YouCanSpeak 1

   YouCanSpeak(1) <by―Ryo>



   教材内容   インターネット英語スピーキング学習システム
                                         (無料視聴制度あり)

   □価   格    10,500円×6回(税込) or 59,800(一括・税込)

   □購       YouCanSpeak(株式会社BLA)






 このブログの最初の1ページ目というだけでなく、
 最初に取り上げる教材「YouCanSpeak」の、
 最初の1ページ目を任せられたRyoです。
 よろしくお願いします。

 まず、基本的なところから……。
 それなりに有名な英会話教材だと思います。
 ツルネン・マルテイさんのキャラクターを見たことがある人も多いでしょう。
 僕も以前から、名前だけは知っていました。

 この教材は、よくある「CD+書籍」というものではなく、
 Webを使った「インターネット英語スピーキング学習システム」
 と呼ばれるものなんです。
 パソコンを使って、「YouCanSpeak」サイトの上で
 学習を続けるタイプの教材です。

 だから、いま見ている「ブラウザ」上で学習することになります。
 そして、よくある特定の状況にのみ対応できる
 「暗記に頼った学習方法」とは異なり、
 Dr.Kinoshitaの独自の理論に基づいたシステムなんです。
 (特許申請出願中)

 実際の学習方法は、
 日本語で示された意味を、
 指定秒数以内に声に出して英語で言ってみる。
 たったこれだけです。
 この学習を繰り返し行うことによって、
 どんな状況にでも対応できる、
 本当の英語スピーキング力を身につけていくことになります。

 といったところが、「YouCanSpeak」の基本的な説明ですが、
 さらに詳しい内容や特長は、別の仲間が書いてくれると思うので、
 では早速、僕の評価を書いていきます。

     ※早く講座の中身を全部知りたい人は、
      こちらからどうぞYouCanSpeak



<Ryoの評価>

 まず、無料で試せる「お試し版」にトライしてみました。
 「無制限」「7秒」「5秒」「3秒」「1秒」のうち、好きなコースで始められます。
 僕は、「7秒」のコースから始めました。

 あなたは
 「
これが楽しむべきスポーツです」を
 すぐに英語で言えますか?
 僕は、求められても簡単には口から出てこなかったと思います。
 でも、コースを始めると、自然に正解を答えていたんです。
 答えは、「
This is the sport to enjoy.なのですが、
 これを「基本」「変化」「代入」「合成」の4段階でつくりあげていくわけです。

 まず、「基本」のフレーズが出てきます。
 基本:私達はそのスポーツを楽しみました。(we enjoyed the sport.)
 
 次に、「変化」のフレーズです。
 変化:楽しむべきスポーツ。(The sport to enjoy.)

 つづいて、「代入」のフレーズです。
 代入:これがその話です。(This is the story.)

 最後に、「合成」したフレーズとなります。
 合成:これが楽しむべきスポーツです。(This is the sport to enjoy.)

 基本の簡単なフレーズから入って、次も、その次もわりと簡単です。
 僕もこのくらいなら、7秒以内に答えられました。
 そして、最後に(最初は楽に口からでなかったフレーズを)
 ちゃんと7秒以内に答えていたんです。

 このことは、僕のように、
 頭の中にしっかりした英語回路ができていない者には非常に効果的です。
 短いフレーズを繰り返し練習しているうちに、
 文法など考えていなくても、多くの構文が記憶されます。

 上の例で言うと、「基本」から「合成」へと4つのフレーズを学んでいるうちに、
 きちんと to enjoy のように to+不定詞の副詞的用法が身に付いていきます。
 つまり、副詞がどうだとか、どう副詞化するか、
 などという難しいことを考えなくても、
 出てくるフレーズを繰り返し声に出しているだけで、
 日本語の訳としてではない英語が、
 自然と口から出てくるようになっていきます。
 
 とにかく、英会話を覚えたいけど、英文法が苦手な(僕のような)人には、
 とても有効な学習方法だと思います。
 英語の短いフレーズを
ただ声に出すことを繰り返す練習で、
 英語の構造をほとんど理屈抜きで、頭に入れていくというやり方なので、
 英文法なんか、いくらやっても理解できないような人でも、
 いつの間にか、英語を喋っている自分に気がつくことになると思います。

 というわけで、お試し版が気に入った僕は、教材を購入しました。
 そして、どんどん進めていくうちに、
 本当に、この教材は僕に合っているんだな、と実感しました。

 だんだんと、表現したいことが、瞬間的に口から出てくるようになっています。
 これまでは、頭ではわかっているような言葉が、
 実際の場面では、全く出てこなかったんですが、
 いまでは、かなりスムースに出てくるようになりました。

 さて、ここらでこの教材の僕の評価を書かなければなりませんが、

 この評価の最初の1人を買って出たくらいですから、
 僕はこの教材を、人一倍気に入っています。
 だから、僕自身の個人的な評価は非常に高いんです。

 ただ、ここでの評価は、僕の独りよがりにならないように、
 あくまで客観的にいきます。
 先ほど書いたように、まだ英語回路が頭の中にできていない人には
 すごく有効な学習方法だと思いますが、
 逆にできている人には、合わないかもしれません。
 特に、日本語がかえってうるさく感じるのではないでしょうか。 

 そこで、この教材の点数による評価なんですが、
 10点満点で僕個人は9.5くらいなんですが、誰にでもということになると、
 もう少し点が落ちてしまいます。うーん、仕方ないですね。

<Ryoの評価点: 9.0 >














コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/4-b899fef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)