スピードラーニング(NEW) -7a


   スピードラーニング(New)-7a
  <discussion meeting 1>       010101man10st-trans.png


   教材内容    CD教材+テキスト(無料試聴用CDあり)

   □価   格     9,870円(送料・税込)×1回
                         
+ 2ヵ月目以降
                          
4,515円(送料・税込)

   □購       
株式会社 エスプリライン







Ryoお待たせしました。
     それでは、今回の教材
スピードラーニング について、
     評価の座談会を始めたいと思います。
     これまでと同様に、
      自由に思っていることを発言していってください。


 <評価点について>

Naomi:
やっぱり最初に評価点のことに触れたいんだけど、
      今回の評価点はどうなのかな? 
            やはり、高い部類なの?
      私は、なんの作為もなく、同じ点になってしまったんだけど。

Takuとりあえず全員の評価点をまとめてみると、
      8.5+8.0+9.5+8.0+9.0+9.5 で、
     平均が8.75になるね。
     今回も妥当といえば、妥当なところじゃないかな。
     前回と比較すれば、ほんの少しだけ低いけど。

Mika: うーん、私はどうしても前回の教材
    
YouCanSpeakと比較してしまうんだけど、
     0.25低いだけだから、誤差の範囲とも言えるし、
    結構正当な評価になったといってもいいんじゃない。
    まあ、私のように、自分の体験を重視して、
    こっちのほうを高くした者もいるけどね。

Masa:
こういうものの評価は、いくら客観的につけようと思っても、
     どうしても自分の経験などに影響されてしまうとだろうな。
     自らが体験したことって、すごく貴重だし、
     頭の隅にいつまでも残っているからね。
           それが評価の点数に関わってくるのは当然だよ。
      まあ、そうでなければ、
     誰がつけても同じ点になってしまうんじゃないかな。

Aya:
私なんか、どちらもすごく良い点をつけたんだけど、
         それっていうのも、
    私自身がこの2つの教材のおかげ
     何とか人並みに会話ができるようになったからなのよね。
    確かにその分の思い入れは、とてもあるわよ。
     だから単純に比べても、それぞれにいいところがあって、
     どうしても、
    どちらかが上という評価をするわけにはいかなかったわ。

Ryo確かに、そういうところもあるだろうな。
    
Leaderみたいに最初に始めるならこれって、
     ある程度決めつけてから、評価する方法もあるしね。
          とにかく6人の評価を点数にまとめるとこうなるということで、
     あとは読者一人ひとりが
     各評価者のレビューを読んで、それぞれの判断をしてもらおう。
     高すぎるとか、低すぎるとかの意見をもらってもいいしね。


 <教材の評価について>

Mika: そうね。評価点の話はそんなところでいいんじゃないの。
     そろそろ内容のほうの話に入っていっていいかな。

     英語に慣れる英語脳を作っていく、という
     こういう教材の本来の目的に照らしてみても、
     私自身の経験から、かなり自信を持って言うんだけど、
     これから英会話の学習を始める人にとって、
     この教材がいまのところ最適なんじゃないかしら。
    
Takuだけど、そこには僕がレビューで主張したように、
     確実に「飽き」の問題があるんだ。
     確かに、初心者が飽きを感じないでどんどん聞き続ければ、
     間違いなく効果は出てくると思うけれど、
     初心者・入門者にとっては、
     そこらへんのハードルがかなり高いんじゃないだろうか。
     飽きて放り出したんじゃ元も子もない。
     一定期間続けるという課題を、自分で乗り越えられなければ、
     これを購入する価値がないって、僕は考えてる。

Naomi: それは、私が言った「持久力」の問題と一緒だと思うわね。
       確かに、それなりに高いハードルがあって、
       そこをなんとかクリアーしていく人には、
      目に見えてすごい効果が絶対に現れるのよ。
      それは、私も保証するわ。
      だから、どうしても越えていくしかないのよ。
      でも、それに挑戦しようとするのは、
      「英会話を絶対に身につけよう」って決意した人でしょう。
      強い意志があれば、それなりに越えられるはずだけど。
     
Masa:  うん、そのあたりの問題が、
      この
スピードラーニング という教材の世間の評価を
       大きく分けているのは間違いないね。
       途中で投げ出してしまう者は、
      他の口コミなどで、かなりひどい評価をしている。
            自分が続けられない理由を、
      教材自体のカリキュラムのせいにしている者が多い。

Ryoそれは、僕もすごく感じてるな。
     はっきり言って、ボロクソの評価で溢れている。
     だからこそ、この教材の本当の価値について、
     僕らで正しい評価をしなけりゃいけないんだが。

     まあ、僕に言わせてもらえば、
     「聞き流すだけ」というコピーが、
           かなり問題だと思う。
      なんか、全く努力しなくてもいいように聞こえてしまう。
     少なくとも、集中して聞かなければ
     それほど成果が現れないはずなんだ。
     英語を身につけるためには、
     やはりそれなりの努力は必要だからね。

Mika: そういう議論の帰着点は、やっぱり、
 
   「軽い聞き流しだけでは、話せるようにならない
     だと思う。
          もちろん、そのあとに、
    
聞くことに、短時間でも集中することを続ければ
         必ず効果がある

    
という、もう一つの大事な結論があるけどね……。



 
   (話し合いは、まだまだ続きます。次回のアップをお楽しみに)
  


     ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
      こちらからどうぞ
スピードラーニング





<全員の評価点の平均: 8.75 >




英会話情報は → ブログランキングへ