ロゼッタストーン 2b


  ロゼッタストーン(2b
 <by―Aya>


   □教材内容       アプリケーションソフト
                    (体験版あり)

   □価    格      24,800円~79,800円(税込)
  
             
                         
   
□購  入  先        ロゼッタストーン・ジャパン





<Ayaの評価>


 自ら「語学学習教材ではありません」と言っている
 今度の教材「
ロゼッタストーン」なんですが、
 私がひと通り使ってみた感想を素直に述べると、
 たしかに「教材」というよりも
  (ちょっと大袈裟かもしれませんが……?)
 「ゲームソフト」に近いような気がしますね。

 とにかくこのアプリケーションをパソコンにインストールし、
 指示に従って、クリックなどして始めていくと、
 勉強しているというよりも、ゲームをしているような錯覚に
 常に陥ってしまうような感じでした。

 これまでにも「ゲーム感覚」で学べるような教材は
 いろいろありましたが、
 この「教材?」ほどビジュアル的にもゲームに近いものは
 なかったと思います。

 一番の違いはなんだろう?―と、私なりに考えてみました。
 まず思ったのは、
 本当のゲームをしているみたいに
 「ストレスを感じずに軽快に進めることができる」
 ということでしたね。
 
 もちろん、このソフトはゲームではありませんから、
 正確に言い換えると、
 「ストレスを感じずに楽しく英語の学習ができる
 ということです。

 でも、それだけなのか?――と私は考え込んでしまいました。
 もっと、決定的に違うことがある。
 それがなんなのだろう?

 そして、よーく考えたら解りました。
 このソフト(教材)は、
 「日本語を全く使っていない」のです。

 私は、自分のレビューにひとつのたとえとして、
  「優れたゲームソフトが、
    文字で書かれた説明を詳しく見なくても始められ、
    どんどん先に進めることができるように、
     この教材は写真を見ながら、
     ストレスなくスムースに学習を進められる」
 と書きました。

 確かに、優れたゲームは、
 詳しい日本語の説明など見なくても、
 感覚的な操作で、どこまでも楽しめるものです。

 この「
日本語を使わない遊び」が
 「日本語を使わない学習」に代わっただけですから、
 どれほどこのソフトが「ゲーム的」であるのか
 理解していただけると思います。
 
 この「日本語を使わない」という方法は、
 このプログラムの特色であるという以上に、
 英語を学んでいく上で、
 非常に大切なことだと思います。

 たとえば音楽で、
 英語の曲を訳詞など見ずに
 「英語を英語のまま理解する」という経験は
 ないでしょうか?

 ええ、訳すという行為には、
 必ず「不自然さ」が伴ってしまうだけでなく、
 英語を理解する途上に
 余計なアクションが入ってしまい、
 かえって、学ぶ者にとって、
 障害になっていることが多いのではないでしょうか。

 またゲームの話に戻りますが、
 ある程度ゲームが進み、
 次の行動を起こさねばならないときに、
 文章でその説明をくどくどされた場合、
 (それまでスムースに遊んできたのに)
 たぶん「勢い」をそがれてしまうでしょう。
 この場合、直感的に、
 次の動作ができるようになっていなければ、
 よいゲームとは言えないはずです。

 英語を学ぶ場合も同じように、
 止まらずに、スムースに、
 ストレスフリーな状態で
 学習をどんどん先へ進めることができれば、
 その進行の度合いは
 想像以上に早いものと確信します。


 さて、今回の私の話は、
 終始、このプログラムが「ゲーム的である」ことを
 繰り返し主張してきました。

 それが、この教材の<一番の特長>だと
 私がどうして思うに至ったかという点を
 しつこいほど書いてきてしまいました。

 もちろん私は、
 そのくらい強調しなければならないほど、
 この<特長>は(未知の方が想像される以上に)
 ものすごく重要なポイントだと思っているのです。

 よく考えてみてください。
 本当に「ゲームをするように学習できる」教材なのですから、
 これまで英会話の勉強を避けてきたような人でも
 あまり学習をするという気分を持たずに、
 「すぅーと入っていける」可能性が非常に高いのです。

 この一点だけでも、私はこの教材を高く評価します。
 英会話の勉強は、
 「やる気になりさえすれば、必ず上達する」
 ものなのだと思います。

 だからこそ、導入部が大事で、
 さらに、続けることのできる仕組みが
 本当に重要になるのです。

 勉強しているという感覚を持たずに、
 まるで遊んでいるように学習が進んでいくのは、
 「幼児が母国語を学ぶ」ときと同じ状況になります。

 学ぼうとする誰をも、この状況に持っていってしまう
 このプログラムのすごさを味わった私は、
 最大の賛辞を送るしかありません。


 さて、いよいよ私の評価点を出します。
 本当のことを言うと、
 上の文章からも解るように
 10点を入れるつもりでした。
 ところが、人によって(私の弟です)
 「幼児が母国語を学ぶように学べる」というところが、
 気に入らないということがあるようです。
 たしかに、このプログラムは、
 「子供のような気持ちになって、素直に学習する」
 というのが一番いいと思いますが、
 誰もが「子供」のようになれないのでは、
 という疑問が湧いてきてしまったので、
 0.5だけ減らしてしまいました。

 それでも、子供になれる人にとっては、
 絶対に10点だと断言しておきます。




<Ayaの評価点: 9.5 >


 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
ゼッタストー
   

 














コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/85-88247925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)