30日間英語脳育成プログラム<3A>


   30日間英語脳育成プログラム

   <3A>
   
<by―Taku>


   □教材内容

    
PC教材+テキスト(web視聴あり)

   □価   格

 
    <初級編>

      19,500円
(送料・税込)

        <英語克服完全セット>
       4,997円
(送料・税込)×12回(分割)
                      or
      55,500(送料・税込)(一括)


   
□購  入  先

 
   
株式会社IQ─Strategy





 こんにちは、皆さん。
 
30日間英語脳育成プログラム
 レビューに、今回も
 3人目として登場しました
 Takuです。
 これまでと同様、
 よろしくお願いします。


Takuのレビュー>


 このブログを読んでいられる
 皆さんは、当然、
 英会話初心者の方が
 多いのではないかと思いますが、
 中には、
 これまでいろんな方法で
 英会話の学習
 行ってこられた方も
 いらっしゃるのではないかと
 推察します。

 そこで、
 今回のプログラムですが、
 初心者の皆さんは
 もちろんのこと、
 次のような方に
 特にオススメしています。


 いままでの学習方法では
 あまりうまくいかず、

 絶対に、今度こそ英語を身につけたいと固く誓っている方

 ほかの英会話教材では、自分には効果がないと感じられた方

 正しい英会話上達法を身につけ、飽きずに練習に取り組みたい方

 毎日が忙しくて、継続して学習する時間がないビジネスマンの方

 会社での昇級に、TOEIC点数アップの必要に迫られている方

 特に効率的に英語力を高めたいと思っている方

 映画館やDVDで、洋画を直接英語で聴きとりたい方

 海外旅行で、自由に英語をしゃべって満喫したい方

 文科省の「英語が使える日本人育成構想」での目標達成を目指す教員の方




 といったところですが、
 あなたの目的は
 入っていたでしょうか?

 僕の今回の説明は、
 忙しい方
 どのように取り組んだらいいか
 について、お話しします。


 忙しい方が、
 英会話の学習を
 無理なく続けるためには、
 一日の学習時間が短時間でも良いこと
 と
 移動時間でも、引き続き学習が続けられる
 この2つの条件が、
 必要だと思います。


 その点、この
 
30日間英語脳育成プログラムは、
 まず自宅で15分
 移動時間に15分
 から始められます。

 それでも忙しい方は、
 たとえば
 1日おき
 または
 
1日の分量を半分に
 してでも、
 とにかく始めてみましょう。

 そうなんです。
 規定の日数でやる必要などない
 
のです。
 自分のやりやすい
 ペースを作って、
 時間・日数をかけて
 学習していっても
 問題ありません。

 それでも、
 全プログラム終了時には、
 必ず「英語がわかった!」と
 効果を実感できるはずですから。
 とにかく、
 焦らず最後まで続けることが、
 とても重要です。

 
 それでは、
 「上達へのステップ」を
 書いてみます。


   まずは、パソコンで
   練習法をチェックしましょう。
   ここで、
   「正しい上達ステップ」を学びます。
   基礎が肝心ですからね。

  練習開始です。
   そして、最初の1~2週間は、
   「ナチュラルスピードに慣れることに集中
   します。
   おそらく、最初は
   「速すぎるな
   と感じられる方が多いと思いますが、
   自分でも気づかないうちに、
   自然に耳が慣れていきます
   このことを、
   しっかり覚えておいてください。

  「耳が速さに慣れてきたら」、
   もうしめたものと思っていいでしょう。
   もう、会話が徐々に
   聴き取れているはずです。
   時間が許す限り、
   どんどん聴き続けてください。

  このあと、
   「聴いた順に意味を理解するクセがつく
   ようになります。
   そして、やがて
   「霧が晴れるように」、
   会話が理解できている自分に
   気付くことになると思います。

   このころになると、
   「最初に聴き取れなかったのが不思議
   という感想を持たれるはずです。
   それだけ、
   自分の中に英語脳ができて、
   着実に上達しているのです。

  さらに進んで、
   「音読」や「シャドーイング」の効果が
   出始めれば、
   もう、
   自然に英語が口からあふれ出てきます
   プログラムを信じて、
   着実に学習すれば、
   誰でもここまで到達できるのです



 今回は、僕のレビューにしては、
 わりとあっさり気味に書きました。

 このくらいの感じで書いたほうが、
 皆さんに読んでもらえるのでしょうか?

 だからといって、
 この教材が軽いものだ
 というわけではありません。
 内容は本当にしっかりしています。

 そのあたりのことに触れながら、
 次回のアップ時に
 僕の評価を書いていくつもりです。







コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/216-8473e3aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)