YouCanSpeak(NEW) -7b


   YouCanSpeak(New)-7b010101man50-trans.png  


    
<discussion meeting 2>



   教材内容   インターネット英語スピーキング学習システム
                                         (無料視聴制度あり)

   □価   格    59,800(税込)

   □購       
YouCanSpeak(株式会社BLA)







  (前回の続きを掲載します)


 <英語力・瞬発力・継続力について>


Taku:  それで、もっと中身の話に入るんだけど、
      この教材の最大の特長は、
     
相手に伝わる英語力」と「瞬発力」に尽きると思うんだ。
      とにかく、
             その場で直接相手に英語で伝える力絶対につくね。


Ryo:   そうなんだ。
      自分が言いたいことが、
     瞬間的に口から出てきたときの喜びって、
     マジで本当にすごかった。
     レッスンを始めて良かったって思ったな。
     まあ、自分に対する驚きでもあったけどね。

Mika:  私も経験があるわ。
           同じようなシチュエーションで、
     
YouCanSpeakをやる前とやったあとの、
     自分の口から出る言葉の差に驚いてしまったわよ。
     確かに、やって良かったと思う瞬間があったわ。


Aya:  本当にそうなのよね。
          私はまだ、自分に驚くところまでは行っていないけど、
     だんだん言いたいことが、
          ダイレクトに英語で口から出てくるようになってきて、
     レッスンが身に付いていることが判る時があったのを覚えてる。
     以前の私は、
     まず日本語を思い浮かべて、そこから英語に替えて、
     一呼吸おいてから口から出していたんだから、
     このプログラムの効果はすごく実感しているわ。

Masa:  そういったところを実感できるかどうかで、
      この教材の評価はかなり変わってくると思うんだ。
      まず無料の「お試し版」をやってみて、
      続けられそうな気がしたり、
      続けられる自信を持ったような人は、
      絶対に始めるべきだと思う。
      まあ、仮にあいまいな気分のまま始めたとしても
      おそらく損はしない教材だとは思うけどね。

Naomi:  確かに、ほとんどの人が損はしないわね。
      そこは私も太鼓判が押せるわよ。
       それに、レッスンを続けられるかどうかということなら、
              この教材の右に出るものはないんじゃないかしら。
      継続できるプログラムって、
      すごく大事
なところだと思うわ。



<日本語情報提供について>


Taku:   うん。そこのところは僕も全面的に認めるよ。
      だけどね……、教材に取りかかった者にとって、
      少しでも英語脳のような状態になっていく目標があるのに、
      あんなふうに日本語を間に入れたりしても、
      英語のフレーズをキチンと声として出せるようになるのか
      ということについては、やや疑問が残っているんだ。

Mika:  それって、日本語での情報提供のことを言っているわけね?
     このプログラムは日本語を排除しているわけじゃなくて、
     日本語のサポートがあるんだけど、
     それがかえって邪魔だって言いたいの?
     ないほうが英語が口から出てくるって言いたいの?
    
Taku:  うん。簡単に言うと、そういうことなんだ。
     僕はまだ、どうしても日本語による思考が入ってしまう。
     それでいろいろ考えてみたんだけど、
     情報として日本語が示されなければ、
     もっと英語脳に近づくことができるような気がしたんだな。

Ryo:   うーん。そのあたりはかなり難しい問題だと思う。
      少なくとも、英会話を学び始めたばかりの人にとっては、
     絶対にあの日本語の情報は必要だよ。
     確かに、ある程度英語脳ができてきている人には、
     むしろ邪魔なものかもしれないが。

Aya:  ええ、日本語はあったほうが良いと思うわ。
     私、さっき偉そうに「ダイレクトに英語が口から出る」
     なんて言ってしまったけど、
     それはホントに簡単な会話のところだけなのよね。
     だから、日本語での情報提供は、
     いまのところ、私には絶対に必要なんだもの。

Naomi:  まあ、そういうことなのよね。
      誰にでも合うシステムなんて、ありっこないのよ。
      やる人個人の必要性に合わせていくしかないと思うわ。
      レッスンを進めていって、実力が付いてくれば、
      そのうちに日本語が不必要になってくるはずだもの。

Masa:  えーとね、この件について、
      僕はまた、少し違う考え方を持っているんだ。
      日本語が必要かどうかではなくて、
       日本語を同時通訳する感じで、
            課題をすすめればいいと思ってる。
      通訳的なレッスンとしてはこれ以上の教材はない
      って思えるほどすごく良い教材に見えてくるはずだよ。

Mika:  ええ、そう言う考え方もあるわけよ。
     私も同じようなことを考えていたわ。
           たぶん、
           このプログラムの目的もそこにあるんじゃないのかな。
     日本語を聴いても、
     日本語で考えずに、
     ダイレクトに英語を口にすることに
     重点を置いて作られた教材なんだからね。
     そういうことを頭に置いてレッスンを続ければ、
     効果は向こうからやって来るわ。

Ryo:   というように、リーダーがうまくまとめてくれたところで、
           この日本語情報提供の是非についての議論は
     とりあえずこのへんで終わりにしたいと思う。
     このまま進むと、どんどん長くなってしまいそうだからね。

     でも、まだ話したりない顔をしている者も多いから、
     一応、次の話題に移ってはいくんだけど、
     また関連でこの話も出てきたりしたら、
     そのときは、さらに議論を深めることにするよ。


   (座談会はまだまだ続きます。次回のアップをご期待ください)



   (無料のお試し版は、こちらからどうぞYouCanSpeak








コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/193-0a23f8b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)