スピードラーニング<3A>


スピードラーニング<3A>
<by―Taku>



教材内容   CD教材+テキスト
          
(無料試聴用CDあり)

□価   格    9,400円
                                  (送料無料・税別)
×1回

                 
+ 2ヵ月目以降
                     
4,300円
                                   (送料込・税別)


□購       
株式会社 エスプリライン






今回紹介する教材、
スピードラーニング
3番目の評価者として
登場したTakuです。
これまでと同様、
よろしくお願いします。


Takuのレビュー>


この講座の
CD教材の内容に
ついては、
これまでRyoAya
詳しく説明しています。
そこで僕は、
その他の付属物も含め、
少し違った角度から
使用時のアドバイス
効果的な学習方法
について
自分の経験をふまえて
述べてみたいと思います。


まず、
この
スピードラーニングには、
スクリプトブック
(いわゆるテキスト)
がついてきますが、
この教材の要は、
音から英語を習得する
ことですから、
文字を目で追いながら
聞くいていく

という
これまでやって来た
ものと同じ学習法に
戻らないように、
ただの確認程度に
利用したほうが良い

と考えた方が
正解だと言えるでしょう。

CDを聞いているだけで、
ストーリーを
イメージできるので、
一つひとつの単語に
とらわれずに、
かたまりで
英語の意味を理解

できるように
きっとなっていきますから、
このプログラムを
信じて
聞き続けてください。


英語よりも先に
日本語が聞こえてくると、
これまでと同じように、
日本語を英語に訳そう
とする思考回路が
働いてしまいます。

これでは、
いつまでたっても
英語を自然に話せる
ようにはならない

のです。


「英語→日本語」の
順番なら、
自然に、
英語に対する勘が働く
ようになります。


そして、次第に
英語を英語で理解し、
日本語を介さずに
英語を話せる

ようになっていくのです。


ところで、
スピードラーニング
効果を
最大限に引き出すには、
リラックスした状態
つくることが大切です。

そのために、
この教材のBGMには、
リラックス効果をもたらす
クラシック音楽を
採用しています。

それも、
人間の心拍数に近い、
緩やかな旋律の
クラシック音楽を
厳選しているようなので、
学習感覚ではなく、
気持ちを楽にして、
ゆったりした気分で
英語を聞くことが
できます。


誰でも心が
リラックスしているときは、
脳がスポンジのような
吸収力を
発揮できるのです。

また、適度な効果音が
入っているだけでなく、
あえてナレーションには
大きな抑揚を
つけていませんから、、
リラックス状態で、
何度もくり返し
聞くことができる
のです。


スピードラーニングには、
英語の後に
日本語を収録した
English-Japanese CD と、
英語のみを収録した
English Only CD
それぞれ
1枚ずつ入っています。

最初は、もちろん
English-Japanese CD
から聞き始め、
ある程度、
全体の流れがつかめて、
シーンが頭に浮かぶように
なってきたら、
English Only CD
聞いてみる、
という流れで
学習するのが一番です。

きっと、
リスニング力の上達
はっきりと実感できる
と思います。

英語だけの世界で
英語が理解できる喜び

おそらく
湧いてくるはずです。
そうなれば、
さらに
やる気が出てきますね。

ところで、
English Only CD
会話の速度は、
普段アメリカ人が話す
ナチュラルスピードです。

英会話のリズムが、
そのままどんどん頭に
染み込んでいくので、
反射的に英語を話す
感覚が養われ、
実際の会話でも
口にしたい英語が、
自然に
言葉として出るように
なっていくのです。


これが
聞くだけで
話せるようになる

原理
です。

そう説明されても、
簡単には理解できない
と思いますが、
こればかりは、
体験しないと
わかりませんね。
無料の試聴用CD
ついてくるので、
ゼヒ、実体験をして、
自分の感覚で
判断してください。


以上で、
今回の僕の説明は
終わります。
いろいろ書きましたが、
難しくなかったでしょうか?
次回のアップ時に、
僕の現在の評価を
提出します。


 
 

講座の詳しい説明を
  知りたい人は、

  こちらからどうぞ
スピードラーニング




英会話情報は → ブログランキングへ










コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/264-c14d58b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)