ロゼッタストーン 6b


  ロゼッタストーン
(6b <by―Mika>




   □教材内容       アプリケーションソフト
                    (体験版あり)

   □価    格      24,800円~79,800円(税込)
  
             
                         
   
□購  入  先        ロゼッタストーン・ジャパン





Mikaの評価>



 今回ご紹介したソフト「ロゼッタストーン」の大きな特長は、

 (1)学習の際に一切日本語が出てこないこと

 (2)画面の写真に向かいながら英語を聴き取り、
   ゲーム感覚でクイズ形式の問題に答えていく


 という2つの事項に集約できると思います。

 もちろん、このソフトには、
 このほかにも様々な長所があることは確かなんですが、
 私は上にあげた2点が最大の特色であると言い切ります。

 そうハッキリと言えるのには、むろん理由があるのです。
 この新形式の英語学習プログラムは、私の知っている範囲でも、
 最も評判の良い教材の1つなのですが、
 その効果のほどを語ってくれる人たちの話に耳を傾けると、
 やはり、2つの特長にたいして、

 「学習にどんどんのめり込むように入っていけた

 「英語だけの世界が新鮮で、かえって続けられた

 「学校と全く違う学習方法がすごく楽しかった

 というような感想が異口同音に戻ってきました。

 むろん、こういう教材は人によって
 「合う、合わない」があることは十分承知しています。
 (このことについては、後半で言及していくつもりです)
 それでも、学ぶ意欲のある「初心者」「入門者」は
 かなりの確率で、
 上記2つの特長に対して「礼賛」の言葉を吐き、
 そのために英語が上達したことを証言してくれました。

 それほどに、特長(1)の日本語のない教材というものが
 思ったより少ないのだということの証なのですが、
 一旦、英語だけの世界での学習にはまってしまうと、
 他の教材に向かった場合、頻繁に出てくる日本語訳が
 かえってうるさいものに感じられてしまう人も出てきて、
 「むしろ、学習を進める上での障害にさえなってしまう」と
 嘆きの言葉が聞こえてきたこともありました。

 そして、特長(2)の
 大量の写真を使って、まるでクイズを解くように進んでいく
 遊び感覚の学習方法は、
 特に若い入門者に、圧倒的な支持を得て、
 大歓迎されることが多いとのですが、
 これは自分でやってみれば、すぐに解ることです。

 「しかめっ面で行っていたかつての英語学習」から解き放され、
 ゲームのように面白く学んでいけるので、
 余程こういう形式が嫌いな人以外は、
 間違いなく素直に受け入れることができ、
 気が付いたら、このプログラムのとりこになっているはずです。

 とにかく、この2点の特長だけを教材選定の理由にして、
 この教材を手にして学習を始めたとしても、
 きっと後悔はしないと思っていいでしょう。

 それほどに、この
ロゼッタストーン」という新しい学習教材は、
 本当に良くできたプログラムなのです。



 というわけで、この2つの特長を持つということだけで、
 私のオススメの理由、つまり評価は完了してしまうのですが、
 先程お話しした、このソフトの学習経験者たちの多くの証言の中から
 目立ったものを、次にいくつかご紹介しておきましょう。

 まず、ソフトのほうから一方的に声が聞こえてくるだけの教材でなく、
 自分もマイクに向かって声を出すというステップがあるので、
 いわゆる双方向学習ができるのがとても良い、
 という声も多かったと思います。

 そして、とても簡単な
(a girlのような)単語の発音が
 なかなかうまくしゃべることができずに困ったけれども、
 そういうことが再確認できてむしろ良かったと思っている
 という意見も大半の人が語っていました。

 また、パソコンの画面上に、耳へ届いてくる英語に関する
 きれいな画像が大量に出てくるので、
 単に単語やイディオムを聴いて憶えるだけの場合と違い
 何倍も記憶に残りやすいところが良かったという指摘も
 たくさんの人が口にしていたことも印象的でしたね。

 
 これほどに使用者の評価が全般的に高い教材なのですが、
 それではここで、どんな人がこのプログラムの使用に合っていて、
 どんな人が会っていないのか、少し考えてみます。

 まず、このプログラムは、
 幼児が母国語を学ぶように英語に慣れながら学習していくという
 コンセプトに基づいて製作された教材です。

 ですから、単純に言ってしまえば、
 幼児のような精神になって、難しいことなど考えずに、
 素直な気持ちで英語に取り組めるような人に向いています。

 逆に、いちいち日本語の意味を考えなければ済まない人や、 
 常に文法のことを念頭に置いて英語を学習するタイプの人には
 向いていないかもしれません。

 言葉を換えれば、
 このプログラムに一番向いているのは、
 初めて学ぼうとしている本当の英語初心者で、
 その反対に、
 多少なりとも英語学習の経験があって、
 「Hello」だとか「a boy」などからあらためて勉強する気はない、
 と思っている人には向いていないということです。

 ただし、ならば中級者以上の人が手を出さないかというと、
 決してそうではないところが興味深いところなのです。

 私の周囲でも、中・上級者と思われる人が、
 「基本的なところからもう一度やってみよう」とか、
 「単語1つひとつの発音をキチンとチェックしたい」とか、
 「さらなるブラッシュアップのためだ」とか、
 それぞれいろんな理由をつぶやきながら
 このプログラムに取り組んでいるという事実もあるからです。

 そこで私の結論なのですが、
 かなり極端な言い方を許してもらえるなら、
 「素直な気持ちで、謙虚に英語を学ぼうとしている人」ならば、
 初心者であろうと、上級者であろうと
 このプログラムに取り組んでみる価値はある
 というところになりました。

 とにかく、そういうことを確かめるために、
 まず「
公式Webサイト」にいって、
 フリートライアルを試してみてください。
 それでハマル予感があれば、あなたの中での、
 このプログラムの評価はググッと上がると思いますよ。

 私も実際にトライしてみて、思っていたより数段高い評価を
 このプログラムに付けてしまいました。
 これまでで一番高い点数です。

 それをそのままここの評価点にするつもりでいたのですが、
 前回のレビューに懸念を書いたように、
 「学習方法の説明不足」がどうしても気になります。
 内容とは関係ないところなので、非常に残念な気分ですが、
 やはり評価は冷静に下していかねばなりません。


 そういうわけで、私の評価点は、学習者の誰もが、
 「プログラムすべての学習内容をキチンと享受できていない」
 と思われるほど、マニュアル的部分が不足している、
 というところを、非常に心配してしまっているので、
 その分だけ減点することにしました。
 
 学習は「直感」でどんどん進んでいけるけれど、
 その直感だけでは、仕組まれたすべてのプログラムを
 体験できないかもしれないという危惧がある、ということです。




Mikaの評価点: 9.0 >



 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
ゼッタストー