スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロゼッタストーン 4a


  ロゼッタストーン(
4a<by―Naomi>



   □教材内容       アプリケーションソフト
                    (体験版あり)

   □価    格      24,800円~79,800円(税込)
  
             
                         
   
□購  入  先        ロゼッタストーン・ジャパン




 
こんにちは。
 今度も4番目の評価者として登場した
 Naomiです。
 今回もよろしく。




<Naomiのレビュー>



 今回私たちが取り上げた教材
ロゼッタストーンを手に入れ、
 パソコンに向かって
「レベル1」から学習を始めた人の中で、 
 「あれっ、こんなに簡単でいいの?……
 と思われる人の割合がかなり多いのではないでしょうか。

 もちろん、この教材は英会話入門者向けにできているので、
 「レベル1」の程度は、中学1年生あたりで習うようなところと
 同じようなものなので、
 少しでも英語の学習経験がある人にとっては、
 「なんだ!これじゃあ、ものたりないな――
 という不満の言葉が出ることもあるでしょう。

 実際にこのソフトで学習を始めると、簡単な単語が出題され、
 画面に出る写真の中から正解を選んでいくことになるわけですが、 
 確かに「赤」「緑」「白」を表現する3枚の写真の中から、
 「green」という単語に該当する「緑色の葉」を選ぶという作業は、
 「こんなところから始めるのか?……
 というため息が思わず出てしまうかもしれません。

 こういう体験をした人は、通常、
 「レベル1」から「レベル5」まであるのを知って、
 もっと上のレベルから入っていこうと考えてしまうでしょう。

 でも、ちょっと待ってください。
 先ほど「中学1年生」レベルという話をしましたが、
 実際、このソフトの設定は、もっとずっと幼く、
 「レベル1」は「赤ちゃんレベル」なのです。

 英語をしゃべれるようになるためには、
 その前にあるバリアを取り除かなければならないというのが、
 このソフトの開発者の主張で、
 そのために、あえて「赤ちゃんレベル」から始めるのです。

 考え方は、本当の赤ちゃんが、
家族から、
 母国語を徐々に覚えていくところを思い浮かべればいいでしょう。
 学習する者が、赤ちゃんに戻って
 簡単で最もシンプルなところから始め、
 正確なネイティブ発音をしっかりインプットしていくと同時に、
 間違った発音をリセットしていくわけです。

 幼児が少しずつ言葉を身につけていくプロセスと同様に、
 キチンと基礎的なことを自分のものにしたあとで、
 単語や文法などのバリエーションを増やしていき、
 「表現に幅が出る」
 「複雑な発言ができる」
 というようなところを目指していくのです。

 だからこそ、このソフトは、
 あくまでシンプルさに徹していて、
 「難しい単語」などはほとんど出てこないのです。
 誰もが挫折感を味わうことなく、
 シンプルに言葉を駆使していくことができるように作られています。
 決して、勉強している気分にはさせず、単に
 「英語でのコミュニケーション体験を自然に楽しめるツール
 という方向性を貫いているのです。
 
 ですから、このソフトはとにかく「レベル1」から始めて、
 次第に程度を上げていくことが一番のオススメということになります。
 そのほうが、教材本来の効果を最大に発揮するはずです。

 初めに、これまでの日本語に訳す癖を直していき、
 「英語を英語として理解していくプロセスを身につけていく」ことが
 学習法としての順序になるでしょう。

 その先に、「聞いて」「しゃべって」、さらにフィードバックを受けるという
 コンビネーションを何度も繰り返していくことによって、
 結果として、日常会話レベルのスキルが身についてくるのです。

 各レベルには、
 「ショッピング」「レストラン」「仕事」「緊急事態」といったような
 複数のシチュエーションが用意されています。
 その中でのロールプレイを通して、
 「スピーキング」「リスニング」「文法」「単語」などの
 個別スキルを自分のものにしていくわけなのです。

 また、それぞれのシチュエーションで身につけたスキルが
 次のレベルで役立っていくことも覚えておきましょう。
 培った「スキル」を
 ブロックのように積み上げていけるように設計されているので、
 製作者の意図通り順番にグレードアップすることをオススメします。
 
 
 というようなことを理解した上で、「レベル1」から取りかかってみると、
 仮に「中級者」を自認する人でも、
 忘れていた単語が相当あったり、
 発音の間違いを指摘され長時間そこにとどまったりするはずです。
 
 それに、レベルが上がるに従ってどんどん難易度は増すので、
 「簡単すぎる」という心配は全くいらなかったことが解るでしょう。
 とにかく、
 「聞こえてきた英語の言葉」を日本語に置き換えることなく、
 「瞬時に英語で答えを言う」というところまで

 このソフトは私たちを連れて行ってくれます。


 次に、日常生活の中にどのように学習を取り入れたらいいかを
 少し考えてみましょう。

 たとえば、「朝の数十分」という時間を使って、
 パソコンの前で
 「聴いて」、「しゃべる」コンビネーションのトレーニングを行い、
 通学や通勤のように移動中で、パソコンの前にいない時は
 オーディオ・コンパニオン
(復習用CD)で「朝のトレーニング」を復習する
 というような学習スタイルが一番適していると思います。

 朝の時間を作るのが難しい人の場合には、
 もちろん夜の数十分でも大丈夫ですから、
 とにかく日常的にパソコンの前に座る時間を作るよう心がけてください。

 それでも毎日学習するのが難しい人もいるでしょう。
 そんな人にオススメなのが「短期集中型」です。
 春休みとか夏休みとかの長期休暇のときに
 一気に集中して学習する方法です。

 このソフトなら、そういった場合、
 いつでもどこでも、好きなだけ「外国語だけの環境」を
 作り出すことができるからです。
 もし希望するなら、一日中部屋に閉じこもって、
 「日本語のない、英語だけの生活」を
 バーチャルに味わうことができるのです。

 パソコンに向かうのが疲れてきたら、
 
オーディオ・コンパニオンのCDに替えて、
 周りの景色でも眺めながら「耳からの学習」に移行し、
 気分転換ができたら、
 またパソコンの前に戻るという繰り返しを続けるのです。
 これがかなり効果的だと私は思っています。

 ともかく、人それぞれのライフスタイルに合わせて、
 運動のトレーニングと同じように、毎日少しずつ、
 できるだけリラックスして学習するということが、
 一番重要であることは間違いないでしょう。
 
 
 さて、次回は私の評価点を出すことになりますが、
 私にしては、高い点を出しそうな気がしています。


 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
ゼッタストー
   
 














スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。