YouCanSpeak 〓 7A


YouCanSpeak 〓 7A
010101man10st-trans.png
<discussion meeting 1>

教材内容  インターネット
          英語スピーキング
          学習システム

                              (無料視聴制度あり)

□価   格    49,800(税込)

□購       
YouCanSpeak






Ryo
それでは、
メンバー全員が
揃ったところで
今回取り上げた教材
YouCanSpeak
について、
まとめの話し合いを
していこうと思います。
タイトルで

<discussion meeting>
なんて
ちょっとカッコつけて
しまっているけど、
言ってみれば
単なる座談会なので
いつも通りに
気楽に発言していって
欲しい。


<評価点について>


Naomi: 
それじゃ、まず私から、
素直な感想を
言わせてもらうけど、
私自身の予想と
較べると
幾分
評価点が高かった
わね。
みんなの評価が
これほど高いとは
思わなかったわ。


Masa:  
高評価になったのは
当然だと思う。
今回も僕たちが、
繰り返し協議を重ねて、
いま最もおすすめの
教材を
真剣に選んで
取り上げよう

ということで、
選択したプログラム
なんだから。

Mika:  
そうね。
事前の打ち合わせで
今度どの教材を
評価しようかって
話し合ったとき、
半数の者が
率先して推薦
したのが
この
YouCanSpeak
だったわ。
私は、
このくらいの点数が
妥当だと思うわよ。


Taku
それじゃあ、
いつものように、
とりあえず評価点を
まとめてみると、
9.0+9.5+9.0+8.0+9.5+9.0
ということで、
全員の平均点は
 9.0 になっている。
これはたまたまなんだけど、
リーダーや僕の評価点と
同じなんだ。
だからってわけじゃ
ないんだが、
僕もこの教材の
評価としては
妥当
なところだと
思ってる。

Aya:  
えっ? 本当に
ぴったり
9.0 なの。
なんか、
まるで合わせたみたい
だけど、違うのよね。
ええ、評価点は
各自の自由判断とか
自分の中にある
経験的な基準で
つけるのは
よく解ってるつもりだけど、
全く端数も出ないなんて、
ちょっと疑われないかしら?


Masa: 
僕は評価の順番が、
あとのほうだったから、
それまでに出た
他の者の評価点が
多少気になったけど、
だからといって、
特に参考にはしなかった。
みんな自分の考えで、
自分の点を入れた
はずだと思う。
むろん、
当たり前のことだけどね。

Mika: 
私は、本当に最後の、
6番目の評価者
だったけど、
帳尻を合わせるようなことは
全く
しなかったわよ。
ごく自然に、
自分の感じたままに、
この教材の特徴を
素直に評価したら、
そういう点になったの。

Naomi: 
全体を見て思うのは、
やっぱり、
私が一番辛い点数
なのよね。
これでも自分の中では、
かなりの点を入れた
つもりだけど、
個人個人の
基準・尺度が違う
から
仕方ないわね。

Taku
その基準みたいなものを、
各自のなかで
ずっと守っていけば、
相対的に
他の教材との比較

なるはずだ。
僕たちの評価を
読んでくれる人が、
自分と一番波長が合う
評価者を選んで、
その者の評価点を
参考にする、
なんて方法も
いいだろうな。



<取り付きやすさについて>

     
Ryo:  
といったところで、
評価点の話は
それくらいにして
もっと教材内容の話に
入っていこうと思う。
僕のほうから
ちょっとテーマを出すけど、
この
YouCanSpeak
という教材の
売りというか、
一番のおすすめの点
あたりから
じっくり話し合ってみたい。

Aya:
私が感じた
一番の特長
は、
英会話教材として
入りやすいこと
取りつきやすいこと

に尽きるわね。

特に
普段から慣れている
Webのサイト上で、
気楽にできることが
とても気に入っているわ。

Masa:
うん。そこのところは
僕もすごく買っているな。
パソコンで
ゲームをしている感じで
学べる
からね。
だけど、ゲームを
やらないような人は、
決して戸惑うわけ
では
ないだろうけど、
僕たちと同じように
入り込めないかも
しれないな。


Mika: 
それって、
たぶん私のことよね。
Masaの評価点は
その分を
割り引いたんでしょう。
あなたの評価の
最後のところで、
それを感じたわ。
でもね。
そう思われてしまうほど
ゲームが苦手の私でも、
モチベーションを
かなり持続できた
わよ。
だからかえって、
大抵の人が続けられる
プログラム

なんじゃないかって
いうのが、
いまの正直な感想だわ。

Naomi: 
私もリーダーと同様に、
そう思うわ。
ゲーム経験なんか
関係なく、
持続できるように
作られたプログラム
じゃないかしら。
これで、パソコンに
向かわなくても、
いつでもどこでも
できるような
教材だったら、
この私が
最高点をつけたかもね。

Taku: 
まあ、
そうかもしれないな。
ゲームに
親しんでいなくても
続けられると僕も思う。
ただ、ゲーム好きには
本当に絶好のプログラム
であることも
間違いないんだ。
これまで英語が嫌い
だったとしても
ゲームが好きなら
絶対に続けられる
と、
この場で断言しても
いいくらいなんだ。

Ryo:  
解った、解った。
そこまで強調されると、
ちょっと戸惑うところも
あるけど、
ゲーム慣れした者が
英会話に取り付く際に
すごく入りやすい工夫
してあることは
僕も認めるよ。
ということは、
中高生が
スピーキングの
レッスンを始めるのに
最適
ということに
なるのかな。
この年代の者で、
ゲーム嫌いは
少ないからね。
とにかく、
若い人に対しての
取り付きやすさは
一番
だな。


(話し合いは、
 まだまだ続きます。
 次回のアップを
 お楽しみに)









コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/305-d42520c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)