ロゼッタストーン 6a


  ロゼッタストーン(
6a <by―Mika>




   □教材内容       アプリケーションソフト
                    (体験版あり)

   □価    格      24,800円~79,800円(税込)
  
             
                         
   
□購  入  先        ロゼッタストーン・ジャパン




 皆さん、こんにちは。
 いつものように最後の評価者として登場した
 
Mikaです。
 
今回もどうぞよろしくお願いします。




<Mikaのレビュー>



 今回の教材
ロゼッタストーンにはWebサイトに、
 とても優れた無料体験版である
 「フリートライアル」が備わっています。

 これまで仲間たちが体験することを
 お薦めしてきたと思いますが、
 私も「絶対に体験する必要がある」と考えています。

 なぜ、そこまで言うかというと、
 こういった類の「体験版」の中では、
 この「フリートライアル」の充実度が群を抜いていて、
 実際にトライされてみれば解っていただけるはずですが、
 「ここまで無料でできてしまうの?」と、
 思わず声をあげてしまいそうになるほど、
 その内容が濃いからです。

 実際に、
 1レベルについて1時間程度の練習ができるのですが、
 全部で5レベルまであるため、
 とりあえずこれをすべてこなしてしまえば、
 いざ
ロゼッタストーン購入というときの事前準備は
 間違いなく万全なものになっていることでしょう。
 それほど、「十分」といえる量がトライアルの中にあるのです。

 
 ただ、1つだけ心配があります。
 学習が始まると、画面に日本語はなくなり、
 どんどん英語が出てくるのですが、
 私たちが知っている「従来の学習方法」とは
 かなり違ったかたちで進んでいくため、
 初めてトライした人は、「とても戸惑う状況」に陥る
 恐れが否めないのです。

 中には、
 「こんなの解らないからヤーメた」となってしまう人も
 いるかもしれません。
 これは学習方法の説明がかなり略されているために
 起こってしまう現象なのですが、
 中身はとても良くできたソフトなのに、
 これでは本当に残念です。

 そこで、今回の「私のレビュー」は、
 フリートライアルの学び方にぐっと焦点を当てて、
 できるだけ詳しく説明していこうと考えました。

 では、「学び方」の説明です。


 
「フリートライアルの学び方」
 
 ソフトを立ち上げると、画面に2枚の写真が出てきます。
 そして、「Hello」という英単語が提示されます。
 声にして言ってみましょう。
 続いて出てくる単語も簡単なものばかりです。
 
 ここで大事なのは、
 「なーんだ、簡単すぎる。こんなところから始めるの?」
 と思わないことです。
 子供が初めて母国語を学んでいくときと同じ状況だと考えて、
 (多少我慢して)ついていってください。
 
 大切なのは、単語を覚えることではなく、
 ネィティブのしゃべる英語を耳でしっかり聴いて、
 そっくり真似て自分の声で発音していくことです。

 自分を「英語に関しては子供なんだ」と思って、
 ひたすら単純な言葉を繰り返していきましょう。

 ちょっと(内容を)バカにしてしまった人も、
 発音チェックをするとなかなか先に進めないかもしれませんよ。
 私も自信があった発音がなかなか通らないので
 焦ってしまった経験があります。
 
 とにかく、ここでは、「単語を記憶する練習」ではなくて、
 あくまで「会話の練習」をしていることを絶対に忘れてはいけません。
 簡単な単語の練習でも、
 実際の会話の場面に本当に役立つ練習をしている
 のだ、という意識を常に持っていることが必要です。


 少し進んでいくと、画面の写真を眺めながら英語を聴き、
 その意味を理解したかどうかを確かめる問題が出ます。
 もちろん、日本語でその意味が出てくることはないのですが、
 「写真」と「発音」の組み合わせから考えていけば
 きっと正解が解るはずです。

 ここでの一番のポイントは、ゲームのように楽しむことです。
 ゲームだと思えば、たとえ間違ってしまっても
 やり直せばいいだけですから、
 とにかく、思いっ切り楽しんでしまいましょう。

 そういった感覚を盛り上げてくれるのが、洗練された画面です。
 アイコンなどがとてもきれいに作られているだけでなく、
 写真もすごく鮮やかで、そこに出てくる単純な言葉
 (たとえば、a boy や a girl などのような単語)
 でも、いろいろな種類が示されて、
 声も女性と男性に分けられて発音されてきます。

 
 さて、次のステップに進んでいくと、
 少し前に出てきた単語が文章になって表現されてきます。
 初めのうちは、画面にヒントがたくさん出てくるので、
 それをよく見れば先に進めるでしょう。

 ところが、さらに進んでいくと、
 そのヒントが画面からなくなってしまい、
 聞こえてくる音と画面の写真だけで
 正解を見つけなければならなくなります。

 このへんも、ゲームだと思って、
 だんだんステージが進んでいくと難易度が増すんだ
 くらいに気楽に考えて問題を解いていきましょう。
 
 (ゲームをやっていても、突然難しい画面になって
     全く先に進めなくなることはよくありますからね)

 多くの人は、ここでちょっと驚いてしまい
 いくらか引き気味になってしまうかもしれません。
 おそらく、「突然、英語だけの世界に引きずり込まれた」
 というような感覚になったりするでしょうね。
 でも、こういうところが、このソフトの大きな特長なのです。
 引きずり込まれた状況を楽しめるようになれば、
 このソフトの世界が自分のものになっている証拠だと
 考えたほうがいいでしょう。

 
 このステップを通過すると、いよいよ「会話編」になります。
 ここでの会話は、与えられた例文がなかったりして、
 画面の写真構成をよく見ることにより、
 自分で考えた言葉を発言する場面もあります。

 実践の場と同様の環境下におかれて、
 「その場で咄嗟に言葉を交わす」という
 まさに「英会話の瞬発力」が必要になります。
 ここのトレーニングをうまくこなしていくことで、
 「本当に役に立つ英語力」が身についていくはずです。

 むろんそういった会話のやり取りのほかにも、
 「発音矯正」のトレーニングもできます。
 録音された自らの声をチェックしたり、
 ネィティブの発音と聴き較べたりしながら、
 徐々に本来の発音に近づけていくという行為は、
 ハマる人は結構ハマってしまうと思います。

 何度も繰り返すことで、すごくキレイな
 まさにネィティブに近い発音ができるようになったら、
 この喜びは英語学習者にとって、
 なにものにも換えがたいものになることでしょう。
 学ぶということへのモチベーションが
 どんどん上がっていく瞬間を味わってください。


 ところで、ゲームにたとえたところで、
 「間違ってもいい」と書きましたが、
 この
ロゼッタストーンというソフトは、
 本当にそういうところを、しっかりフォローしています。
 
 解答のミスなどにかまわずにどんどん進めていけば、
 一定の時間が経過したときに、その誤解答の問題が、
 自動でもう一度繰り返し出題されてくるのです。
 これが相当便利な機能で、自分が間違ったことを忘れていても
 キチンと再学習(復習)をソフトのほうでやってくれるので、
 弱いところを補いながら進んでいく安心感があり、
 とても心地よい感じで勉強に没頭できると思います。


 ……といったところが、「フリートライアル」の概要ですが、
 一度試しにやってみれば、他の教材とは違った、
 本当に豊かな学習材料が置かれていることが解るはずです。
 無料であることに驚かれるかもしれませんよ。
 
 ゼヒ、
公式Webサイトから入って、一度トライしてみてください。
 
 
 さて、次回のアップ時には私の評価点を出します。
 教材の内容は本当に満足しているのですが、
 学習方法が誰にでも直感的に理解できるか、
 という点にちょっと引っかかっています。


 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
ゼッタストー
   
 














スポンサーサイト