YouCanSpeak<4A>

  YouCanSpeak <4A>
 
 <by―Naomi>



   □教材内容  インターネット
             英語スピーキング
             学習システム

                                        (無料視聴制度あり)

   □価   格    59,800(税込)

   □購       
YouCanSpeak





 こんにちは。
 4人目のNaomiです。
 今回もよろしく。
 私のレビューは、

 YouCanSpeak
 学習方法
やその成果
 できるだけわかりやすく
 説明していくつもりです。



<Naomiのレビュー>


 最初に、
 カードの構成から説明します。

 
YouCanSpeakでは、
 2,496カードがあり、
 それは次のように
 構成されています。

 最小単位
 4枚のカードです。
 Ryoが評価のところで
 紹介していた
 「基本
 「変化
 「代入
 「合成
  の各段階のカードですね。


 1回の学習量は、
 その最小単位(4)×6の
 24カード
になります。
 この1回の学習量
 「と呼んでいます。

 さて、学習のレベル
 1から4まであって、
 レベル1は、
 S(24)×26
 624
カードとなり、
 レベル2
 レベル3

 レベル4
 同じように
 624
カードですから、
 合計
 2,496
のカードと
 なるわけです。


 次は
 秒数設定
 瞬間的反応の練習
 について説明していきます。

 日本語による意味の提供
 を
 英語で表現
 というのが、
 この学習方法の
 最も重要な点
ですが、
 ここで単なる
 翻訳作業にならないために、
 秒数設定
 重要なんです。

 仮に、
 時間がたっぷりあると、
 意味 → 英語ではなく、
 日本語の単語 →
 英語単語への置き換え

 +語順の吟味
 になり、
 意味不在の作業に
 なるので、
 これでは
 スピーキングの練習には
 なりません。

 
YouCanSpeakには、
 7秒
 5秒
 3秒
 1秒の4種類の
 秒数設定
があります。
 これはAyaなどが
 これまでも説明してきましたね。
 そこで、
 なぜこれらの秒数が
 設定されているのか

 ということについてですが、
 この秒数は、
 日本語で意味が提供
 
されてから、
 それを
 英語で言い始めるまでの
 反応時間
 意味するんです。

 さらに付け加えると、
 この時間には
 意味を捕らえるための秒数と、
 英語を言い終えるための秒数
 が加算されるので、
 合計秒数は、
 カードにより異なることも
 覚えておいてください。

 ちなみに、
 1秒で反応する人は、
 同時通訳者レベル
 ということです。


 次に反復練習についての
 説明です。

 S(24枚カード)
 各カードを
 指定秒数内で言う練習
 するのが、
 
YouCanSpeak
 
最も特徴的な学習方法
 ですが、
 もちろん、
 言えなかったり、
 言い間違ったり、
 時間切れになったり
 することも、
 最初は多くある
 と思います。

 ところがこんな場合、
 カードは、
 何度でも
 再登場する仕組み

 になっているので、
 苦手なカードほど
 多くの時間を費やす

 ことになるんです。
 だから、できなくて
 練習を繰り返している
 うちに、
 かえって
 全カードをスラスラ言える
 
ようになったり
 するわけです。


 つづいて
 クリアーについて
 説明します。

 
YouCanSpeak では、
 Sの24枚カードの中で、
 80%
 
すなわち20枚
 指定秒数内に
 正しく言えれば、
 パスできるように
 なっています。
 パスすると
 学習成果表
 赤色
になります。

 ところが、あなたが
 より完璧を求めて、
 100%クリアーするまで
 挑戦することも
 できるんです。
 100%クリアーだと、
 学習成果表
 グリーン
になります。


 次に習得状況の確認
 ついてです。

 S(24枚カード)
 やっている時に、
 同じ画面上で
 リアルタイムに、
 習得具合
 自分の目で確認することが
 できるんです。

 言えたカード
 言えなかったカード
 まだやっていないカード

 がグラフでわかるように
 なっているから
 とてもわかりやすいですね。

 それだけでなく、
 いまあなたが
 挑戦しているカード
 レベル
 番号
 設定秒数
 Warm Up
 
をしているのか
 Challenge
 をやっているのかも、
 本当に
 ひと目でわかるんです。


 さて、つづいて
 学習成果表 についてです。

 それぞれの
 Sの学習成果
は、
 学習成果表
 いつでも確認できる
 ことになっています。

 グレー
 まだ挑戦していない

 赤は80%クリアー
 グリーンは100% クリアー

 色で学習成果が
 一目でわかる
ように
 なっています。
 赤枠
 グリーン
に変えるための
 チャレンジも、
 ワンクリックで簡単に
 できてしまいます。


 最後に、
 級認定書

 修了証書についてです。

 
YouCanSpeak
 スピーキング力を
 付けた人達
には、
 YouCanSpeak 級の認定書
 が発給されます。

 そして、
 Level 4
3秒 全てを
 80%クリアー
した
 時点で、
 YouCanSpeak終了証書
 が発給されます。

 もちろん、
 この
修了証書をもらった
 後でも、
 その上の3つの級に
 チャレンジすることが
 できますよ。

 YouCanSpeak 級の
 認定書
について、
 詳細を書くと
 次のようになります。

 Level 1
 5秒全てを80%クリアー
 → YCS 5級
 5秒全てを100%クリアー
 → YCS 5級 A
 3秒全てを80%クリアー
 → YCS 4級
 3秒全てを100%クリアー
 → YCS 4級 A
 1秒全てを80%クリアー
 → YCS 4級 Super
 1秒全てを100%クリアー
 → YCS 4級 Super A

 Level 2
 3秒全てを80%クリアー
 → YCS 3級
 3秒全てを100%クリアー
 → YCS 3級 A
 1秒全てを80%クリアー
 → YCS 3級 Super
 1秒全てを100%クリアー
 → YCS 3級 Super A

 Level 3
 3秒全てを80%クリアー
 → YCS 2級
 3秒全てを100%クリアー
 → YCS 2級 A
 1秒全てを80%クリアー
 → YCS 2級 Super
 1秒全てを100%クリアー
 → YCS 2級 Super A

 Level 4
 3秒全てを80%クリアー
 → YCS 1級
   + YCS修了証書
 3秒全てを100%クリアー
 → YCS 1級 A
 1秒全てを80%クリアー
 → YCS 1級 Super
 1秒全てを100%クリアー
 → YCS 1級 Super A


 ということで、
 あとはおまけのような話
 なんですが、
 個人データ認定級
 ついてです。

 
YouCanSpeak では
 学習の記録を
 保存しているので、
 いままでの
 学習記録
 
学習時間
   学習日数

    努力ポイント等)を
 いつでも確認することが
 できるんです。

 また、学習において
 取得した認定級は、
 PDF形式でいつでも
 ダウンロードすることが
 できます。

 
 ということで、
 説明が随分長くなって
 しまいましたが、
 本当に
 お疲れさまでした。
 きちんと理解して
 いただけたでしょうか?

 さて、次回は
 私の評価ということに
 なります。
 できるだけ冷静に
 点数をつけるつもりですが、
 いろんな思いが
 頭の中を駆け巡って、
 かなり難しいことに
 なっているようです。




 
※ 早く講座の中身を
  全部知りたい人は、
  こちらからどうぞ
   
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ









コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/250-9fda5889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)