YouCanSpeak(NEW) -8a


   YouCanSpeak(New)-8a010104woman35-trans.png  



   教材内容   インターネット英語スピーキング学習システム
                                         無料視聴制度あり)

   □価   格    59,800(税込)

   □購       
YouCanSpeak(株式会社BLA)






  (座談会のつづき、3回目です)


 <4段階の学習方法について>


Ryo:  では、さらに話し合いを続けていこうかな。
     僕のほうから先に口火を切らせてもらうけど、
     この
YouCanSpeak
    システムの特長
を 最も良くよく表しているものが、

     「基本」「変化」「代入」「合成」
     という
     4段階の学習方法だと思うんだが…。


Masa:  うん。その通りと言っていいだろうね。
      4つのフレーズ繰り返し
            言葉として口に出しているうちに、
            言いたいことが英語で言えるようになってくる
     
のは、
      このシステムのおかげなんだ。
            この教材の骨子となっていると思う。
     
Aya:  やっぱり一番ポイントになる部分だわね。
     この教材を始めたばかりの頃のことなんだけど、
     最初に日本語だけを聴いたとき、
     私なんかには
     「絶対に言えないだろうな」って思ってた
      ちょっとだけ複雑な英語のフレーズが、
     「代入」を経て、
     最後の「合成」までいったあたりで、
      自然に英語を口にしているのを実感したときは、
     ホント感激だった。
     私…、昨日のことのように覚えているもの。


Naomi:
そうだったわね。
     Aya
は、この講座を始めてから、
             周りでも判るほど、
      どんどん上達していったんだけど、
      誰よりも、
      この代入方式がピッタリはまったってことなんだわ。
      その結果として、
      人前で英語を普通に喋ることができる
     
ようになったものね。
             あのときの変化はすごかったわ。
      私なんか、結構ビックリしてたのよ。

Taku:  うん。僕も、あの場にずっと居合わせていたから、
      かなり驚いたのをよく覚えている。
      あの経験からも、よく解ったんだが、
      この教材のやり方っていうか方向性は、
      初心者に英語に対する積極性を養ってくれるよね。
      それも
4段階の学習方法のおかげなんだろうな。




 <教材の持つ力について>


Mika:  ええ、私もそういう感想を持ったわ。
     思ったことが英語で言えるようになったら、
     おとなしい人でも見違えたように、
     大勢の前でも喋るようになったりするわね。
     Naomiが書いてたけど、決して誇張ではなく、
     人生や生き方まで変える力があるのかも…。

Masa:  ちょっと待って。それは言い過ぎだよ。
      あの「評価のレビュー」のところの表現は、
      いくら「大げさに言うと」って断りを入れても
      少し筆が滑り過ぎだったんじゃないのかな。

Naomi:  そんなことないわ。
      私は自信を持って書いたのよ。
              みんなの前で、多くの人がいる前で、
      自然に英語が口から出るようになれば
              絶対に人生が変わる
はずだって、
       いまでも固く信じているわ。

Aya:  その通りだと思うわ。
     だって、私がそのひとつの見本なんだもの。
     それまで、別に英語でしゃべるわけじゃない
     こういう話し合いの場でもあまり声は出せなかったけど、
     いまはこんなに発言しているからね。
     決して、英語の環境の中だけじゃなくて、
      私自身の生活態度が変わってきたわ。
          これは、事実を言っているのよ。

Masa:  解った。よく解ったよ。
      まあ、Ayaを見ていると、僕もそういう点は認めるさ。
      うん、英語が自然に自分の口から出てくれば、
      他のところでも自信を持った態度ができるようになって、
      その効果が生活全般に及んでいく、
      というふうな意味合いだったら、僕も認めるよ。


Ryo:   そう考えると、
     やはり多くの人にすすめたくなる教材だな。
           ゲーム感覚で進められるのに、
           いつの間にか自信も植え付けてしまうなんて,
           考えてみれば、
     本当にすごいプログラムじゃないか。

Mika:  私も英語を話すことに
     かなり自信は持てるようになったわね。
     ある程度講座が進んでから、海外に行ってみたんだけど、
     ネイティブだけに囲まれた場面でも、
     以前のように、臆するところがなくなったもの。
     会話自体をとても楽しめるようになったわ。
     ええ、かなり以前の体験なんだけどね…。

Taku:  確かに、自分で自信を持って英語を喋る、
      という一点に的を絞って比べてみると、
      これまで出会った教材の中では、
      一番できがいいと思うよ。
            本当に「You can speak」って言えるんだよね。

Naomi:  まーね。すべてのこういう教材をやったわけじゃないけど、
      確かに、口から英語が出てくるって点では、
      そう言ってしまってもいいのかもね。
      ええ、スピーキングに関しては、確実に他のものよりいいわ。
      続けていけば、だんだんと、そして自然に、
      英語のフレーズが自分の声として出てくるはずだから。

Ryo:  という話に進んでいくと、このへんで
          全発想領域カバー型」アプローチについて
      触れないわけにはいかないだろうね。
     次の話題はそっちのほうにいってみようか…。







   (座談会はもう少し続きます。次回のアップをご期待ください)

   (無料のお試し版をやってみたい方はこちらからどうぞ)
  
 →YouCanSpeak







コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/194-b7968081
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)