スピードラーニング 7


   スピードラーニング
(7) <discussion meeting 1>



   教材内容    CD教材+テキスト(無料試聴用CDあり)

   □価   格    10,500円(送料・税込)×1回
                         
+ 2ヵ月目以降
                           4,515円
(送料・税込)
                    (月々お届けの場合)
                       or
              53,760(送料・税込)
              
(1―16巻一括セットの場合)


   □購      
株式会社 エスプリライン






Ryo
お待たせしました。
    それでは、2番目に取り上げた教材
スピードラーニングについて、
    評価の座談会を始めます。
    前回同様、自由に思っていることを発言していって欲しい。


Naomi:
今回の評価点はどうなのかな? やはり、高い部類なの?
      私は、なんの作為もなく、同じ点になってしまったんだけど。

Taku全員の評価点をまとめてみると、8.5+8.0+9.5+8.0+9.0+9.5で、
     平均が8.75になる。今回も妥当といえば、妥当なところかな。
     前回と比較すれば、少しだけ低いけど。

Mika: やはり、どうしても前回のYouCanSpeak」と比較してしまうんだけど、
     0.25低いだけだから、正当な評価になったといってもいいのかな。
    私のように、体験的に、こっちのほうを高くした者もいるけどね。

Masa:
こういう評価は、いくら客観的につけようと思っても、自分の経験などに
     どうしても影響されてしまうと思う。
     まあ、そうでなければ、誰がつけても同じ点になってしまうおそれがあるし。

Aya:
私なんか、どちらも良い点なんだけど、私自身がこの2つの教材のおかげで
    何とか会話ができるようになったから、確かに思い入れはあるわね。
    でも、それぞれにいいところがあって、
    どうしても、どちらかが上という評価をするわけにはいかなかったわ。

Ryoそういうところもあるな。Leaderみたいに最初に始めるならこれって、
    ある程度決めつけてから、評価する方法もあるしね。

Mika: そうね。ちょっと内容の話に入っていくけど、
     本当に、英語に慣れる、英語脳を作っていく、という目的に照らすと
     英会話を始める人にとっては、この教材がいまのところ最適だと思うわ。

Takuだけど、僕が主張したように、「飽き」の問題があるんだ。
     確かに、飽きを感じないで聞き続ければ、確実に効果は出てくるけど、
     初心者にとっては、そこのハードルがかなり高いと思うな。
     越えられなければ、これを購入する価値がない。

Naomi: それは、私が言った「持久力」の問題と一緒だと思うけど、
     確かに、それなりに高いハードルがあって、
     そこをなんとかクリアーした人には、すごい効果が絶対に現れるわね。
     英会話を身につけよう、って決意した人には、絶対越えられるはずだけど。
     
Masa: うん、そのあたりの問題が、このスピードラーニングという教材の評価を
     大きく分けているのは間違いないね。
     途中で投げ出してしまう者は、他の口コミなどで、かなりひどい評価をしている。

Ryoそれは、僕もすごく実感してるな。
    まあ、「毎日5分間だけ聞き流す」というコピーが、ちょっと問題だと思う。
    最初は5分でもいいのかもしれないが、少なくともその5分間は集中しなくては。

Aya: その集中をどうやってやるかなのよね。
    私は、シーンの中の内容に興味を持ったから、どんどん中に入っていけたけど、

    興味もないのにダラダラ聞いている人には、なんにも効果はないでしょうね。

Naomi: 私は、内容なんかに全然興味をそそられなかったけど、シーンの登場人物に
     なりきるようにしていたら、いつの間にか入っていたって感じね。
     これができなければ、この教材を使う意味はないわよ。

Taku人によって、いろいろな方向からの入り込み方はあるだと思う。
     とにかく、日本語を聞かなくても、そのシーンの全容がわかるところまで
     聞き込むことが重要なんだ。そこまでいってくれれば…。

Mika: そこで、「English Only CD」の出番ね。これを聞いて、違和感なくシーンの中に
    入っていくことができれば、急激な英会話力の向上が見込めるわね。

Masa: まあ、そこまでたどり着けば、あとは時間の問題みたいなところがある
    事実、英語耳とか英語脳とか表現されているものが、形作られてるはずだから。
    やはり、問題は、さっき言ってたハードルをどうやって越えるかだ。

Naomi: だから、とにかく集中して聞き込むことね。
     そのうちに、いつの間にかシーンの中に入り込んで、主人公になってるわよ。
     アメリカの文化なんかに関心がない私ができたんだから…。
     ダラダラと聞き流していたら、絶対に無理。時間の無駄だわ。

Takuそういった強引さが、誰にもあるわけじゃないんだけど、少なくともこの教材で、
     英会話力をアップさせようと思う者は、一時期の集中した聞き込みは必要だね。
     
Masaの言ってた、英語のシャワーを心地よく感じることができるようになれば、
     本物の英語力がついたってことになる。

Mika: その英語力だけど、この教材の、もうひとつの問題点として、
    「聞くだけで話せるようになる」のスピーキング力の向上っていうか、
    「本当にしゃべれるようになるの?」っていう疑問に対する答えは、
    大丈夫・保証するでいいのかな?

Ryoそうだった。まだその点についてなんにも議論していなかったな。
    だったら、後半はそこらへんに話題を絞って、改めてみんなで話し合おうか。
    前回と同じように、引き続き<discussion meeting 2>行くことにしよう。


   
(という経緯で、今回も座談会は、(8)に続きます)
  

   
      ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
           こちらからどうぞ
スピードラーニング