イングリッシュアドベンチャー(初級) 家出のドリッピー(NEW) -4a


  
イングリッシュアドベンチャー(初級)

  家出のドリッピー
(New)- <by―Naomi>






   教材内容       CD教材+テキスト
                  

   □価   格       
4,500円(送料・税込)×11
               
   (最初の月は無料) 
                   (一括払いは割引あり)

                         
   
□購            アカデミー出版





 相変わらず4番目の評価者として登場する、
 Naomiです。
 今回も、よろしく。

 


<Naomiのレビュー>



 いよいよイングリッシュアドベンチャー
 レビューと評価です。
 かなり以前に学習したことのある
 
家出のドリッピーなんですが、
 評価するにあたり、
 今回、もう一度、ひと通りやってみました。
 私なりの、概要説明と感想を述べてみます。

 
 この教材は、CDを使った英語のストーリーの朗読です。
 ほかの同様な教材と違う点は、
 朗読の背景に流れてくる「効果音」や「BGM」が
 かなり優れていることです。
 もちろん、超一流の声優を使っていますから、
 ストーリーに没頭できるかどうかという比較では、
 頭ひとつ以上抜き出ている、と私は思っています。

 そのあたりは、すごくいい、と確信を持って言えますが、
 あくまで、初心者・初級者用の教材です。
 使用されている単語も非常に少なくなっていますね。
 ストーリーの長さも短くなっていて、
 容易に全体が把握できるくらいの長さです。

 初心者には、
 無理のない適度な長さかもしれませんが、
 少しでもこういう教材をやったことのある人には、
 結果として、不満足になる可能性がありますね。

 このストーリーの短さという、一種の制約が、
 もしかしたら、シドニィ・シェルダンが書いた割には
 面白さがいまいちである
 という人がいることは否めません。

 私は、それなりに面白く学習できたのですが、
 初心者用という、
 語数も少なく、やさしい内容でという制限内で
 書かれたことを考えると、
 多少、作品の出来に、
シドニィ・シェルダン自体に、
 
甘くなっていることもあるでしょうね。

 日本人だけに有名な作家
シドニィ・シェルダンなどと
 いろいろ言われていることは知っていますが、
 それでも、ストーリーの面白さなら抜群である、
 というところはきちんと認めていいと思っています。

 まあ、滅茶苦茶といえば滅茶苦茶な
 マンガ的ストーリーであることも事実ですが、
 馬鹿にして聴いていた人でも、
 ストーリーが終盤にさしかかったところで、
 感動して涙を流したりしているのを見ています。
 そういう点では、
 絶対に、入り込める作品であり教材です。


 
そこで、効率的な学習方法を考えてみましょう。

 最初は、とにかくCDを聴き
 ストーリーを頭の中に染み込ませます
 繰り返し聴いていけば、
 たとえ初心者だとしても、
 そのうちに物語の内容は理解できてきます
 それを信じて聴くことを繰り返してください

 次のステップは、テキストによる学習です。
 理解できなかった単語やセンテンスを確認します。
 十分に確かめたら、もう一度CDを聴いてみましょう
 テキストを確かめる前より、一段と理解が進んで、
 ストーリーがよりスムースに頭に入ってくるはずです。
 
 もちろん、学習の中で、
 文法的にわからないところがあったら、
 別冊の
Notes」でしっかり学習します。
 あまり文法にこだわらなくてもいいと思いますが、
 学校のテストの点を上げるために取り組む人は、
 ストーリーがすっかり把握できたところで、
 この「
Notes」で学べば、
 試験成績も確実に上がってくるでしょうね。


 テストの話が出たので、
 次にこの教材使用の適格者について考えてみます。
 というのも、これまでに漠然と
 「初心者・初級者用」と書いてきましたが、
 どの程度の人に一番合っているのでしょうか?
 中学生でしょうか? 高校生でしょうか?

 これも一概には決めつけることができません。
 一人ひとりの英語能力もありますし、
 これまでの経験によっても違いますからね。
 とにかく、中学生でも高校生でも、
 英語にまだ慣れていないと自覚する人
 それだけで適格者だと思っていいでしょう。

 別の見方で、TOEICの何点ぐらいを目指す人が
 使うべき教材か、という見方もあると思います。
 満点495点リスニング問題に絞ってみると、
 この教材はしゃべるスピードがゆっくりなので、
 簡単には高得点は望めないと思います。

 それでも、聴き続けて、リスニングに慣れてくると、
 徐々に成果を発揮できるようになるはずです。
 私は、350点を目指す人用なのかな、
 と思っているのですが、
 これだけで400点近くまでいった人を知っています。
 
 ゆっくり目だけれど、確実にリスニングをこなしていく
 というようなこの学習教材の特長を理解して、
 じっくり取り組んでいけば、
 そのあたりを目標にしても大丈夫でしょう。

 とにかく、こういった教材に興味を持つことは、
 英語を学習していこうという意志がある人には必要です。

 なまけぐせがあって、すぐに放り出してしまうような人でも
 この教材なら、なんとかやり遂げられるでしょう

 とりあえず、
第1回目の教材は無料ですから
 勇気を持って、試してみることをオススメします。

 といったところで、次回は「私の評価点を出さねばなりません
 これが結構難しいんです……。



 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
イングリッシュアドベンチャー

 






英会話情報は → ブログランキングへ












コメント
イングリッシュ・アドベンチャーって初級者向けの教材だったんですね。詳しく書いてあって、とても参考になりました!
2013/05/11(土) 16:30 | URL | 星沢希 #-[ 編集]

 コメント、ありがとうございます。

 今後とも、よろしくお願いします。
2013/05/11(土) 21:54 | URL | Naomi #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/153-f4148d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)