スピードラーニング<7B>


スピードラーニング<7B>
<discussion meeting 2>  010101man50-trans.png



教材内容   CD教材+テキスト
          
(無料試聴用CDあり)

□価   格    9,400円
                                  (送料無料・税別)
×1回

                 
+ 2ヵ月目以降
                     
4,300円
                                   (送料込・税別)


□購       
株式会社 エスプリライン









(前回の続きを掲載します)

<集中力の持続について>

Aya:でも、そこから先が
   ちょっと難しいのよね。
   集中して
   聞き続けていけば
   効果がある

   ってことは、
   ある程度学習を
   進めていけば、
   自ずと判ってくることだと
   思うんだけど、
   問題は、
   その集中を
   どうやってやるか
なの。
   さっきも言ったように、
   私は、
   シーンの中の内容に
   興味を持ったから、
   どんどん中に
   入っていけたけど、

   あまり興味もないのに
   ダラダラ聞いている
   人には、
   おそらく
   ほとんど効果は
   ないでしょうね。

Naomi:うーん。そうかな?……。
           聞き方次第じゃ
     ないのかしら。
     私の場合、
     この教材の内容
     なんかに
     全然興味を
     そそられなかったけど、
     シーンの登場人物に
     なりきる
     
ようにしていたら、
       いつの間にか
     入っていた

       感じなのよね。
       あまり関心がない
             ドラマなんかを見てて、
       気が付いたら
             主人公の目線で見ている
       なんてことが
      あるじゃない。
       あれと同じよ。
       とにかく、
             場面の筋を
      追っていけば、
       それなりに
      集中できると思うわ。
       それができなければ、
       この教材を
      使う意味はないわよ。

Takuまあ、そのへんは
           人それぞれ
     なんだろうな。
     遊びじゃなくて
     学習なんだから、
     一定の努力が
     必要になるのは
     仕方ないさ。
     二人が言ったのも
     一つの方法だろうが、
     究極的には、
     やはり
     自分の集中方法を
     探すしかない。
     いや、
     二人の話もヒントには
     なるはずなんだが、
     人によって、
     いろいろな方向からの
     入り込み方が
     あるんだと思う。
     とにかく、
           日本語を聞かなくても、
     そのシーンの全容が
     わかるところまで

     聞き込むことが重要

           なんだ。
           そこまで
     いってくれれば…。

Mika: そこで、いよいよ
          「English Only CD
     の出番ね。
      日本語がなくなった、
           英語の音だけ聞いて、
     自分が、
     違和感なくシーンの中に
     すうっーと入っていくことが
           できれば、
     もう大丈夫だと思うわ。
     間違いなく、
     急激な英会話力の向上
           見込めるはずよ。

Masa: まあ、
           そこまで
     たどり着いてしまえば、
     あとは時間の問題
           みたいなところがあるね

     事実、
        
英語耳とか
     英語脳とか
           表現されているものが、
     自分の中に
           徐々に形作られてる
     はずだから。
     話が戻ってしまうかも
     しれないけど、
     やはり、問題は、
     さっき言ってた
           「飽きずに
     聞き続けられるか

     っていうハードルを
     どうやって越えるかだ。


Ryo簡単に越えられる者が
    いる一方で、
    そこで挫折してしまう者も
         少なくないだろうな。
    僕の周りを見ても、
         それは実感している。
    容易に
    乗り越えてしまった者の
         例を挙げると、
    Naomiが言ってたことに
          ほとんど近いんだが、
    連続ドラマを見ている
    感覚で、
    その場面の展開に
         何となく関心を持って、
    じっと聞き続けていたら、
    次第に面白くなってきて、
    気が付いたらはまっていた、
         という場合が多いんだ。

Naomi:そうでしょう。
     やってみれば、
           結構簡単に
     越えられるわよ。
     深い興味じゃなくて、
           その場だけの
     興味でいいの。
     その先がどうなるのか
           程度の興味でね。
     きっとそのうちに、
     いつの間にか
           シーンの中に入り込んで、
     自分が主人公に
     なってるわよ。
     アメリカの文化なんかに
     関心がない
           私ができたんだから、
     きっと
     誰にだってできる
     と思うわ。
     でも、
     何にも興味を持たずに、
     ただダラダラと
     聞き流していたら、
           絶対に無理。
     本当に時間の無駄だわ。
     最初から、
           取り組まない方が
     いいわね。

Aya:その結論は賛成だけど、
   やっぱり、少しでも
       アメリカの文化
   みたいなものに
   関心を持った方が、
       理解も深まるし、
   持続もできると思うわ。
   結局、
       そのほうが
   早道っていうのが、
       私の実感。
   アメリカに行ったときの
   ことを
       想像しながら聞けば、
   すごく楽しくなるはずよ。


Naomi:でも、
     アメリカへなんか
            行きたいと思わない人も
     いるわけよ。
     そういう人でも、
     強引に話の中に
            入り込めさえすれば、
     必ず続けられるし、
            上達するって
     言いたいだけなの。


Takuうん。
     そういった強引さが、
     誰にもあるわけじゃ
     ないんだけど、
     少なくともこの教材で、
     英会話力を
     アップさせようと思う者は、
     一時期の
        
集中した聞き込みは
     必要不可欠

           なんだから、
     各自が、
           自分の個性に合わせた
     方法を見つけて、
     聞き続ける道を
     探すしかないね。
     僕も、
     Naomiが主張したように、
     案外簡単に見つかるって
           思っているんだ。
     とにかく、
     始めてみることだな。
     その結果、
     
Masaがレビューで
     言ってた、
     英語のシャワーを
     心地よく感じる

     ことが
     できるようになってくれば、
     本物の英語力が
     ついてきたって
            ことになるんだからね。


Mika:  その英語力だけど、
     この教材の、
           もうひとつの問題点として、
     「聞くだけで
     話せるようになる
」って
           コピーの、
     つまり、
        
スピーキング力の向上
     っていうか、
      「本当に
      しゃべれるように
       なるの?

            っていう
           疑問に対する答えは、
      「大丈夫・保証する」で
           いいのかな?

Ryoそうだったね。
    まだその点について
         なんにも議論して
    いなかったな。

    だったら、
         次はそこらへんに
    話題を絞って、
    話し合いを
    進めていこうか。


(という経緯で、
 座談会はさらに続きます)


 


<全員の評価点の平均: 8.75 >





講座の詳しい説明を
  知りたい人は、

  こちらからどうぞ
スピードラーニング




英会話情報は → ブログランキングへ











コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/273-5fcc5d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)