スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30日間英語脳育成プログラム(NEW) -7a


   30日間英語脳育成プログラム
New)-7a
  <discussion meeting 1>          010101man10st-trans.png



   教材内容    PC教材+テキスト(Web試聴あり)

   □価   格    <初級脱出セット>
              6,848円
(送料・税込)×6回(分割)
                              or
              39,500(送料・税込)(一括)

                          <英語克服完全セット>
              9,622円
(送料・税込)×6回(分割)
                              or
              55,500(送料・税込)(一括)


   □購         
英会話上達研究会






Ryo: さて、今回僕たちが取り上げた教材
    「
30日間英語脳育成プログラムについて、
    総括する
<discussion meeting>のときがやってきました。
    今回もざっくばらんに、
この教材についての
    まとめの話し合いをしていきたいと思うので、よろしく。


 <評価点について>

Naomi:  ここで取り上げる教材って、
      私たち一人ひとりの評価点は、1ポイントくらいの間を
      毎回それなりに上下しているのに、
      最後の段階で、全員の平均を出すと、
      結局、いつも同じような点になってしまうわね。
      ちょっと不思議な感じがしてるのよね。

Taku まあ、そんなふうに感じるのも否定できないかな。
     実際に、今回の評価点をまとめてみると、
     9.5+8.5+9.5+8.5+9.0+9.0で、
           平均がやっぱり9.0になる。
      妥当なところだとは思うけど、
     各自のレビューでの評価が高かったわりには、
     確かに他の教材と優劣がないね。


Masa: 以前のこのミーティングのときにも言ったけど、僕は、
     ある意味で、当然の結果じゃないのかなって思ってる。
     僕たちは、このブログ立ち上げに当たって、
     いくつかの教材を、かなり前から検討してきたんだけど、
     その中から、
     特にオススメの教材を評価の対象にしてるんだから、
     結果が同じように高得点になるのは当然なんだ。
     うん。9.0っていう点は、このブログの評価では
     かなりの高得点の範疇なんだからね。

Mika:  そういうことなのよね。
     当初の話し合いでは、この教材を一押しでいこう、って意見も
     私たちの中にあったくらいだもの。
     でも、そのあとに、一押しの候補がいくつも出てきて……。
      前に取り上げた
     番外の「スピードラーニング ジュニア」は別にしても、
     このブログで取り上げる教材の評価は、
     総体的には優劣はほとんどないって考えてもいいくらいよね。


Aya:  でも、不思議な気分になるくらい、
    平均がぴったり
9.0になることが多いのは、やはり驚くわ。
    もちろん、帳尻合わせみたいなことはやってないのは
    私たちは知ってるし、
    このブログを読んでくれる人たちだって、
    そういうことはしていないって、思っててくれるけどね。


Ryo: 僕は今回、この教材がすごくオススメで、
    自分の評価点としては、一番いい点を入れたんだ。
    だから、もしかしたら、
    今度の教材の評価が最高になるかもしれないって思ってたな。
    結果として、そこまではかなかったけど

Masa: うーん……あとのほうで登場する僕みたいな評価者が、
     それなりの意識と、バランス感覚みたいなものを持って、
     評価点を入れているつもりはないんだが……
     とにかく、評価点の合計は同じようなところにいくね。
     読者に、作為的だって、思われていないか、
     ちょっと心配してしまうときもあるね。
    
Mika:  ええ、そうなのよ。
     私はいつでも最後の評価者なんだけど、
     当然、それまでの合計点がわかるじゃない。
     それに自分の点を足してみると、いつも同じようなので、
     みんなより先に、結構ビックリするようなことが多いわね。
     だからって、調整を入れるとかえってまずいから、
     そのまま、ありのままの自分の点数を提示するだけよ。

Naomi: もう、わかったわよ。
      別に疑っている訳じゃないんだから……
      もう評価点の話はいいから、中身の話をしましょうよ。


 <「本物の教材」について>

Ryo: そうだな。もう一度みんなのレビューを振り返ろう。
    今回の論評で目立った特徴的な言葉は、
    「本物の教材」とか
    「正当な教材」ってやつだったな。
    言い出したのは僕だったかもしれないけど、
    注意して見ると、結構何人もが使ってた。

Naomi:  ええ、確かに私も「本物」って使ったわね。
      とにかく教材の構成がしっかりしていて、
      ステップどおりにちゃんと学習を進めていけば、
      きっちりとした効果が出てくる点で、
      本当に「これこそが英会話教材」って感じがしたわ。
      他の教材が、そうじゃないっていうわけじゃないけど、
      本物っぽさ一番感じたのよね。

Taku: ほとんどみんなと同じような意味だと思うけど、
     僕は「正当」という言葉を使った。
     真にあるべきものとしての、
     本当に、真っ当な英会話教材だった。
     ちょっと大袈裟に聞こえてしまうかもしれないけど
     実際に、それくらい良い教材だと思ったね。
     まあ、「正統」という字を当ててもいいんだが。

Mika:  私も本当に「正当」っていう感じがしたわ
     ごく普通のアメリカ人の、ごく普通の日常会話を、
     ネイティブのナチュラルスピードで聴くことが
     英会話教材の基本であることを
     きちんと認識して作られているもの。
     まともな教材だなぁ、って誰でも思うでしょうね。

Masa: 僕は、
有益な教材って表現をしたけど、
     この教材の意図するところに、
     忠実に乗っかって、ひたすら学習していけば、
     本当に有益だと言い切れるだろう。
     それを教材として、
     本物とか正当とか表現しているんだと思うけど、
     確かに他の教材より、
     そういう言葉が違和感なく当てはまる気はするね。

Aya:  私は、そういう言葉は全く使わなかったけれど、
    ここでみんなの話を聴いていて、
    なんとなく同意できるし、納得もできるわ。
    他の教材より本物っぽいって言われれば、
    そうねって答えるわね。
    まとめて結論的に言ってしまえば、
    安心して推薦できる良い教材ってことでしょう。
    このブログの私たちのレビューを
    じっくり読んでくれた人たちは、
    みんなそう感じていると思うわ。


Ryo: ならば、この教材の何がそう呼ぶようにさせているか、
    ということなんだが、
    そのあたりについて、さらに突っ込んだ話をしていこう。


 (今回はここまで。この続きは、次回に掲載します)






     ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
       こちらからどうぞ
30日間英語脳育成プログラム




<全員の評価点の平均: 9.0 >





英会話情報は → ブログランキングへ











スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。