぶことができる工夫が
 なされている教材だと言い切れます。

 それでも、
 あまりにも初心者向けすぎると感じる人もいるでしょう。
 確かに、初級者であっても、これまでに、ある程度の
 スピーキングの学習をしたことのある人にとって、
 もっと会話力を伸ばそうとして購入すると、
 その目的には適していない可能性があります。

 はっきりと極論を言ってしまえば、
 この教材は、
 「これから、スピーキングを学ぼうとする初心者」にのみ
 非常に有効な教材なのです。

 この目的に限って言えば、
 これ以上に効果的な教材を、僕は知りません。

 中学生の持つ英語力のレベルがあれば、
 この教材を使うことで、
 飛躍的に会話力が増すことは、間違いありません。

 もし、つまずきそうになったとしても、
 強力で継続的なサポートがあります。
 これをうまく利用していけば、
 誰でも、無理なく、会話力を伸ばすことができるのです。

 とにかく、そういう初心者にとっては、
 最初に述べたように、
 「本当にできの良い教材」なのです。
 あなたが初めて購入するスピーキング教材ということでしたら、
 自信を持ってオススメできるプログラムだと断言します。


 そこで、評価点です。
 今回は、思い切って、

 初心者・初級者に限定した点数をつけたいと思います。
 スピーキングにだけに範囲を縮めれば、
 もう少し良い点になるのですが……

 
 

<Takuの評価点: 9.0 >















トークるズ 4

     トークるズ(4) <by―Naomi>



   教材内容      CD教材+テキスト

   □価   格       6,321円(送料・税込)×10回 
                        or
                59,800(送料・税込)(一括払い)
                         

   □購          
アキュワーズ株式会社







 いつも4番目の評価者として登場する
 Naomiです。
 今回も、よろしく。



 「トークるズ・英語が話せるようになるプログラム」は、
 義務教育の中学校から、
 高校で普通に勉強した程度の
 「英語学習経験者」を対象とした
 「日常英会話が話せるようになる」ことを目的として
 製作された英語学習教材です。

 私はいま、テニススクールに通っていますが、
 このテニスが上手になるためには、
 実際にラケットを手に取り、
 テニスをしなければうまくなりません。

 「テニス上達の方法」という教本があっても、
 ただ、それを熟読しただけでは、
 決して、テニスが上達することはありませんよね。
 それを頭に入れて、
 繰り返し練習することによって、
 少しずつ上達していくのです。

 これは「英会話学習」にも当てはまります。
 ただ、漠然と、
 テキストを読んだり、CDを聴いたりしているだけでは、
 いつまで経っても上達せず、
 決して、スラスラしゃべれるようにはならないのです。
 
 これまでの経験から、
 英会話の学習には、
 ある程度集中できるまとまった時間が必要だと
 思っています。

 そこで、このプログラムなんですが、
 13枚のCDに入っている24のレッスンを、
 1日30分間の集中した時間の中で行い、 
 6カ月から12カ月くらいかけて
 学習するようになっています。

 レッスンの中身は、
 日常生活で頻繁に出てくる表現が中心です。
 ひたすらレッスンに真面目に取り組んでいけば、
 徐々に、英会話の表現力が高まっていき、
 「実際に話す能力」が身に付いていきます。

 この、「実際に話す能力に特化した教材」は、
 探してみると、案外少ないのです。
 そういう意味では、
 英語の勉強はそれなりにしてきたのに、
 いざ話そうとしたら、ちっとも話せない、
 というタイプの人には、
 「まさにピッタリの教材」ということになります。

 レッスンは、もちろんネイティブ・スピーカーによる
 ナチュラルなアメリカ英語で録音されています。
 といっても、本来のナチュラルより、
 気持ちゆっくり目の速度だと思いますので、
 初心者・初級者がついていけないことはなく、
 むしろ、安心して取り組めるという利点があります。

 その分、中・上級者には、ボキャブラリーの難易度を
 含めて、多少やさしすぎるという懸念もあるのですが、
 そういう人が、
 改めて、会話力をブラッシュアップしようという目的で
 購入されると、
 それはそれで、良い選択になるはずです。
 
 さて、集中する時間を1日30分と書きましたが、
 毎日のことですから、そういった時間も取れないことも
 きっとあると思います。

 この場合、大事な点は、
 その日はできないとあきらめ、気持ちを切り替えて、
 その代わりに、翌日きちんとやるということです。

 特に「話す練習」は、期間を開けてしまうと、
 なかなか元に戻れないのです。
 逆に、なんとかして、期間を開けずに継続して、
 ほぼ毎日のように頑張って学習をしていけば、
 その「練習の回数」分だけ
 「英会話能力」は伸びていきます。
 
トークるズは、そういう教材なのです。

 その「継続」を応援するため、
 このプログラムは、
 レッスン1からレッスン24までが、
 つながった一つのストーリーになっています。

 実際の話は、
 
洋菓子職人を目指す高橋裕吾と
 香水メーカーで働く大島真理の
 二人の主人公を中心に話が進んでいきます。


 この物語の中身が結構面白くできているので、
 「毎日継続」の力強い味方になってくれます。

 とにかく、物語好きの人なら、
 話の続きが知りたくなって、
 気が付いたら、3日分をやっていた、
 なんていう「嬉しい誤算」も頻繁にあるでしょう。

 私の周りにも、この誤算によって、
 かなり短期間に、ひと通りのレッスンを修了して、
 思ったよりずっと早く、
 英語が、
 それなりにしゃべれるようになった人がいます。

 楽しく英語を話すための教材」を
 探している人には、
 絶対に検討に値するプログラムだという
 アドバイスを最後に
 私の今回のレビューは終了とします。


 次は、私の評価です。
 今回も、悩みますね。



    ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
        こちらからどうぞ
トークるズ

 



Naomiの評価>

 
 今回の教材、
トークるズのプログラムの
 もうひとつの特長は、
 教材の学習に挫折してしまった人への
 手厚いサポートです。

 もちろん、挫折などしない人へも
 きちんとサポートがありますが、
 一人でレッスンを進めていくとき、
 壁に突き当たってしまうことがよくありますよね。

 そんなとき、この講座の強力な長期サポートが、
 本当にあなたの心強い見方になってくれるでしょう。

 それでもダメなら、成果保障もついています。
 このプログラムが、どんなに
 「話せるようになる教材」として、
 自信を持っているかが、よくわかりますね。

 こういう教材を購入し、
 一人で孤独に学習を続けた場合、
 いつも長続きしない人が多いと思います。

 いくら教材のCDを聞き続けても、
 「上達する実感」が全然湧いてこない。
 だから、たいてい途中で投げ出してしまう。

 それが、あなただったら、
 そういう人にこそ、この教材に取り組んで欲しい、
 と私は思っています。

 このプログラムは、
 本当に英語が話せるようになるまで、
 徹底的に付き合ってくれるプランだからです。

 コーチングという制度が取り入れられていて、
 受講者のモチベーションが下がらないように、
 納得いくまで指導をしてもらえるのです。

 だから、この制度をうまく利用すれば、
 「やる気がなくなって挫折してしまう」
 という、これまでのパターンから
 容易に抜け出せるのです。

 もちろん、ただの「学習上の疑問」に対しても
 ていねいに答えてもらえます。

 この長期の個別サポートは、
 教材費だけで、5年間も続きます。
 
 だからこそ、「挫折の経験」がある人には、
 ゼヒ検討して欲しい、
 オススメのプログラムなんです。

 
 そこで、私の評価点です。
 本当は、
 初心者限定なら、もう少し高い点です。
 挫折経験者限定なら、さらに高くなりますね。

 

 
 


Naomiの評価点: 8.0 >
















トークるズ 5

     トークるズ(5)   <by―Masa>



   教材内容       CD教材+テキスト

   □価   格       6,321円(送料・税込)×10回 
                         or
                59,800(送料・税込)(一括払い)
                         

   □購          
アキュワーズ株式会社




 こんにちは。5人目のMasaです。
 
トークるズのレビューは、なかなか難しいのですが、
 頑張りますので、よろしくお願いします。


 これまで僕たちも、いろんな英会話教材を紹介してきました。
 様々な教材をターゲットに、
 仲間6人が別々のレビューを記してきました。
 その中から、自分にあった教材を見つけて、
 今日も学習に励んでいる方がいらっしゃると思います。

 その反面、本当に残念なことですが、
 これまでいくつかの教材を購入し、
 計画的な学習を実践されたにもかかわらず、
 期待した効果を実感できなかった方もいらっしゃるはずです。

 今回紹介している
トークるズは、
 まさに、そういった人々へ向けて開発されたプログラムです。
 一度ならず挫折し、
 「もう、英会話教材では上達は無理だ!」
 そういう考えに到達してしまった人に、
 もう一度チャレンジをうながす力を持った教材なのです。

 なぜなら、このプログラムは、
 
外資系の会社に勤めていたた普通のビジネスマンが、
 英語の高い壁に行く手をふさがれたしまったため、
 数多くの英会話教材の利用やスクール通い
 などを繰り返して、費用をかけ、苦労を重ねても、
 英語を話せるようにならなかったのですが、
 あることに気付いてから、
 短期間で英語がしゃべれるようになった事実に
 製作のきっかけがあるからです。
 
 そこで彼が考えたことは、
 「しゃべるトレーニングができる英語教材がない」
 ということでした。

 だったら、自ら作ってしまおうと、彼は一念発起し、
 いろんな英語のプロの方々と協力しあって製作した、
 英語の壁と戦うための実践的な英会話教材が、
 この
トークるズというプログラムなのです。

 彼が英語をしゃべれるようになったのは、
 
英会話の得意な同僚のからのヒントでした。
 それに気付いてから、本当に短期間で、
 苦手だった英会話をものにしてしまったのです。

 答えは、簡単なことでした。
 英語の得意な同僚は、
 たくさんの英語をしゃべっていたのです。

 実にシンプルな発見ですが、
 ただ英語を聞くだけでなく、
 たくさん話す機会を同僚は持っていたのです。

 だからこの教材は、学習する者に、
 たくさんの「しゃべる機会」を与えてくれます。

 
本当に英会話が苦手で、
 これまでいくつもの教材に挑戦したことがあっても、
 ほとんど、しゃべれるという段階まではいかなかった方に、
 今度こそ、効果を実感してもらおうと開発されたのが、
 この英会話教材なのです。


 実際、この教材を使って学習した人は、
 わりと短期間で、その効果が実感できると思います。
 ストーリーを追いながらシンプルに、
 「聞くこと」と「話すこと」を繰り返すことにより、
 思った以上に、
 英語を話す自信と実力が身に付いてくるはずです。

 もう一度書きますが、
 このプログラムは、
 「
しゃべるトレーニングができる英語教材
 なのです。

 多少でも、英会話のできる人には、
 かなりやさしく感じるかもしれませんが、
 もう、あとのない人に、しゃべれる実感を
 必ず与えてくれる教材なのです。

 この教材をしばらく学習したあとで、
 街なかに行き、急に外人から英語で話しかけられたとき、
 その効果が突然わかる。
 そんな教材だと思ってください。

 確かに、最強の教材ではないかもしれませんが、
 英会話の学習で長年悩んできた人にとって、
 「救いの神」に見えるかもしれない、
 最後の英会話教材といってもいいと思います。 

 

 今回の僕の説明は、いつもと違い、
 なぜ、この教材をオススメするかについて、
 できるだけシンプルに書いてみました。
 学習内容については、
 評価のところで触れていこうと思います。
 

 


    ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
         こちらからどうぞ
トークるズ




Masaの評価>

 
 この教材を使うときの「学習方法」はどうするべきか?
 評価することを踏まえながら、
 まず、そこを考えてみましょう。

 一番良い方法は、
 とにかく最初に、「普通にひと通り学習していく」
 ことだと思います。

 つまり、このプログラムの目論見通りに、
 レッスン1から順番に進めることです。

 ストーリーが相当良くできているので、
 この「順番にひと通り」が、学習しやすい教材であることは、
 僕が評価する点の一つです。

 さて、一応、ひと通りのレッスンが終了したら、
 今度は繰り返しに入ります。

 この繰り返しが重要です。
 出てくるシーンの「会話の表現」を覚えてしまうほど
 繰り返すことが、成功の鍵になるはずです。

 この繰り返しは、レッスン1から順番に行うことは
 必要ないでしょう。
 飽きないように、好きなところから、
 どんどん表現を頭の中に染み込ませてください。

 この場合、
 語彙の解説などは気にしないで、
 あくまで、会話だけを「聞き」、そして「話す」のです。

 これまでの教材でも、「シャドーイング」の重要性が
 何度も出てきたと思いますが、
 この教材でも、「シャドーイング」は非常に有効です。
 そして、「シャドーイング」が比較的やりやすいことも
 僕はかなり評価しています。

 会話を暗記してしまうほど、
 「あとについてしゃべる」ことを繰り返していけば、
 相当の会話力が身に付くはずです。

 仮に、レッスン24まで全部暗記した状況になれば、
 もう、会話をしなくてはならないどんな場面でも、
 自信を持って、しゃべることができるはずです。

 この教材は、
 元々会話文がやさしい言葉でできているので、
 この「全部暗記」が不可能ではないのです。
 これも大きなポイントですね。

 どうしても、英語をしゃべらなくてはならない人は、
 この教材を、この方法で頑張ってみてください。

 きっと、大きな成果を感じることができるでしょう。



 さて、ここで、僕の評価点です。
 これまでと多少視点が異なりますが、

 英会話学習に何度も挫折した人を救う教材、
 という、僕が一番注目した機能も評価して
 それなりの点数を出します。
 
 

Masaの評価点: 9.0 >















トークるズ 6

     トークるズ(6)  <by―Mika>



   教材内容      CD教材+テキスト

   □価   格       6,321円(送料・税込)×10回 
                        or
                59,800(送料・税込)(一括払い)
                         

   □購          
アキュワーズ株式会社







 こんにちは。最終評価者のMikaです。
 今回も、よろしくお願いします。



 これまで紹介してきた英会話教材とは、
 少しだけ趣の変わった
 「
トークるズ
・英語が話せるようになるプログラム」ですが、
 確かに、他の教材への批判から製作されたような
 経緯もあるようですね。

 たとえば、「スピードラーニング」のように、
 「
聞き流しているだけで話せるようになる」なんていう
 キャッチコピーのフレーズと
 真っ向から対決しているような教材です。

 私たちは、これまでのレビューで詳解してきたように、
 そういった、「安易に見えるプログラム」を
 頭から否定していません。
 むしろ、「学習の方法」や「意識の持っていき方」によっては、
 とても有意義な教材になるとの見解も示してきました。

 詳しくは、それぞれのプログラムのレビューを
 ご覧になっていただきたいのですが、
 「学習の仕方」で、英会話を高度にマスターした者も
 いることは事実なのです。

 そこで、このプログラムです。
 安易な売り文句の教材などを使って、
 「あなたは本当に英語が身に付くと思っているのですか?」
 と問いかけてきます。

 確かに、現実的な問題として、そういったプログラムでは、
 「英語がきちんと話せるようにならない」人も多いでしょう。
 途中で、投げ出した人も数多くいらっしゃると思います。

 では、何が問題なのでしょう。
 
 一つは、先ほど掲げた、「学習方法」です。
 そして、二つ目が、「継続」だと思います。
 さらに重要な点として、三つ目は、
 そのあとに来る、次の「行動」なのです。

 その「行動」とは、「話すトレーニング」です。
 このトレーニングが十分にできていれば、
 それなりに英語を学習してきた者は
 英語がしゃべれる人になっていけるのです。

 この
トークるズという英会話教材は、
 この三つ目を、特に強調したプログラムです。

 英語を話せるようになるために、
 絶対に必要不可欠なものは、
 「英語を話すトレーニングである」と
 終始一貫して主張しています。

 そして私も、これが正しい主張である、と思っています。
 いくら英語を勉強しても、「しゃべる練習」をしなければ、
 英語を話せるようにはならないからです。

 これまで、
 いくつかの教材等で真面目に学習されてきた方で、
 英語の頭はそれなりにできたと思っているのに、
 いざ、英語をしゃべる機会に恵まれたとき、
 なぜか英語が口から出てこない、
 そんな経験をお持ちの方がいらっしゃると思います。

 そういう方たちのために作られたような教材が、
 この
トークるズだと思ってください。
 誤解を恐れずに言えば、
 ある意味、他の教材の補完的役割を持つ教材です。

 徹底的に、「話すトレーニング」をしてくれます。
 「実際に話す練習」を覚えるまで繰り返します。
 ここまでやれば、
 「英語が自然に口から出る」ところまで
 「英語を話す力ができる」まで、しごかれます。
  
 といっても、ここでも、
 継続や努力はもちろん欠かせません。
 このプログラムが他の教材と違っているのは、
 そこへの強力なサポートなのです。

 「続けるためのコーチ」がいるのです。
 これまで、途中で挫折してしまった方は、
 「継続するように励まし」
 「モチベーションを持続するように導いてくれる」
 コーチ的な人物の指導がなかったからだと思ってください。

 良いコーチに巡り会っていれば、
 もっと早く、
 自信を持った英語を話しているかもしれなかったのです。

 もう一度繰り返しますが、
 きちんと英語を身につけるためには、「継続が必要」です。
 しかし、その「継続」のためには
 「優秀なコーチ」が必要なのです。

 コーチの指導で、「英語を話すことを継続するスタイル」を
 完全に作ってしまえば、
 あとは自然に、英語をしゃべることが身に付いてしまいます。

 
 今回は、少し回りくどく書きましたが、
 このプログラムの「存在意義」や「主張するところ」を
 理解していただけたでしょうか。

 改めて言うまでもないことですが、
 
「英語を話す力」をつけたい方に、オススメの教材です。
 初心者はもちろん、一度ならず挫折感を味わった方に、 
 「英語を話すことの楽しさ」を身を持って感じてもらえる
 数少ない「英会話教材」の一つなのです。



 さて、次は評価ですが、
 特異なところがある教材なので、
 そこをどの程度の点にするか
 ちょっと迷っています。



    ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
        こちらからどうぞ
トークるズ

 



Mikaの評価>

 
 私の観点からは、教材として少し変わって見える
 この
トークるズのプログラムですが、
 大きく評価できる点は、
 「英語を話すことに重点をおいたプログラム
 であることです。

 そう主張すると、
 たいていの英会話教材は、
 英語が話せるようになることに目的をおいている、
 と思われるかもしれません。

 そこで、改めて考えてみましょう。
 学校で、英語が得意科目で、
 いつもテストの点がかなり良かった人が、
 英語をスラスラしゃべることができたでしょうか?

 自分に合った英会話教材に巡り会えて上達し、
 ハリウッド映画など字幕なしでわかる人が、
 外国人と対面したとき、
 口から英語の言葉がどんどん出て来たでしょうか?

 「よく使われる表現」などをしっかりと学習し、
 こんなシーンでは、
 こういうふうなフレーズを使えばいい、
 と頭の中に確実に記憶しているはずなのに、
 実際には、口から言葉が出てこない、
 そういう人もいられるのではないでしょうか?

 もちろん、「スラスラ、どんどん」の人もいられるでしょう。

 でも、英語が相当上達したつもりなのに、
 イザとなると「英語が話せない」人も多いのです。

 
トークるズは、その原因を
 英語をしゃべる練習ができていないからだと、
 はっきりと断言しています。

 だからこそ、
 「スピーキングに特化した教材」を使って
 「話すトレーニング」をしなければ、
 英語を話せるようにはならない、
 と力説しています。

 確かに、私の経験からも、
 「話すトレーニング」は絶対に必要だと思っています。

 私の場合、同世代の、
 英語を母国語とする人たちの中に入っていき、
 英語での会話を実践する機会に恵まれていたので、
 それが直接、「話すトレーニング」になりました。
 
 (実際は、そういう場に入り込みたいため、
  英会話を必死で会得しようと頑張ったのですが……
 
 自分の周りを見ても、
 ネイティブと普通に意思の疎通ができる程度まで、
 英語の会話ができるようになった者は、
 方法や場は違っていても、
 必ず、ある時点で、
 「話すトレーニングの場所」を持っていたという
 経歴があります。

 そういった経験を踏まえて、
 「話す練習」の重要性はすごくわかるのです。

 ですから、この教材の、
 「英語を話す練習の場を与えてくれるプログラム」は
 ある面、非常に貴重な存在であるとも思っています。

 「英語をなんとかして話せるようになりたい」
 と願っていても、
 未だにしゃべれるようになっていない方には、
 一度チャレンジして欲しいプログラムです。

 必ず、スピーキング力がアップすると思います。

 
 そういったところで、私の評価点です。
 「話すことに特化した教材」
 「他の教材の補完的教材」
 という私の見方を、どう評価するかですね。
 
 
 


Mikaの評価点: 8.0 >
















トークるズ 7


   
トークるズ(7)  <discussion meeting 1>



   教材内容       CD教材+テキスト

   □価   格       6,321円(送料・税込)×10回 
                         or
                59,800(送料・税込)(一括払い)
                         

   □購          
アキュワーズ株式会社





Ryo:  では、話し合いを始めます。
     今回取り上げた教材
トークるズについて、
     総括を行っていきたいと思いますので、
     いつものように積極的に発言していって欲しい。

Masa:  今度の教材は、なんか悩みながら評価点を付けていた者が
     多かった印象があるね。
     ちょっと特異なプログラムだから、難しかったと思う。

Naomi:  私も悩んだわね。
      いままでも、受講者個人に、合うか合わないかで、
      評価の考え方が違っていたけれども、
      今回の教材は、一段と成果の個人差が出るはずだもの。

Ryo:  そういうこともあってか、このプログラムは男女で評価点の
     差が出たな。男性は高く、女性は低めの傾向だった。

Taku: それでは、 評価点をまとめてみよう。
       8.5+8.5+9.0+8.0+9.0+8.0で、平均が8.5となる。
      これまでの教材と比較して、多少は低くなっているけど、
      この点数は、決して評価が低い訳じゃないと思う。

Aya:  当然、そうよね。ブログを始める前に話し合ったとき、
     
8.0以上の教材だけを紹介しようって、決めたじゃない。
     
8.5は水準以上ってことだから。

Masa: だけど、なぜ男女で評価が分かれたんだろうね?

Mika:   あまり男女の差は考えなくていいと思うわ。たまたまよ。
     私たちは、ちょっと特異なプログラムって捉え方をしたから、
     それが誰にでも素晴らしい効果があるか、というところの
     判断で、点数が上下したんだと考えていいんじゃない。

Ryo:  だとしたら、その特異点をもう一度指摘していこう。

Naomi: まず、「スピーキングに特化した教材」というところね。
     別のところがおろそかになっているって訳じゃないけれども、
     とにかく、教材の特長は「話す練習ができるプログラム」よ。

Taku: うん、それは間違いないね。このプログラムほど
     「話すトレーニングに重点を置いた英会話教材」には、
     なかなか巡り会わないからね。

Aya:  私も、そう思うわ。
     「英語を話す場」とか「話すトレーニングをする場」に
     恵まれていない人には、本当に必要な教材よ。
     普通の人には、そういう場がなかなかないもの。

Mika:  それは私も強く感じたわね。
     自分にそういう場があって、
     自然にトレーニングしてもらっていたって改めてわかったわ。
     会話が上達するのと、どのくらい多くしゃべったかが比例する
     ことを、この教材を知ることで、思い知らされたわ。

Masa:  そういう場が必要なことも、トレーニングが必要なことも
     すごくわかった上で、あえて疑問を出すのだけれど、
     Takuが言ってた、
     「これから、スピーキングを学ぼうとする初心者」にのみ
     有効な教材って点はどうなのかな?

Naomi: あれは、ちょっと言い過ぎかもね。
      Masaが「挫折した人を救う教材」って書いたじゃない。
      英語をいくら学んでも話せない人は大勢いるわ。

Ryo:  だから、Takuの言う初心者ってのは、英語初心者じゃなくて、
     スピーキング初心者なんだろう?

Taku: ところが、そうでもないんだ。
     英語の上級者は、少なくともある程度の会話はできるはず
     だと、僕は思っている。
     いくらやっても、未だに話せない人を、
     僕は初心者と呼んだんだ。
     まあ、出てくる単語やフレーズが簡単なものが多いから、
     ある程度学んだ人にはやさしすぎるってこともあるけど。

Aya:  つまり、英語に自信がある人には適していないってことでしょう。
     それは、私も断ったつもりだけど、
     そういった人が、この教材に注目することはないと思うわ。
     「どうしても英語がしゃべれるようになりたいと思っている人
     が、取り組むべきプログラムなのよ。

Mika:   それが一つの結論であることは、私も賛成するわ。
      でもね、結構、上達したつもりになっている人も多いのよ。
     会話もできるはずだって思っているの。
     だけど、イザとなったら、口から全然出てこないのよね。
     そういう人の、トレーニング用としたら、いい教材よ。

Masa:  わかったよ。多少、ニュアンスが違うだけで、
     みんなが思っていることに大きな違いはないってことがね。
     それと、このプログラムのスピーキングに対する有効性を
     誰も疑っていないこともわかったよ。

Ryo:  要は、初心者にやさしいプログラムであることを、どう取るかだな。
     逆に言えば、
     ある程度上達した者には、手応えがないってことになるからね。
     僕はそれでも、「ブラッシュアップに有効」だと思っているから、
     中級者以上にも薦めたいと思っている。

Naomi:  ということで、この問題はいいんじゃないの。
      英会話に自信がある人にだけは無関係ってことでね。
      
      ところで、この教材を進めていくストーリーって
      案外面白くなかった?
      私とTakuは、かなり評価しているんだけど。

Taku: うん。僕は結構聴き入ってしまったよ。
     途中から、ストーリーを追うのが面白くなって、会話の練習、
     つまり「シャドーイング」なんかをあまり繰り返さずに、
     物語の先を追いかけてしまったくらいなんだ。

Mika:   この教材の特長として、私たちが一番評価している
     「会話の練習」部分を飛ばしてしまうなんて、
     決してほめられた話じゃないけど、
     ストーリーの面白さに魅せられたという感想は、
     私にだって理解できない訳じゃないわね。

Aya:  ええ、私もあまり期待していなかった分、
     ストーリーにとてもいい評価を与えたいと思ったわ。
     私は、先を追うのを我慢したけど。

Masa:  こういう教材にとって、
     学習者を飽きさせない工夫の一つとして、
     バックのストーリーの面白さは重要だな。
     つまらなくて、意味のない会話は、
     そのまま、学習意欲をそいでしまうからね。
    
Ryo:  当然、そういうことだね。
     ところで、まだ、この教材の
もうひとつの特長と言える
     「サポート」の話が出ていないな。
     これについては、賛否が分かれそうな気もするんだ。
     次回は、そのあたりを中心に、
     さらに話し合っていこうと思う。

   (ということで、座談会は(8)に続きます)



    ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
                こちらからどうぞ
トークるズ



トークるズ 8


   
トークるズ(8)  <discussion meeting 2>



   教材内容      CD教材+テキスト

   □価   格       6,321円(送料・税込)×10回 
                        or
                59,800(送料・税込)(一括払い)
                         

   □購          
アキュワーズ株式会社





Ryo:  それでは、ミーティングを再開します。
    
ここからはトークるズ特長の一つである
     「長期の個別サポート」について、
     話し合っていきたいと思う。
     僕が評価のところで書いたように、製作者は、
     「このサポートなしには、話せるようにならない」
         なんて、はっきり言い切っているんだけど、
     この点について、みんながどう考えているの知りたいな。

Naomi:  私も評価のところで、その「手厚いサポート」について
      取り上げたんだけれども、
      確かに、他の教材にはない、すごいサポートよね。
      ただし、うまく役立つように使えるかどうかが
      結局は、大きな課題になるような気がするけど。

Masa:  そこなんだな、問題は。
     僕は、サポートについてほとんど触れなかったんだけど、
     本当にコミュニケーションがうまくいくかどうかがわからない。
     Ryoも言ってたけど、僕もこういうやり取りは苦手な方で、
     結果として、使わないグループに入ってしまうんだ。

Aya:  でも、メールサポートなんだから、わりと気楽に問い合わせを
    入れられるわよ。
    すごく個人的なことでも、丁寧に答えてくれるわ。

Mika:   そうね。メールを通じて、「優秀なコーチ」にアドバイスが
     もらえるので、うまく利用すれば、とても有効よ。
     一人でやっていると、「挫折」してしまう人が多いけど、
     このサポートを使えば、大丈夫だもの。

Taku: だから、その「うまく利用」ができるかどうかが、
     人それぞれで、わからないってことなんだよね。
     使えれば、いいシステムだって、誰だって思うはずだから。

Ryo:  そういうことなんだな。
     僕も、「うまく使いこなせれば、絶対に買い
     と言っているだろう。
     おそらく、その人の性格によるんだと思うけど、
     サポートに質問しようと思わない人も多いと思うんだ。

Naomi:  ホントに、そうなのよねぇ。
      たとえば、中学や高校ぐらいで、通信添削なんかをやってて、
     採点してくれる人と、うまくコミュニケーションが取れて、
     成績も上がったような人なら、きっとうまくいくわね。

Masa:  まあ、そういうことだろうね。
     ここで改めて確認したいんだけど、
     本当に、「
サポートなしには、話せるようにならない」
     というのが事実なのかな。
     これをそのまま信じると、
     教材だけ使って、一人で真面目に取り組んでいる者は、
     話せるようにならないってことになるんだけど。

Taku: サポートの優位性や有効性を強調するために、
     あえて、大袈裟に言っているところもあると思うんだ。
     僕は、この教材で、サポートなしで取り組んでも、
     かなり効果が出ると思ってる。
     英語を話すトレーニングは、しっかりできるはずなんだ。
     でなけりゃ、9.0という評価点は付けられないよ。

Mika:   そういえば、私は、トークるズの公式ページに
     ちょっと違和感を持ったわね。
     さっきの「決めつけ」もそうなんだけど、
     プログラムの説明の仕方みたいなものが、他の教材と違って、
     あまりなじめなかったわ。

Aya:  それは、私もすごく感じたわね。
    なんか、とても強引な感じがして、無理矢理向こうの論理のほうに
    引っ張っていかれるような気がしたわ。
    はっきり言ってしまうと、ついていけないところがあったわね。

Naomi:  Ayaちゃんがそう思うなら、多くの初心者がそう思うかもね。
     私も、ちょっと怪しい「情報商材」の売り込み方みたいで、
     あの公式ページは好きになれなかったわよ。
     「話すトレーニング」の教材としては、とっても「スグレモノ」なのに、
     なんか残念な気もしたわね。

Ryo:  そういうことか! 
     わりと女性軍の評価点が低い理由が、そこにあったか。
     といっても、僕も同じような感想を、あのページから受けたな。

Masa:  うーん、いろいろ解明されてきたね。 
     僕の、男女の差についての疑問も、少し解消したようだし……
     でも、いまの話を考えると、
     「英語をしゃべることに挫折した人を救ってくれる教材」で、
     かなりまれな「話すことに特化した教材」なのに、
     公式ページの表現の仕方で、ちょっと引いてしまう人がいたら、
     かなり残念なことだと思う。

Taku: 言えるね、それは。
     僕も、あの公式ページはちょっとと思った。
     あれで本当に、講座に申し込もうって考える人がいるのかってね。
     もう少し、スマートな説明にして欲しかったな。

Mika:   なんだか、私の発言のせいで、違う方向へ走っちゃったわね。
     ごめんなさい。
     でも、ほとんど全員が、あのページに疑念を持っていたのね。

Ryo:  ということは、公式ページに問題があるってことだ。
     改善して欲しいと思う。
     もう一度言うけど、「話すことに特化したプログラム」としては、
     かなり稀少で、貴重な存在なんだから。

Naomi:  そうね。あの文章の感じで、語られ続けると、
      議題の「長期サポート」についても、
      ただ、CDをオークションで買って使っているような人を
      「サポートがなければ、話せるようにならない」って
      牽制しているようにしか思えなくなってくるわ。

Ryo:  うーん、するどいいな。

Aya:  でもね、英語を話す場所や機会がない人には、
    とってもいいプログラムなのよ。
    あまり悪口を言って、必要な人の購入機会を奪うのも困るわね。
    メールサポートだって、上手に使えば、すごく役立つもの。
    
Masa:  それは、ここにいる仲間はわかっているんだ。
     教材もいいところがいっぱいあるし、
     長期メールサポートの有効性も理解しているよ。

Mika:   そういう私たちの気持ちや意見・評価が、
     正確に皆さんに届くといいわね。
     ええ、じっくり読んでもらえれば、伝わると思うけど。

Naomi:  大丈夫よ。この場で飛び交った、本音の議論を聞けば、
      大抵の人には、きちんと伝わるはずよ。

Taku: うん。甘いかもしれないけど、「心配ない」と思うしかないよ。
     とにかく、こういう教材を求めている、
     「話す練習」が必要な人には、しっかり見極めて欲しいね。
     そういう人には、本当に良い教材なんだから。

    
Ryo:  といったところで、今日の話し合いも結構白熱したけど、
     そろそろお開きにしようかな。
     多少でも、まとめる言葉を言えば、

     「話す練習」「話す場」を求めている人には、
     実際に試して欲しい教材

     サポートも、うまく使いこなせば、有効性が高い
    
     そんなところかな。
     これで、
トークるズ編は終了とします。

     (このあと、次回紹介する教材の打合せに入りました)



    ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
                こちらからどうぞ
トークるズ