YouCanSpeak(NEW) -8b


   YouCanSpeak(New)-8a010104woman09st-trans.png  


     <discussion meeting 4>



   教材内容   インターネット英語スピーキング学習システム
                                         無料視聴制度あり)

   □価   格    59,800(税込)

   □購       
YouCanSpeak(株式会社BLA)







  (座談会のつづき、4回目です)


 <全発想領域カバー型アプローチについて>


Naomi:  うーん。
      話にでた
全発想領域カバー型アプローチって、
      この教材のかなり重要な特長なんだけれど、
      言葉から受ける印象が、
      ちょっと小難しく感じるわね。

Masa:  まあ、字面から受ける感じはそうかもしれないけど、
      決して難しい話なんかじゃないんだと思う。
      これまでの学習方法が、
      単に目的型アプローチってものになっていて、
      ある特定場面だけに使える会話例
      多かったんだけど、
      この
全発想領域カバー型アプローチは、
      どのような場面でも、
            あらゆる表現が可能になる学習法って
             ことだけなんだから。

Aya:  そういうことよね。
     すごーく応用力のある学び方のシステムだと思うわ。
     説明の文章は少し難しいかもしれないけど、
     この方法で勉強すれば、
     どんなところでも、どんなときでも
     自然に英語が自分の口から出てくるようになるって
     理解しておけばいいんじゃないかしら。


Mika:  「0から9までの数字を知っていれば、
     無数の数字の組み合わせをすることができる」って
     書いてあったけれど、
     たとえとすれば、あれが一番解りやすいかな。
     ええ、基本をしっかりやっておけば応用が利く
     ということなんだろうけれど。


Ryo:  そこで重要なのは
          「最小限の表現要素というところだろうね。
      要するに、その基本っていうのが膨大な量だったら、
     みんな嫌になってしまうが、
     このプログラムなら、
     頭にインプットする量は最小限で済む
     という点は、もっと強調されてもいいくらいだと思ってる。     


Taku:  うん、そういうところはもっと知ってもらいたいね。
      とにかくこの教材で真面目にレッスンしていけば、
      自然にそういう要素が脳内にインプットされていき、
      いつも間にか、その場に合った、英語が口から出る
            ようになるってことなんだから。
      まあ、それを信じて続けるしかないけどね。




 <学習時間について>

Masa:  ところで、ちょっと気になっていたんだけど、
     みんな学習時間のほうは、どうなのかな? 
     各自規定通りにやってたりするのかな?

Aya:  私なんか、全然遅いわよ。
     104日で終了なんて書いてあったけど、
     最低でも1年はかかりそうだもの。
     いい点でクリアーしていくなら、
     もっとかかるんじゃないかしら。

Taku:  僕は、それでいいんだと思うけど。
      普通に始めた人には、とりあえず1年が目安
     
じゃないかな。
      進捗レベルが表示されたり
      級の認定書が与えられたりするから、
      それを励みにしてやっていれば、いつか終わるからね。

Mika:  そうなのよ。私も、あせることは絶対にないって思うわ。
      104日は、すごーくテンポ良く、
           
YouCanSpeakばかりやっていられる
            環境にある人だけが、
       到達できるペースだと考えたほうがいいわね。

Ryo:  うん。本当にあせりは厳禁だってことだな。
     自分でお金を出した教材だから、
     早く終わらせる必要なんかないんだからね。
     何度も繰り返して、やったほうがいいよ。

Naomi: その言い方、なんか、
      「そのほうが元が取れる」って、聞こえるわね。

Masa:  僕も、そう思ってるよ。
            どんどん進んで、ひと通りプログラムを終わらせて、
       認定書をもらうのもいいだろうが、
            教材の中の英語のフレーズを、
          全部暗記してしまうくらいやれば、

            すごく自信がつくと思うな。

Aya:   うーん、もちろんすべてを暗記するのは無理だけど、
     私のように同じところを行ったり来たりしている人は、
          自然に暗記しちゃってるわね。

Taku:  暗記というよりも、
           いつの間にか英語が自分の中に入り込んで、
           身に付いたということなんだと思うよ。
      そういう状態になってこそ、
           「英語の瞬発力」が発揮できるようになるんだ。

 <まとめ>

Mika:  話が最初のところに戻ったけど、
           でも
Takuの言う通りよね。あまり時間は
       気にせずに進めて、
           気がついたら「瞬発力」が身に付いている
     ってところが
       この教材の魅力だもの。

Ryo:  そうだな。
          とにかく、
    余計なことは考えずに始めても
大丈夫な教材
     だからね。
      僕たちの書いた「レビュー」の難しいところなんか知らなくても、
     英会話能力は自然に上達していくはずだから…。

Naomi: 私も、ちょっと思ったんだけど、
             あの
「レビューの説明文」をじっくり読んで、
      嫌になってしまう人もいるんじゃないかって。

Taku:   そんな心配してたの。
            でもさ、誰もある程度のお金を出して買うんだから、
       それ相応の内容は知っておきたい
      と考えるんじゃないの。

Masa:  まあ、読んでくれるかどうかは別にして、
      僕も必要だと思ってる。
            重要なのは、読まなくっても、
          ゲーム感覚で進んでいけば

            ちゃんと英会話が身に付くってことだよ。

Mika:  そういうことなのよね。
           とにかく、私たちが自信を持って、
           丁寧に紹介した教材だから、
     皆さんが使って、その効果が拡がってくれたら嬉しいわ。

Ryo:  そういう方向になるためにやっているのが、
      このブログだからね。
      ひとりでも多くの人が
     僕たちと同じ経験を共有できたらいいと思うね。
           それをすごく期待するよ。




    といったところで、今回の「座談会」は終了とします。
    今後も、このような話し合いを続けていきますので、
         どうぞご期待ください。



  (無料のお試し版をやってみたい方はこちらからどうぞ)
  
 →YouCanSpeak














スポンサーサイト