ReaL Stick


  ReaL Stick
  <by―Ryo>




こんにちは。
Ryoです。
やはり、「英会話器材編」でも
最初のレビューを任されてしまいました。


それで、真っ先に紹介するのが
」と「」の発音矯正具「
ReaL Stick]です。

これは、このブログの一番手として紹介した
YouCanSpeak」の開発者である
あの「Dr. Kinoshita」が発明したものです。


ところで、あなたは、
英語の「」と「」の発音が、正確にできますか?

この発音の区別は、たぶん普通の日本人が
最も苦手としているもののひとつだと思います。

その難しい発音を、短期間に習得できるように作られた
発音矯正具が、この
ReaL Stickなのです。

実物はこんな形をしています。




これを口に差し込んで使います。
舌の先端の感触で舌の動きを確認します。

早い人ならすぐに(2、3分で)
」と「の発音が直ってしまう人もいるようです。

もちろん、僕も試してみましたが、
短時間で効果は絶大でしたね。
こんなに簡単に
」と「がしっかり発音できるなんて
思ってもみませんでした。
これは、やってみなくては、わからなかったことです。

うーん、
」と「の発音なんて簡単だったんだ。
一瞬、そう思いこんでしまう時間がありました。

でも、ちょっとそれでは虫が良すぎます。
それで矯正が済んでしまったわけではありません。

まだ、コツを掴んだ程度なので、その後、
毎日5分から10分程度練習を続ける必要がありました。
いつでも舌がきちんと動くようにするためです。

早い人で1週間。遅い人でも2カ月間練習を続けると、
発音は完璧に矯正されます。
(ちなみに僕は2週間程度です。早いほうでした)
これはもう、一生ものの発音が自分のものになります


ところで、英語の会話の中で、
」と「の使用頻度は80%を超すようです。

具体的に数字で表すと、
100の英単語が使われれば、
」か「が80回以上出て来る計算になるわけです。

さらに、「LICE」と「RICE」のように、
」と「だけが異なる単語が、
ざっと500語も存在するようです。
間違えると、ものすごい誤解を受けてしまいそうですね。

ということで、僕からオススメの器材は、
「英語を正しく話したい人」にとって必要な、
ReaL Stickでした。

関心を持たれた方は、ゼヒ使ってみてください。
」と「の違いに驚かれるかも知れません。


     関心ある方はこちらからどうぞ

 












スポンサーサイト