YouCanSpeak<5A>


 YouCanSpeak
 <5A>
 
<by―Masa>



   教材内容  インターネット
             英語スピーキング
             学習システム

                                        (無料視聴制度あり)

   □価   格    59,800(税込)

   □購       
YouCanSpeak







 皆さん、こんにちは。
 
YouCanSpeak
 レビューも
 やっと僕の番が
 回ってきました。
 Masaです。

 今回も頑張りますので、
 よろしくお願いします。



Masaのレビュー>



 このレビューでの
 僕の受け持ちパートは、
 
YouCanSpeakという教材の
 構成の中で、
 最も特徴的なところである
 代入についての
 さらに詳しい説明です。


 
代入で、
 
言いたいことを
 英語で言えるようになる

 というところの中身を
 じっくり探っていくつもりです。

 まず、

 This is a table.
 (これはテーブルです)

 という英語のフレーズと、

 This is the house my father built.
 (これは父が建てた家です)

 という英語のフレーズを
 較べてみましょう。

 コミュニケーションの
 価値が高いのは
 どちらでしょうか?
 もちろん、あとのほうに
 決まっていますね。


 テーブルを指しながら、
 This is a table.
 と人に言う
 必要はありませんよね。
 誰が見てもわかるからです。

 ところが、
 This is the house my father built.
 というフレーズは、
 表現しなければ
 伝達されない内容

 なんです。

 つまり、
 意味がある会話とは、
 コミュニケーションの価値が
 高い内容を伝えること

 なんです。
 
 当たり前のことですが、
 This is a table.
 という簡単な英語も
 言えない人が、
 This is the house my father built.
 と言えるはずが
 ないんです。
 あとのほうが、
 より複雑な表現だから
 当然ですね。


 だからこそ、
 スピーキングを
 基礎からやる必要の
 ある人が、
 どの時点から
 意味ある会話
 できるようになるのかが、
 本当に重要な課題
 となるのです。

 こういった問題を
 解決するのが、
 
YouCanSpeakです。
 この教材は、
 最初から
 どちらの英語も自由に
 口に出る
ように、
 かなりうまく
 仕組まれている
のです。


 次に英語の構造について、
 考えてみましょう。

 英語の構造なんて、
 とても単純なものなんです。

 名詞
 動詞
 副詞
 前置詞
 組み合わせです。

 英語の基本構造は、
 
名詞動詞(+名詞
 なんですね。

 これのバリエーションが、
 
名詞動詞(+名詞)+副詞
 となります。

 副詞は、
 動詞 に説明を加える言

 ですが、

 slowly のように
 単語そのものが副詞
 
の場合と、

 on the table のように
 前置詞+名詞という形の

 2種類があるので、

 次のような
 バリエーションの場合も
 ありますね。
 
名詞動詞(+名詞)+前置詞名詞

 つまり英語は、
 
名詞動詞副詞
 の3大要素から
 成り立っているわけです。

 これを図式化すると、
 次のようになります。

 
名詞動詞(+名詞)+(副詞or前置詞名詞)

 この英語構造の中で、
 名詞
副詞は、
 別の名詞あるいは副詞と
 入れ替えることができます


 次は代入の発想
 ついてです。

 上に記した図式の
 名詞副詞のところに、
 別の名詞あるいは
 副詞
 代入させるのが。
 
YouCanSpeak
 最大の特徴です。

 この代入方式により、
 ありとあらゆる英語が
 簡単に言えるようになる
 わけです。

 別の名詞     別の名詞
  ↓          ↓
 名詞動詞」(+名詞)+(副詞or前置詞名詞)
―――――――――――― ↑          ↑
                   別の副詞     別の名詞
 
 

 続いて
 名詞化・副詞化による
 代入方式
について
 説明します。

 次の2つの英語表現
 のうち、
 どちらがやさしいでしょうか?

 (1) My father built the house.
    
(父がその家を建てました。)
 (2) the house my father built 
    
(父が建てた家)

 従来の英語の学習では、
 (2)のほうが
 高度で難しいと
 思われています。

 なぜなら、
 そこには省略されては
 いるものの
 関係代名詞
があり、
 また先行詞はどれか
 というような話が
 出てくるからです。

 けれども、
 英語でも日本語でも、
 意味そのものは
 どちらもやさしく、
 子供でも
 どちらかが言えて
 どちらかが言えない
 ということは
 あり得ないのでは
 ないでしょうか。

 意味がやさしければ
 英語はやさしい

 
YouCanSpeak鉄則です。

 では、これらの
 やさしい2つの表現の違いは
 一体何でしょうか?
 その答は、
 (1)は文章で、
 (2)は(1)が名詞化されたもの
 ということです。

 名詞化された表現は、
 それ全体が名詞なので、
 他の文章の名詞と
 置き換えることができる
 
のです。

 例えば
 This is a table.
 
(これはテーブルです)
 という文章の
  a table は名詞ですね。

 それで
 a table

 the house my father built
 
に置き換え、
 This is the house my father built.
 (これは父が建てた家です)
 という文章を
 作りだすことができます。

 これと同じように、
 どんな英文でも
 副詞化することができ、
 他の文の副詞部分
 代入することができます。

 
YouCanSpeakでは、
 4つのカード(表現)
 セットで学ぶことにより、
 最初から
 コミュニケーション価値が
 高く
て、
 それなのに、
 複雑で難しいと
 誤解されている英語

 言えるようになります。
 
 これら4つの表現には、
 それぞれ以下のような
 名前がつけられています。
 (Ryoの評価のところの
  おさらいだと思ってください)

 (例1)
 基本:  My father built the house.
 (=基本となる英文)
 変化:  the house my father built
 
(=基本英文を名詞化した表現)
 代入:  This is a table.
 
(=変化表現の代入先となる英文)
 合成:  This is the house my father built.
 (=変化表現を代入文に代入した英文)

 (例2)
 基本:  We study English.
 (
私達は英語を勉強します。)
 変化:  to study English
 
(英語を勉強するために) (副詞化)
 代入:  Ryo went to America last year.
      (Ryoは去年アメリカへ行きました。)
 合成:  Ryo went to America to study English.
      (Ryoは英語を勉強するために
       アメリカへ行きました。)


 といったところで、
 僕の説明は終了します。
 かなり長い文章に
 なってしまって
 読み進めるだけでも
 大変だったのでは
 ないでしょうか。
 いっぱい書いてすみません。
 本当にお疲れさまでした。

 次回は、
 僕の評価を提示することに
 なりますが、
 今回の説明が長かった分、
 できるだけ
 シンプルに書こうと
 思っています。





※ 早く講座の中身を
  全部知りたい人は、
  こちらからどうぞ
   
YouCanSpeak






英会話情報は → ブログランキングへ














コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/252-1d6bab97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)