kikuzo!<キクゾー!>(NEW) -7b ヒアリングマラソン・ベーシック


  ヒアリングマラソン・ベーシック


  kikuzo!<キクゾー!
(New)-7b
   
<discussion meeting 2> 010101man50-trans.png  


   教材内容       CD教材+テキスト
                    (体験版あり)

   □価   格       37,800円(税込・送料無料)
  
             
                         
   □購           
株式会社 アルク




 

 <生の英語について>

Ryo:  それでは、
     
kikuzo! <キクゾー!>の中身の話に入っていこうと思う。
     今回は「生の英語」ってところに注目した評価が
     多かったんじゃないだろうか。
     そのあたりの話題から話し合っていこうかな。
    
Naomi:  生の英語」って言っても、2つ意味があるみたいで、
      1つ目は、「街角などで録音した臨場感溢れる音
      
2つ目が、「ナチュラル・スピード」ってことよね。

Taku
: 1つ目の「ナチュラルな英語の録音」のほうなんだけど、
     かなりリアルな英語にこだわっているという感想を
     僕は持ったね。
     うん、リアルって面では、
     わざわざ現場に出向いているんだから。
     実際の英語の学習には関係ないように思う人も
     いるだろうけど、
     そういう細部へのこだわりが、とても大切なことだし、
     確実に受講者の耳を鍛えてくれるはずなんだ。

Aya:  ええ、やはり「本物の英語の力」みたいなものを感じて、
     目に見えないような効果があるって思ったわね。
     それに、「学習への興味の持続」という点からも
     リアルでナチュラルな英語を聴くことは、
     とっても大事なことのような気がしたわ。
     なんか、ワクワクしちゃうもの。

Naomi:  本物には、必ず感動がついてくるってことなのよ。
      その効果はじわじわやって来るわね。
      実際にネイティブとの会話の場に接したとき、
      誰もが思い知らされるんじゃないかしら。
      
Taku: 普通のスタジオ録音とは違う
     「音の迫力」を初心者だからこそ体験して欲しいね。
     現実の会話は、
     ああいう雰囲気の中で交わされることが多いのだから。


Masa:   そして、ナチュラル・スピードか。
      この講座の会話の速さに驚いた者が多かったね。

Mika:  みんな最初に聴いたときは、
     アレって思ったんじゃないかしら。
     入門者用だという意識で聴くと、
     想像してたレベルより、ずっと速いのよね。
     正直言って、
     これで初心者がついてこれるのって思ったわ。
     でも、よく考えると、必要な速さだったわけだけど。


Aya:  私も最初、容赦のないスピードに驚いちゃったわね。
     でも、手加減を加えたゆっくり目の会話だったら、
     実践の場面では
     ほとんど役に立たないことが解っているから、
     これから学ぼうとするする人には、
     こちらのほうがずっといいって思い直したわ。
     中途半端な速さの会話は、
     取り付きやすいことは確かだけど、
     将来のためにはあまりならないもの。

Ryo:  そのへんの意味合いは良く解るんだが、
     あれを聴いた初心者が、腰を引いてしまわないかな。
     自分には無理だって感じたら、
     学習意欲がなくなるんじゃないのかって、
           ちょっと心配になる。


Taku: 確かに、
      慣れないとあの速さは初心者には厳しいだろう。
      怖じ気づいてしまう者もかなりいるに違いないな。
      ほとんど聴き取れないって、
      投げ出す者もいるはずだ。
      だけど、
             しばらく続けていけば、必ず慣れると思う。
      初めの2週間くらいは大変かもしれないが、
      ある程度まで進めば大丈夫だよ。
      このスピードで学んで良かったって日が必ず来るさ。

Naomi:  私も、最初の段階が乗り切れれば大丈夫だと思う。
      みんな速いことを強調しているけど、
      
本当のナチュラル・スピードよりは、
              多少ゆるめだもの。
      Takuが言ってたんだっけ、「生に近いスピード」って。
      あれが正解じゃないかしら。
      あのくらいの速さで引いてたら、
      会話の上達なんか、
      あきらめたほうがいいんじゃないかしら。
      

Masa:  まあ、あまり過激にならないで――。
      僕も、初心者にはちょっと速いなって感じたけど、
      この教材の一番の特長が、
      その「聴き取れなかった会話が、
         レッスンを進めていくうちに、
              徐々に聴き取れていく

            というところにあるんだから、

      導入部で多少戸惑ったとしても、
      いずれ解るようになるはずだ。

Mika:  うん。そういうふうに考えたほうがいいかもね。
     逆に言えば、
     この教材の醍醐味が
     まともに味わえるってことになるのよ。
     よくある入門者向けの
     甘い配慮をしたゆっくり目の教材と比べて、
     数カ月語の効果は歴然としているはずだもの。

Aya:  ええ、確かに優しすぎる教材じゃないから、
     軽い気持ちで学ぼうとすると、
     きっと跳ね返される確率も高くなると思うんだけど、
     そこを我慢して学習を続けていけば、
     成果は自然にやってくる感じよね。
     繰り返しになってしまうけど、間違いなく
     「あのスピードで学んで良かった」ってときが来るわ。


 <学習時間について>

Ryo:  解った。
     あまり余計な心配はしなくてよさそうだな。
     皆さんには、最初のところで挫折しないように、
     ちょっと気持ちを入れて頑張れって
     アドバイスをしておこう。

     そこで、次の話題なんだが、
     学習時間について触れておきたい。
     毎日30分、週4日、24週(6カ月)
     ということなんだけど、
     延べ時間で言えば、たったの48時間だ。
     これで本当に効果が出るのかって、
     不安になる人もいるだろう。

Naomi:  そりゃあ、眠らないで勉強を続ければ、
      たった2日分の時間だものね。
      
でも、他のことで忙しい人が多いんだから、
      1日30分でいいっていうのは、気持ち的に楽よ。
      1週間のうち4日間だけやれば大丈夫
      っていうのも、すごくいいわ。
      やれない日があってもいいっていうのは、
      とっても助かるものなのよ。
   

Taku: うん。始めてしまえば、その30分の内容の濃さ
     合計48時間なんていうことは忘れてしまうと思う。
     とにかく、カリキュラムを信じて、
     決められた通りの時間をキチッと学習していくのが
     一番効果が出てくる
はずだ。


Masa:  さっき速度の話では、あえて優しくない教材
      みたいなところがあったけど、
      学習時間については、誰でも続けられるように
      キチンと配慮された「優しい教材」なんだと思う。
      決められた時間配分に従ってやっていけば、
      挫折する者は少ないんじゃないのかな。

Aya:  そうね。週4日間の30分学習を
    
自分の生活時間の中に組み入れてしまえば、
    半分成功したようなものじゃないかしら。
    続けていけば、半年後に身に付いた成果

    自分でもビックリするくらいのものが期待できるわ。
    私も、友人の変化に驚いたんだから。


Mika:   ということは、
     目に入ってくる「48時間」という時間の短さに
     不安を持つ必要はない
ってことね。
     毎日コツコツ続けた結果が、
     そういう時間になっていると思えばいいかな。
     
Ryo:  逆に、たった「48時間」で、
     ものすごく進歩したって思う人が多いはずだ。
     そういうカリキュラムの優秀さを自身で感じれば、
     僕が提示した疑問も消えていくだろう。
     あえて不安を口にしてみたんだが、

     僕だって、全く問題ないと考えているからね。


(話し合いはまだまだ続きます。次回のアップをお待ちください)

 





<全員の評価点の平均: 9.08 >




 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
kikuzo!<キクゾー!>


 



英会話情報は → ブログランキングへ
















スポンサーサイト