YouCanSpeak 6

   YouCanSpeak(6) <by―Mika>



   教材内容   インターネット英語スピーキング学習システム
                                         (無料視聴制度あり)

   □価   格    10,500円×6回(税込) or 59,800(一括・税込)

   □購       YouCanSpeak(株式会社BLA)






 英会話教材「YouCanSpeak」の
 最後の評価者、LeaderのMikaです。
 他の仲間と一緒に、よろしくお願いします。

 
 これまで「5人の仲間」がそれぞれに
 詳しく教材の内容を説明してくれました。
 私のパートは、それらの「おさらい」的な内容になりますね。
 だから、難しい理屈は抜きにして、
 「このプログラムってどうなの?」
 というところをお話ししていこうと思います。


 YouCanSpeak」のプログラム

 いま皆さんが見ている、Web閲覧のブラウザの上で学習ができる、
 「インターネット英語スピーキング学習システム」がYouCanSpeakです。

 よくある英会話教材の「特定シチュエーション」のときだけに
 対応できるような「丸暗記」的な学習法とは異なった、
 独自の理論に基づいたシステムです。

 特に、英語の勉強は続けてきたのに、
 会話力がなかなか向上しないような人に向いているシステムですね。
 これまでどんなに頑張っても、スラスラ話せる力は養えなかったような人に、
 より効果的なスピーキング力のアップを図るプログラムです。


 YouCanSpeak」の特徴

 このプログラムは、日本語で思い浮かんだ言葉を英語に直すのではなく、
 最初から英語で発想することを繰り返しトレーニングしていきます。
 頭に思い浮かんだことを、何でも、いつでも、
 瞬時に直接、英語で表現できるようになることが目的です。

 ですから、このプログラムに沿って学習を続けることで、
 スピーキングの上達に必要な力が自然に身についていきます。
 どこまでも、言葉の意味を「英語のフレーズとして口から声を出す」ことに
 徹底したトレーニングを行うことによって、
 私たちの頭の中を「英語脳」に変えていってくれます。

 その具体的なトレーニングが「代入」という方式で、
 「基本」「変化」「代入」「合成」の4段階のフレーズを
 口に出して答えていくうちに、
 英語で考えて、英語で言う、という
 このプログラムの「核」を身につけていくことになります。


 YouCanSpeak」の具体的な学習方法

 まず、日本語による「意味」の提供がおこなわれます。
 これを、瞬時に英語で表現します。
 実際に、根本的な作業はそれだけなんです。

 このプログラムの学習方法は、日本語で示された「意味」を、
 指定秒数以内に声に出して英語で言ってみるだけなんです。
 間違ったり、答えられない場合は、
 正解が自然に口から出るまで繰り返せばいいんです。

 そして、この学習方法を何度も繰り返し行うことによって、
 大抵の状況だったら、即座に対応できるような
 本当に意味のある「真の英語スピーキング力」が
 いつの間にか身についていることに気がつきます。

 
 YouCanSpeak」の効果

 この教材は、徹底的に「Speaking力」を鍛え上げる教材です。
 継続して学習すれば必ず「Speaking力」はアップします。

 それでは、Hearing、Writing、Reading に対してはどうでしょう?
 これらにもかなり大きな効果を生み出す、と
 このプログラムは強調しています。
 つまり、
 「Speaking力」が増して、「意味の瞬間的音声化」が出きれば
 「
Writing力」も同じように増して、「意味の文字化」も出きるようになる。
 

 「Speaking力」が増して、「意味の瞬間的音声化」が出きれば、
 「
Hearing力」も同じように増して、「音声の瞬間的意味化」も出きるようになる。
 

 「Hearing力」が増して、「音声の瞬間的意味化」が出きれば、
 「
Reading力」も同じように増して、「文字の瞬間的意味化」も出きるようになる。
 ということなのです。
 この法則を信じて頑張っていけるのです。

 このプログラムは、インターネットで
 リアルタイムに自分の学習進度が確認できます。
 このため、自分のモチベーションの持続を図るために、
 常に学習の成果を確認することが重要になります。


 YouCanSpeak」の無料お試し版

 とにかく、これまで述べてきたこの教材の特徴を体験したければ、
 いまからでも「無料お試し版」にトライしてみることをおすすめします。
 お試し版といっても、本来の画面と使用感は同じなので、
 自分に合った教材なのかどうかが、よりはっきりすると思います。


 さて、いよいよ私の評価を出さなくてはなりません。
 最後の6人目なので、かえって迷いそうになりますが、
 私の素直な評価点を示したいと思っています。
 
       ※プログラムの中身を全部知りたい人は、
        こちらからどうぞYouCanSpeak



<Mikaの評価>

 私は何度か海外旅行をしたことがあります。
 そのとき、英語のネイティブ・スピーカーと知り合いました。
 単語を繋いでいけば、何とか最低限の意志の疎通はできるんですが、
 一緒に大声で笑ったり、大騒ぎをしたり、
 といった他の国の同年代の人の輪にまでは
 なかなか入ることができませんでした。

 このとき、もっと対等に話をしてみたい、
 彼らが、いま何を考えているのか、もっと詳しく知りたい、
 などと思ったものです。

 この時点で,私に絶対的に足りないものがスピーキング力でした。
 ただ単語を並べるだけの会話力から、
 本当の意味での「コミュニケーション力」を身につけたい、と
 考えるようになりました。

 そこで出会った英会話教材が
YouCanSpeak」 でした。
 
この教材は、「相手に伝わる英語力」と「瞬発力」を養う講座です。
 この二つのスキルを身につけるために開発されたものです。
 このプログラムは、
 「日本語」から「瞬時の英語の音声化」ができるように、
 カリキュラムされていたのです。


 早速飛びついた私にとって、この教材の学習方法は新鮮でした。
 日本語から英語に翻訳するのではなく、
 日本語であたえられた情報から「その意味や思いをイメージ」し、
 それを直接英語で発するというトレーニングが、
 最初に戸惑いはあったものの、すごく新鮮に感じました。

 そして、私はこの方法にすぐに慣れてしまい、 
 これこそが「瞬発力」をつけるために、
 絶対に必要なトレーニングなのだと悟ったのです。

 考えてみれば、英語を喋ろうとするときに、
 何を話すかを日本語で考えている暇なんか、
 本当にないんですね。
 言いたいことを日本語に変換などしないで、
 ダイレクトに「英語の音」で口から出す必要があるのです。

 たとえば、自分が言いたいことを日本語で口に出して喋る、
 そんなシーンをイメージしてみてください。
 この場合、言いたいことを日本語で一度整理してから
 口に出していませんよね。
 ただ、「言いたいこと」を「日本語で話す」だけの行動を
 すごくダイレクトにやっているはずです。

 
YouCanSpeakは、
 この「言いたいこと」を「ダイレクトに英語を口から発する」という
 重要な点に一番力を入れて作られた教材です。
 もちろん、プログラムの最後まで続けられるように、
 私たちのモチベーションを持続できるような工夫が、
 カリキュラムのあちこちに仕掛けられています。
 「継続は力」という言葉がありますが、
 私たちが飽きないように作られているプログラムはすごいと思います。

 このへんで、いよいよ私の評価点を出します。
 私が実際に使ってみての評価点です。

 この講座を半年ほど続けたあと、
 私はまた海外へ行きました。
 そこでまた、現地の同年代の人たちと出会いました。

 前よりもずっと、私の口から言葉が英語で出てきました。
 相手の言っていることも、これまでより理解できました。
 だから、笑ったり、騒いだりを、一緒にしてしまいました。
 私が、彼らの輪の中へ入れたのです。

 かなり感激しましたね。
 コミュニケーションの力がつくって、
 こんなにも楽しく、世界が広がるんだと思いました。
 それもみんな
YouCanSpeak」 のおかげです。

 そんな経験もあって、満点をつけたいところなんですが、
 私個人の能力の限界もあって、
 この教材が目指す頂点までは、まだ行っていません
 仲間は、ゲーム人間じゃないから仕方ないよ、
 なんて言ってくれています。

 というわけで、そこらへんをちょこっと差し引いたものを
 私の評価点とします。


 
<Mikaの評価点: 9.0 >













コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://mikato5nakama.blog115.fc2.com/tb.php/9-7c68b392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)