YouCanSpeak(NEW) -3a

   YouCanSpeak(New)-3a<by―Taku>



   教材内容   インターネット英語スピーキング学習システム
                                         (無料視聴制度あり)

   □価   格    59,800(税込)

   □購       
YouCanSpeak(株式会社BLA)





 こんにちは。
 
YouCanSpeakの詳細をレビューして、
 各人が独自の視点で評価していくこのブログに、
 いつものように3人目として登場しましたTakuです。
 今回も、どうぞよろしくお願いします。



Takuのレビュー>



 RyoAyaの2人が基本的な説明してくれたので、
 僕はこの教材の主な特長」を紹介していきます。


  ちょっと難しい話になりますが、
  そう思われる方は、流し読みでもかまいません。
  理屈を知らなくても、実際の学習効果に差は出ないと
  思います。
  それでも、僕があえてここに書いておくのは、
  キチンとした理論から成り立っている教材
  であることを知っておいたほうが、
  「学習への意欲がより増すはずだ」
  と考えているからです。



 まず初めに、
 
「全発想領域カバー型学習方法」
について
 「目的型アプローチ」と比較して説明します。

 従来からある「英会話学校・教室」や
 通常の「英語教材」のほとんどは、
 目的型アプローチです。

 目的型とは、特定場面で必要な表現
 (例えば買い物の時に必要な表現)
 を学ぶ練習法です。

 もちろん、このアプローチ方法にも
 それなりの価値はあります。
 しかし、はっきり言って弱点があります。
 言ってみれば、
 パッチワーク的な英語に陥り易いのです。

  頭の中にある思いを
  いつでも自由に話せるようになるとは限らないのです。
  覚えた英語が使える状況を
  ひたすら待つことになったりするので、
  うまくその時が来なければ、
  英語を話すチャンスすらないのです。


 生きた会話は、
 内容が次から次へと変化していくものなので、
 パッチワーク的な英語では
 会話についていけなってしまうのです。

 また目的型アプローチでは、
 最終到達地点の明確な定義付けがないので、
 上級英語を終了しても、
 思ったことを何でも自由に言えるようになっている
 とは限らないという不安定さがあるのです。

 その点、この
YouCanSpeakは、
 全発想領域カバー型アプローチです。
 つまり、頭の中に思い浮かぶことは、
 何でも、そして瞬時に
 英語で表現できるようになるためのシステム
 なんです。

 全発想領域カバー型とは、
 英語の発想領域の全てをカバーするための
 最小限の表現要素を、
 頭にインプットすることを意味します。

 それらが頭の中に蓄積されれば、
 あとはそれらの要素の組み合わせ方しだいで、
 あらゆる表現が可能になるのです。

 0から9までの数字さえ知っていれば、
 数字の組み合わせを無数に作り出すことができるのと
 全く同じようなものですね。


 次に、
 英語の全発想領域をカバーする175の要素
 
について説明していきます。


 英語の全ての表現は、
 それが短い文でも非常に長い文章でも、 
 175の要素の組み合わせで成り立っています。

 それら175の要素は、
 
YouCanSpeak2496ものカードの中に、
 適当にちりばめられているのです。

 ただし、食べ物に含まれる栄養素のように、
 各カードに自然に織り込まれているので、
 学習者がそれらを特に意識する必要はありません。

 175要素の内訳は次のようになっています。
 (YouCanSpeak には、文法用語は一切使われていません)

 名詞化の種類: 35 
 副詞化の種類: 13 
 文の種類: 31
 動詞の使い方: 45
 形容詞・副詞・名詞の使い方: 51



 続いて、
 「意味の音声化」の練習
 について説明していきましょう。

 スピーキングの定義は、
 「頭に思い描くことを音声で表現する」ことです。
 「意味の音声化」と言うこともできます。
 もしスピーキングが「意味の音声化」であるなら、
 スピーキングの練習も
 「意味の音声化」でなくてはなりませんね。

 だから
YouCanSpeakは、最初から最後まで、
 「意味の音声化」に徹しているんです。
 そして、最も正確にまた詳細に意味を提供出きるのは
 母国語ですね。
 それで、 この教材の学習プロセスは、
 以下のようになっています。

 日本語による意味の提供 → 瞬時に英語で表現

 このプロセスは、
 「日本語 ⇒ 英語」の同時通訳と全く同じです
 同時通訳者は、
 日本語から英語に翻訳するのではなく、
 日本語によってもたらされた意味(イメージ)を、
 瞬時に英語で再現するのです。

 その結果として、YouCanSpeak を完成させた人は、
 同時通訳者になるための
 基礎能力を身に付けたことにもなります。  

 
 最後に、
 YouCanSpeak がもたらす効果
 について、まとめて説明します。

 
YouCanSpeakは、
 Speakingに特化したシステムですが、
 他の能力すなわち HearingWritingReading にも
 大きな学習効果をもたらせます。

 英語の4つの能力にランキングをつけると、

 Speaking > Writing> Hearing > Reading

 となります。
 (英語の文字が読めて書ける場合)

 これをわかりやすく言うと次のようになります。

   ○Speaking ができれば Writing はできる。
   ○Speaking ができれば Hearing はできる。
   ○Hearing ができれば Reading はできる。


 もっと具体的に説明すると、以下のようになります。

   □Speaking → Writing
      「意味の瞬間的音声化」ができれば、
      「意味の文字化」もできる。

   □Speaking → Hearing
      「意味の瞬間的音声化」ができれば、
          「音声の瞬間的意味化」もできる。

   □Hearing → Reading
      「音声の瞬間的意味化」ができれば、
          「文字の瞬間的意味化」もできる。

 ということになりますね。


 ここまで書いてきたの説明からもわかるように、
 Speaking ができるということは、
 最高の能力を身に付けたことを意味するので、
 英語全体の能力向上につながるのです。

 だから、
YouCanSpeakを習得すれば、
 TOEIC、TOEFL、英検、入試等の成績も
 必然的にアップすることになるわけです。


 以上、
YouCanSpeakの「特長」を
 かなり詳細に記述してきました。
 少し長くなり、
 解りにくい話もも含まれていたと思いますが、、
 この講座の根幹理論なので、
 あまり略さずに書いてみました。

 結論的に言うと、
 この教材で「Speaking」の練習をしっかり行えば、
 英語の学習についてはパーフェクトになる

 と言い切っても良いのではないでしょうか。

 そんな教材について、次回のアップ時に、
 僕の実体験に基づいた評価と
 「僕の評価点」を提出したいと思います。
 (悩みましたが、ほぼまとまってきました)





     ※早く講座の中身を全部知りたい人は、
      こちらからどうぞ
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ