スピードラーニング(NEW) -1a


   
スピードラーニング(New)-1a
  
 <by―Ryo>



   教材内容    CD教材+テキスト(無料試聴用CDあり)

   □価   格     9,400円(送料無料・税別)×1回
                         
+ 2ヵ月目以降
                           
4,300円(送料込・税別)

   □購       
株式会社 エスプリライン




 今回取り上げる教材は、あのスピードラーニングです。

 いつも通り、最初の評価者として登場したRyoと申します。
 いま一番有名な教材なので、少し緊張しますが、
 これまで通り、よろしくお願いします。

 この教材は、知名度という点では本当にメジャーですね。
 特に、あの石川遼君がCMキャラクターになってから、
 目にすることがさらに多くなった気がします。



<Ryoのレビュー>


 登場するのが一番手なので
 僕のレビューはどうしても
 教材の基本的なことがらを説明することになります。

 まず初めに、プログラムの構成についてですが、
 この
スピードラーニングという教材は、
 かたちとしては最もポピュラーな
 「CD+書籍(スクリプトブック)」のセットになっていて、
 最初に2カ月分(第1巻、第2巻)が送られてきます。

 もちろん、試聴用の無料CDもついてきますね。
 自分に合わないと思ったら、これだけを手元に置いて
 あとは返品することができるんです。
 たとえ始めても、途中で解約することもできますよ。
 (再開もできます)
 さらに、体験談DVDというものも同梱されています。


 教材は全部で48巻の構成になっているんですが、
 受講する人、各自の状況によって学習していけばいいので、
 最初から「すべてやろう」
 などと考えないほうがいいのかもしれません。

 僕が初めてこの教材を購入したときは、
 16巻までの「一括セット」というのがあったので、
 「とにかく、それだけでもこなしてみよう」
 と考えて始めましたね。
 
 その16巻までの内容を紹介しておきます。

 1.日常英会話
 2.旅行の英会話
 3.オフィスでの英会話
 4.文化の違い
 5.家族、友達との会話
 6.フレンドシップ
 7.日本を説明する
 8.パーティー
 9.日本発見
 10.アメリカへようこそ
 11.人々の役割
 12.ニューヨーク、ニューヨーク
 13.教育
 14.レストランでディナー
 15.困った時の英会話

 16.ショッピング

 こういったタイトルが並んでいるんです。
 まだまだいろいろあるのですが、
 ここではこの程度にしておきます。


 ところで、この
スピードラーニングは、
 なんといっても

 「ただ聞き流すだけで、英話が話せるようになる」

 というプログラムで有名になった英会話教材ですね。

 この魅力的なキャッチフレーズは、
 果たしてどんな教育メソッドから生じたものでしょう。
 これから一緒に、その解明をしていきましょう。

 これまで学校等で、
 長い間、ずっと英語の学習を続けてきたのに、
 「英会話はできない」と思っている人が多いようです。

 とにかく、英会話や外国人には苦手意識があって、
 その気持ちが、
 英語をうまくしゃべることを邪魔しているようです。
 その点、この教材は、
 そういった壁を取り除くための工夫がされています。

 
スピードラーニング最大の特長は、
 一般的に、人間が言葉を習得するパターンである
 「聞く→話す→読む→書く」の自然なプロセスに沿って
 ひたすら「聞く」ことからスタートすることです。

 このことが意味するのは、
 英会話を習得する際には、最初に英語のリズムに慣れ
 「英語特有の音」を
 聞き取れるようになることが、とても大切なことだからです

 これまでの一般的な英語の学習方法は、
 この「英語特有の音」に慣れる前に、
 単語の暗記や文法・和訳などの
 学習ばかりを中心としていました。
 言ってみれば、自然のプロセスに逆らっていたのです。

 さて、「英語を聞く」ことに関してですが、
 英語と日本語では周波数の違いがあります。
 日本語の周波数が最大1500Hzくらいなのに対し、
 英語はその倍以上の周波数なのです。

 だから、慣れていない英語の高周波の音は
 日本人には「雑音」として処理されてしまい、
 その結果、僕たちには英語がうまく聞き取れないのです。

 
スピードラーニングの学習は、
 まず1日5分間から、無理せず聞くところから始めます
 慣れたら、その5分間の聞き流し1日何度も繰り返すのです。
 次第に「もっと聞きたい」という気持ちになってきたらチャンスです。

 そうなったら好きなだけ、CDを聞き続けます。
 通勤・通学時間、車の中、家事をしながらなど、
 ライフスタイルに合わせてCDをかけておくだけです。
 この教材を「聞く習慣」がきちんとできることが、
 英語を早く話し始めることにつながることを信じて……。

 ここで大事なことは、英語の音に慣れないうちに、
 意味のわからない英語を聞いても、
 おそらく長続きはしないということです。

 
スピードラーニングは、
 1センテンスあたり4秒程度の対話形式で、
 どんどんストーリーが進んでいきます。

 英語のあとに日本語が収録されているので、
 ただ聞いているだけで
 英語のストーリーを理解できるようになっています。

 だから
スピードラーニングは、
 いつでもどこでも辞書やテキストなしで、
 英語を聞き流すことができるのです。

 この「」という行為繰り返しで、
 いつしか「英語が話せる」ようになっていることが、
 この教材の目指すところなのです。

 といったところで、
 僕からの説明はこのくらいにしておきましょう。
 次回はこの教材に対する僕の評価です。
 自分の経験をふまえて、
 できるだけ正確な評価をしたいと考えています。
 
 

     ※講座の詳しい説明を知りたい人は、
      こちらからどうぞ
スピードラーニング






英会話情報は → ブログランキングへ










コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/196-3e9a5056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)