30日間英語脳育成プログラム 7


   30日間英語脳育成プログラム
(7)

   
<discussion meeting 1>



   教材内容    CD教材+テキスト(Web無料試聴あり)

   □価   格    <初級簡易セット>
              3,617円
(送料・税込)×5回(分割)
                              or
              17,500(送料・税込)(一括)

                          <英語克服完全セット>
              7,888円
(送料・税込)×6回(分割)
                              or
              45,000(送料・税込)(一括)


   □購         
IQ-Strategy






Ryo: さて、僕たちが4番目に取り上げた教材である
    「
30日間英語脳育成プログラム
について、
    総括する
<discussion meeting>のときがやってきました。
    今回もざっくばらんに、
この教材についての
    まとめの話し合いをしていきたいと思うので、よろしく。

Naomi: ここで取り上げる教材って、それぞれの評価点は毎回
     それなりに上下するのに、みんなの平均を出すと、
     結局、いつも同じような点になってしまうわね。

Taku:今回の 評価点をまとめてみると、
     9.5+8.5+9.5+8.5+9.0+9.0で、平均がやっぱり9.0になる。
     妥当なところだとは思うけど、確かに他の教材と優劣がないね。


Masa: 最初のミーティングのときにも言ったけど、ある意味で
    当然の結果じゃないのかな。
    僕たちは、このブログ立ち上げに当たって、いくつかの教材を
    かなり前から検討してきたんだけど、その中から、
    特にオススメの教材を最初のほうに持ってきているんだから。

Mika: そういうことなのよね。当初の話し合いでは、この教材を
    先頭に持っていこう、って意見も私たちの中にあったくらいだもの。
    番外の「スピードラーニング ジュニア」は別にしても、
    総体的には優劣はほとんどなかったわね。


Aya: でも、不思議なくらい、平均がぴったり9.0になるのね。
   もちろん、帳尻合わせみたいなことはやってないのは知ってるわよ。

Ryo: 僕は、この教材がすごくオススメで、
    これまでで一番いい点を入れたんだ。
    だから、もしかしたら、
    今度の教材の評価が最高になるかもしれないって思っていた。
    結果として、抜け出しはしなかったけどね。

Masa: あとのほうで登場する僕みたいな評価者が、
    それなりの意識と、バランス感覚みたいなものを持って、
    評価点を入れているつもりはないんだが……
    とにかく、評価点の合計は同じようなところにいくね。
    
Mika: ええ、そうなのよ。私はいつでも最後の評価者なんだけど、
    当然、それまでの合計点がわかるじゃない。
    それに自分の点を足してみると、いつも同じようなので、
    みんなより先に、結構ビックリするようなことが多いわね。

Naomi: わかったわよ。別に疑っている訳じゃないんだから……
     もう評価点の話はいいから、中身の話をしましょうよ。

Ryo: そうだな。今回の評価で特徴的な言葉は、
    「本物の教材」とか「正当な教材」ってやつだったな。
    言い出したのは僕だったかもしれないけど、何人もが使ってた。

Naomi: 私も「本物」って使ったわね。とにかく教材の構成がしっかりしていて、
     ステップどおりに進んでいけば、きっちりとした効果が出てくる点で
     本当に「これこそが英会話教材」って感じがしたわ。

Taku: ほとんど同じような意味だと思うけど、僕は「正当」という言葉を使った。
    真にあるべきものとしての、真っ当な英会話教材だった。
    大袈裟に聞こえるかもしれないが、それくらい良い教材だと思ったね。
    まあ、「正統」という字を当ててもいいんだが。

Mika: 私も本当に「正当」っていう感じがしたわ。
    ごく普通の日常会話を、ネイティブのナチュラルスピードで聴くことが
    英会話教材の基本であることをきちんと認識して作られているもの。

Masa: 僕は、有益な教材って表現をしたけど、教材の意図するところに
    忠実に乗っかって学習していけば、本当に有益だと言い切れる。
    それを教材として、本物とか正当とか表現しているんだと思うけど、
    確かに他の教材より、そういう言葉が違和感なく当てはまる気はするね。

Aya: そういう言葉は使わなかったけれど、私もなんとなく同意できるわ。
    他の教材より本物っぽいって言われれば、そうねって答えるわね。

Ryo: ならば、何がそう呼ぶようにさせているかということなんだが、
    NaomiMasaが言ってたように、
    この教材のメソッド沿って、きちんと学習していけば、
    間違いなく所定の成果は得られる、ということでいいのかな。

Naomi: そういうことよね。こういう教材にとって、一番重要な点が、
    確実におさえられていて、とにかく安心できるものだと思うわ。
    Ryoがこれまでで最もいい点を入れたのも、そこに注目したんでしょう?

Ryo: 当然そうさ。最初は30日間という言葉に、どうしても引っかかりを
    感じてしまったけど、やっていくうちに、これはすごいと思ったし、
    自分の英語力が増していくのがわかったんだ。
    僕の最高点を入れるしかなかった。

Taku: うん。頑張れば、きちっと結果がついてくるっていう教材は、
    本当は、僕たちが思っているほど、多くはないんだ。
    だからこそ、こういう教材に巡り会うと、ちょっと感動さえ覚えて、
    本物とか正当とかいう言葉を使ってしまうんだろうな。

Mika: それで、30日間というタイトルに対する評価はどうなの? 
    少なくとも、私は30日間ではとても無理だったけど。

Masa: 僕が書いた、「乗り」みたいなもので一気に突っ走れば、
    決して無理とは言えないと思うんだけど、
    一般的には、もっと日にちや時間をかけてやるべきなんだろうね。

Aya: でも、その「乗り」もかなり重要よね。
   私なんか、最初は戸惑って、なかなか進まなかったけれど、
   ある時点で、リズムを覚えたら、あとはスムースだったわ。
   初めから乗っていたら、30日間もあったかもしれないと、いまは思うもの。

Naomi: そのあたりが、たぶんこの教材の評価や、他人への薦め方が難しい
    ところなのかもしれないわね。
    30日間にとらわれずに、ゆっくり、じっくり学習を進めてって思う一方、
    masaの言う「乗り」で一気にいったほうが効果的っていう気もするのよ。

Mika: ということは、この教材を使う人の考え方でやればいいのね。
    乗れそうな人は一気に、ゆっくりと確実にやりたい人は時間をかけて、
    30日間にはとらわれずに、自由にやって大丈夫ってことね。

Ryo: まあ、そういうことになるな。
    でも、これまでの教材のような、
    「時間をかけなければダメだ」という言い方はしたくないね。
    リズムに乗って一気に突っ走るほうを僕は推奨するよ。
    これはみんなも納得してくれるよね。

    うん。賛同が得られたみたいだ。
    さて、次はステップの内容など、さらに中身の話にしたいんだが、
    キリがいいところで次回にしようかな。

   (ということで、話し合いは(8)に続きます)


    ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
       こちらからどうぞ
30日間英語脳育成プログラム