30日間英語脳育成プログラム<7B>


30日間英語脳育成プログラム

<7B> 

010101man50-trans.png
<discussion meeting 2>  



□教材内容

 PC教材+テキスト(web視聴あり)

□価   格

<初級編>

   19,500円
(送料・税込)

<英語克服完全セット>
    4,997円
(送料・税込)×12回(分割)
            or
   55,500(送料・税込)(一括)


□購  入  先

 
株式会社IQ─Strategy






教材が与える安心感
 について>



Ryo
この教材について、
みんなが揃って
レビューで褒めていたが、
結果として、
そういうふうになった
理由は、

Naomi
Masa
言ってたように、
この教材のメソッド
沿って、
きちんと学習していけば、
間違いなく
所定の成果は得られる

ということでいいのかな。

Masa: 
そうだよね。
きちんと
やっただけの成果が
得られる教材
だから、
本物とかって
みんなが書いたんだ。
こういう教材に
取り組むとき
言われたようにやっても
成果が
出ないんじゃないかって
不安を持ちながら
学習を進めるのは
嫌だからね。
その点、
これは大丈夫って、
誰もが考えたから、
ああいう表現が
あちこちに
出てきたんだと思う。


Naomi: 
まあ、そういうことよね。
こういう教材にとって、
一番重要なのは、
学習を
真面目にやっただけの
成果が
保証されていることよ。
つまり、
とにかく安心できること
だと思う

Aya: 
ええ、確かに教材への
安心感を持てるってことは、
すごーく大切なことよね。
この教材で学習を進めて
大丈夫かしら、
なんていう
不安感を抱いてしまったら、
気持ちよく
前には進めないから

Naomi: 
私が言いたいこと
それよ。
それに、失うのは、
学習の時間
だけじゃないわ。

お金を出して
購入するんだから、
損をしたって
思いたくないもの。

Taku: 
いいと思って買って

あとで失敗したって
悔しがる。
こういう教材の選択では、
誰もが、
一度や二度の失敗の
経験を持っているはずだ。
僕も何度か
口惜しい思いをした。

Naomi: 
そうでしょう。
だからこそ、
あとで舌打ちするような
事態にならない、
「買って良かった」
と思える安心感を
与えてくれることが、
教材にとって、
最も大事だってことなのよ。
みんなも
そういうことを
表現したかったんじゃない
かしら。

Ryoがこれまでで
最もいい点を
入れたのも、
たぶん、そこに
注目したんでしょう?

Ryo: 
あぁ、当然そうさ。
最初は
30日間という言葉に、
どうしても引っかかりを
感じてしまったんだけど、
やっていくうちに、
これはすごいと思ったし、
自分の英語力が
増していくのが
わかったんだ。
僕の最高点を入れる
 しかなかった。

Taku
うん。頑張れば、
きちっと結果が
ついてくるっていう
教材は、
本当は、
僕たちが思っているほど、
多くはないんだ。
だからこそ、
こういう教材に巡り会うと、
ちょっと感動さえ覚えて、
みんなで
口裏を合わせたように、

本物とか正当
とかいう言葉を
使ってしまうんだろうな。



30日間の学習期間
 
ついて>


Mika:
ところで、
Ryo
が引っかかったという
30日間」というタイトルに
対する評価はどうなの? 
少なくとも、
私は30日間では
とても無理だったわね。
私の評価点に、
このタイトルのことが
間違いなく、微妙に
影響しているんだけど。
別のタイトルだったら、
もうちょっと
点を高くしてたわ。

Masa:
僕が
自分のレビュー書いた、
ノリ」みたいなもので
一気に突っ走れば、
決して無理とは言えない
と思うんだけど、
一般的には、
もっと日にちや
時間をかけて
やるべきなんだろうね。

Aya: 
でも、
その「
ノリ」もかなり重要よね。
私なんか、
最初は戸惑って、
なかなか進まなかったけど、
ある時点で、
リズムを覚えたら、
あとはとっても順調に
こなしていけたわ。

初めから
あの調子で乗っていたら、
30日間も
あったかもしれないと、
いまは思ってるの

Naomi: 
うーん
そのあたりが、たぶん、
この教材の評価や、
他人への薦め方が
難しいところなのかも
しれないわね。
30日間なんかに
全くとらわれずに、
ゆっくり、
じっくり、
学習を
進めていったほうがいい、
思う一方、
masaの言う「
ノリ」で
一気にいったほうが
効果的っていう気も
するのよ。

Taku: 
うん。僕も、
30日間ってタイトルは
あまり好きじゃないけど、
短期間で一気に突っ走る
というやり方は、
全然否定しない。
ノリでどんどんいける人は
いった方がいいと思う。
まぁ、
じっくりとやる確実派の方が
多いはずなんだが、
各自の
普段の勉強のやり方
個性みたいなものに
関係してくるから
どちらがいいとは
一概に
決めつけられないけどね


Mika:  
ということは、
この教材を使う人
それぞれの考え方で
やればいいのね。
乗れそうな人は、
とにかく一気に、
ゆっくりと
確実にやりたい人は、
じっくり時間をかけて、
タイトルの
30日間なんかには
とらわれずに、
自由にやって大丈夫って
ことね。

Ryo
まあ、究極的には、
そういうことになるのかな。
でも、これまでの
ありきたりの教材のよう
「時間をかけなければダメだ」
という言い方は
したくないね。
リズムに乗って
一気に突っ走る

ほうを
僕は推奨するよ。
これはみんなも
納得してくれるよね。

うん。
賛同が得られたみたいだ。
さて、
次はステップの内容など、
さらに中身の話に
したいんだが、
誰から話してもらおうかな。

(ということで、
 話し合いは
 まだまだ続きます)









コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/290-636f360d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)