イングリッシュアドベンチャー(初級) 家出のドリッピー(NEW) -5a


  
イングリッシュアドベンチャー(初級)

  家出のドリッピー
(New)-5a<by―Masa>



   教材内容       CD教材+テキスト
                  

   □価   格       4,500円(送料・税込)×11
               
   (最初の月は無料) 
  
                (一括払いは割引あり)

                         
   □購           
アカデミー出版





 皆さん、こんにちは。
 今回も
5人目の評価者となるMasaです。
 今度の教材
家出のドリッピーについては、
 僕も個人的思い入れがありますが、
 できるだけ客観的に述べていこうと考えています。
 どうぞよろしくお願いします。



Masaのレビュー>


 この教材は、新聞や雑誌の広告でよく見かけますね。
 かなり昔(?以前)からある英会話教材です。
 だから、英語初心者の人たちなら、たいてい知っている
 と思っていたら、そうでもありませんでした。
 一時のブームを知らない世代が、
 いつの間にか育ってきているのですね。

 僕のまわりにも、
 「英会話の学習がつまらない。なかなか続かない
 と訴えてくる年下の友だちが大勢います。

 そういう人たちに、この
家出のドリッピーを紹介すると、
 初めて知ったと言いながら取りかかって、
 結構成功する事例が多いですね。

 その理由を考えてみると、
 学校でも英語の勉強をしている彼らにとって、
 この教材1つで
 リスニングが学べる
 長文読解が学べる
 文法が学べる
 という点が、非常に魅力的に見えるようでした。

 しかも、その学習そのものが、
 
楽しくて飽きないストーリー
 によって行われるので、
 これまでより長く続けることができて、
 それが英語学習全体の成果
 つながっているようです。


 たしかに、この教材は、
 ベストセラー作家シドニィ・シェルダンが書いた
 ストーリーであるため、
 若い世代の持っている好奇心がかなり刺激され、
 自然な状態で英語学習への意欲が湧いてくる
 ようです。
 つまり、学校教育のような、押しつけられた勉強ではなく、
 自分から積極的に、理解しよう
 という気になるようなのです。

 もちろん、暗記しなくてはならない、などという
 強迫観念も持たなくていいわけですから、
 自ずと楽しく前向きに学習を続けていくため、
 気が付くと英語の成績が良くなっている
 という状況の者が多くなっているのは事実です。
 
 そこで、あらためて彼らに感想を聴いてみると、
 「ストーリーがとても面白いので、長時間学習に打ち込める
 「飽きずに、英語の勉強を続けられる。眠くならない
 「知らないあいだに、リスニングの能力が上がっていた
 「声を真似て(シャドーイング)いるうちに、長い文も暗記できた
 「文法や読解はNOTES & EXERCISESでよく理解できた

 などという、かなり真面目な回答が返ってきました。

 彼らなりに、しっかり取り組んでいることがよくわかりましたし、
 あらためて、この教材の力みたいなものも思い知らされました。

 たぶん、ドリッピーが冒険していく物語を夢中で聴いていると、
 冒険の過程で、徐々に英語の知識が増えていくドリッピーを
 いつしか自分に同化していて、
 一緒になって英語を覚えていくということが
 特別な意識をせずにできているということだと思います。
 まあ、それこそが、この教材の一番の狙いなのですが

 ◇英語を学んでいるのだ、という気持ちを持たせず、
  自然に学習が進んでいく

 ◇いつの間にか、単語や、重要なフレーズなども
  頭の中に強く印象づけられている

 
 というような、この教材の特長が、
 学校などから与えられた、つまらない英語教育に
 嫌気がさしていた者たちに歓迎されたに違いない、
 と考えています。

 
この教材は、内容がとてもやさしくて、
 ある意味、若年層向けになっているところはあるのですが、
 決して、子供や中学生専用といった教材でもなく、、
 これまでいろいろ英語の学習はしてきたけれど、
 どうしても苦手意識が強く勉強が進まない人や、
 もう一度英語に挑戦してみたいと思っている人には、
 きっと最適な教材であると思います。



 こんなところで僕のレビューは終了です。
 さて、次回に掲載するの評価に関してですが、
 仲間の誰もが「初心者・初級者用教材と限定」
 した評価をしています。
 原則的に、僕もそれにならうつもりです。


 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
イングリッシュアドベンチャー

 






英会話情報は → ブログランキングへ











イングリッシュアドベンチャー(初級) 家出のドリッピー(NEW) -5b


  
イングリッシュアドベンチャー(初級)

  家出のドリッピー
(New)-010101man19st-trans.png <by―Masa>




   教材内容       CD教材+テキスト
                  

   □価   格       4,500円(送料・税込)×11
               
   (最初の月は無料) 
  
                (一括払いは割引あり)

                         
   □購           
アカデミー出版





Masaの評価>


 一般的な話として、
 英語の学習というものは、ある面、
 「暗記」というところがありますね。

 特に、初心者のうちは、ある段階のところへいくまで、
 ひたすら暗記を繰り返すしかない時期があります。
 
 英語挫折者の多くは、
 この暗記に励む期間の長さに嫌気がさし、
 ただ苦痛しか感じないまま学習を続け、
 ついには、放り投げてしまったり、
 一生、英語は苦手、という意識を持ち続ける
 ことになります。


 こういう人たちに効果的な教材が、
 この「
家出のドリッピー」なのです。


 そういう学習を、できるだけやさしく簡単に、
 そして、楽しく続けられる、というところに
 重点を置いて開発された教材です。

 実を言うと、僕も、
 最初は上に書いた通りの挫折者でした。
 まさに、典型的な英語挫折者でした。

 そんなときに、出会った教材が
ドリッピーで、
 僕の苦手意識をあっさり取り払ってくれただけでなく
 英語への興味をしっかりと持たしてくれたのです。 


 僕の当時の学習方法は、
 とにかく、聴きまくりの連続でしたね。
 CDから出てくる音は、最終的には、
 自然に口から出てくるところまで聴きこみました。

 まあ、ドリッピー漬け、といっていいかもしれません。
 そして、先が知りたい、という気持ちが強くなって、
 次の教材が待ち遠しくなる日々を送っていました。

 
もちろん、初心者ですから、聴いただけでは、
 全く意味のわからないところも
 たくさんあります。
 
 僕にとっては、それが許せませんでした。
 わからないまま聴き続けることはできません。
 だから、テキストのほうも
 繰り返しチェックすることになるわけです。


 このときの僕には、英語の勉強をしている、
 という意識がほとんどありませんでした。
 ただ、自分の好奇心のおもむくままに、
 「知りたい」「わかりたい」ことを
 夢中で調べていっただけなのです。


 結果として、ドリッピーの全12巻が終了した頃には、
 既に、英語が好きになっていて、
 学校での英語の成績も急上昇していました。

 そして現在、英会話教材の評価などをしている
 僕がいるわけですが、
 あのときにこの教材と出会わなかったら、
 一生、英語に興味を持てなかったかもしれないと
 思うと、なんか複雑な気分です。

 というわけで、私の経験も含めて述べてきましたが、
 評価のほうは、他の教材と比較して
 キッチリと決めたいと考えています。
 その熟慮した結果が、下の評価点です。


  

Masaの評価点: 8.5 >



 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
イングリッシュアドベンチャー

 






英会話情報は → ブログランキングへ












イングリッシュアドベンチャー(初級) 家出のドリッピー(NEW) -6a


  
イングリッシュアドベンチャー(初級)
  家出のドリッピー
(New)-a 010104woman02st-trans.png<by―Mika>





   教材内容       CD教材+テキスト
                  

   □価   格       
4,500円(送料・税込)×11
               
   (最初の月は無料) 
                   (一括払いは割引あり)

                         
   
□購            アカデミー出版




 こんにちは。
 いつも最終評価者として登場する
Mikaです。
 今回もどうぞよろしくお願いします。




<Mikaのレビュー>



 今度のレビューは、
イングリッシュアドベンチャーです。
 その中でも、
 英語初心者・初級者向けとして位置づけされている
 
家出のドリッピーが、評価の対象となります。


 この教材ですが、
 もしかしたら、数ある英会話教材の中でも
 最も有名なものなのではないでしょうか。

 新聞などの広告で、特徴あるあごひげをたくわえた
 オーソン・ウェルズの写真を見た覚えのある人が
 ほとんどではないかと思います。

 それほど有名なこの教材ですが、一番の特長は、
 物語を楽しく聴きながら、英語を学習(マスター)する
 というところにあります。
 
 CDなどを用いて、耳から入る生の英語を学ぶという方法は、
 英会話をマスターするためには大変重要な点ですが、
 この「楽しく聴ける」という教材を作ることが、
 ハッキリ言って、相当難しいのです。

 「楽しく聴ける」ということは、誰もが、
 「飽きずに聴ける」ということになるので、
 「ずっと聴き続けることができる」ということになります。


 ですから、良い教材であるかどうかの最初の評価は、
 かなりの割合でこの点にかかっているはずです。
 特に、初心者用教材の場合は、
 「飽きて放り出される割合が多い」と思いますので、
 「楽しく聴けて飽きない」ことが、より重要なのです。

 そこで、この教材
ドリッピーですが、
 ストーリー作りの巧妙さが抜群で、
 「楽しさ
 「面白さ
 「次への興味の持続
 という点において、
 おそらく右に出るものはないでしょう。

 もちろん、物語ですから、
 好き嫌いは当然あって、
 シドニィ・シェルダンの作品に
 元々なじめないような人には、たぶん面白くないし、
 続けて聴くことができないかもしれません。

 それでも、嫌いだったり、飽きてしまったりで、
 続けられない人の割合は、
 他の同様な教材のストーリーと比べたら、
 ずっと少ないと確信しています。

 とにかく、大抵の人の場合、
 このCDのストーリーを聴き始めたら、
 とりこになって
 物語の先を聴きたくて仕方なくなることでしょう。

 
 この継続させてくれる力が、
 初心者用英会話教材には、絶対必要なのです。
 いくら、理論的に素晴らしい内容の教材でも、
 聴いてくれなかったり、
 途中で投げ出されてしまったりしたら、
 どうしようもないですからね。

 
 耳から英語を聴き続けるという学習方法は、
 実際のところ、
 すごくきつくて大変だという事実があります。

 テキストを使った、読む学習、文法を覚える学習、
 などと比較しても、きつさは数倍でしょう。
 数倍のエネルギーを必要とすると言い換えても
 いいかもしれません。

 だから、聴き続けることをあきらめて、
 目から入る文字での学習に向かってしまう人が
 とても多いのです。

 それが原因で、
 「いくらやっても英語がしゃべれるようにはならない」人が
 大勢いるわけです。
 耳から入ってくる英語を、継続的に聴き続けてこそ、
 英語を音として理解し、
 自然にしゃべれるようになるのですから、
 それを「楽に行える教材」が必要なのです。

 今回紹介した教材
家出のドリッピーは、
 そういった考え方から見ても、、
 初心者・初級者用英会話教材として、
 一番重要なポイントを、一番得意とする特長として
 あらかじめ備えています

 初心者および初級者の方は、
 第1回目の無料教材で、
 とりあえず試してみることをオススメします



 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
イングリッシュアドベンチャー

 






英会話情報は → ブログランキングへ











イングリッシュアドベンチャー(初級) 家出のドリッピー(NEW) -6b


  
イングリッシュアドベンチャー(初級)

  家出のドリッピー
(New)-  <by―Mika>





   教材内容       CD教材+テキスト
                  

   □価   格       
4,500円(送料・税込)×11
               
   (最初の月は無料) 
                   (一括払いは割引あり)

                         
   
□購            アカデミー出版





Mikaの評価>



 私たちと一緒に、英会話を学んでいる
 若い友だち(女子中学生)は、
 当初、英語に挫折していました。

 学校の授業がつまらなくて、全くやる気がなくなり、
 英語そのものが大嫌いという状態でした。

 そんな娘の様子をを心配した母親が、
 あるとき急に思い立って、
 以前から知っていた
家出のドリッピーを購入し、
 彼女に与えたのです。

 このことに関して、当時、私も相談を受けていたので、
 彼女へのアドバイスとして、

 「無理して聴かなくてもいいんだけど、
  とっても面白いストーリーだから、
  楽しく聴けそうだったら、続けて聴いてみてね


 とだけ声をかけておきました。

 その頃の彼女の「英語嫌い」を、
 私はよく知っていたので、
 無理矢理聴かせるような話はできませんでしたね。


 そして、数週間たった頃、再び彼女に会ったんです。
 そのときの私への第一声が、

 「このCDすごーく面白いね

 というものでした。
 英語嫌いだった彼女の顔が、見違えるように輝いて
 見えましたね。

 「早く次のが来ないかなって思ってる

 そんな言葉まで飛び出してきました。

 「ストーリーの内容がわかるの?」と、私が聞くと、

 「初めはわからなくて、聴くのが嫌だったんだけど、
  テキスト見て、辞書で調べて、少しずつわかってきたら、
  いつの間にか、ドリッピーにはまっちゃってたの


 と、嬉しそうに話してくれました。


 そうなんです。英語を勉強しているというよりも、
 ストーリーの中身に興味を持ってしまった彼女は、
 物語を理解するために、
 懸命に英語を学ぶようになっていった
のです。

 だから、その後、一定の期間が過ぎた頃には、
 ストーリーの全容を完璧に理解していました
  
 さらに、「NOTES & EXERCISES」なども
 開くようになっていたので、
 彼女の英語学習は、格段に進歩を遂げました


 今回は、よくある英語教材成功体験談みたいな
 お話になってしまいましたが、
 彼女の母親が、しみじみと
 「買って良かったわ」とつぶやくのを聞いたときには、
 英語教材のすごさみたいなものを私も感じて、
 あらためて
家出のドリッピーを見直してしまいました。

  
 さて、ここで私の評価になりますが、
 これまでの5人の仲間と同様に、
 彼女のような、
「英語初心者・初級者」に向けた
 教材としての評価をしたいと思います。

 実体験を考慮すると、
 もっと評価を上げても良いと思ったのですが、
 教材全体の質のランクも考慮しました。

 

 

Mikaの評価点: 8.5 >






 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
イングリッシュアドベンチャー

 






英会話情報は → ブログランキングへ













イングリッシュアドベンチャー(初級) 家出のドリッピー(NEW) -7a 


  
イングリッシュアドベンチャー(初級)
    家出のドリッピー
(New)-7a010101man10st-trans.png

 
 
 <discussion meeting 1> 



   教材内容       CD教材+テキスト
                  

   □価   格       4,500円(送料・税込)×11
               
   (最初の月は無料) 
  
                (一括払いは割引あり)

                         
   □購           
アカデミー出版





 <今回の評価・評価点について>


Ryo:   それでは、恒例のミーティングを始めます。
      さて、今回は、誰でも知っている、
     というか、一昔前なら誰でも知っていた
     
イングリッシュアドベンチャー
     しかも、
     その初級編の
家出のドリッピーということで、
     なんか相当やりにくい雰囲気を
     全員のレビューから感じたんだけれど……

Naomi:  確かに、やりにくかったわね。
      私なんかも、中学生のときに、
      本当に最初に出会った教材だもの。
      昔を思い出したりして、本音を言ってしまえば、
      いまいち冷静になれなかったわ。
      もちろん、できるだけ思い入れは排除して
      客観的な評価をしたつもりだけど、
      「本当に?」って、
      つっこまれたら自信はなくなっちゃうかもね。

Taku: 僕も当然戸惑ったんだけれど、
      その思い入れってやつを、あえて隠さなかったんだ。
      その分、多少は良い評価になったかもしれないけど、
      でもね、そのことをハッキリ明言しているから、
      僕自身のレビューや評価に問題はないはずだ、って
      いまでも思ってる。

Aya:  そうね。私もTakuと同じように、
     思い入れの分だけ高い評価になる、って書いたわ。
     今回の教材の場合、それしか方法がなかったのよ。
     どうやっても、
     あの頃の自分の思いみたいなものが、
     常に頭の片隅に浮かんでくるんだもの。
          全部排除するのは無理だったわ。

Masa:  それで、二人の評価が他の者より高くなったのかな。
     僕だって、思い入れは結構あったんだけど、
     評価はすごく冷静にしたつもりだ。
     まあ、それにしては高い点だと言われれば、
     それまでなんだけどね。

Mika:   私も、そのあたりのことについて、ちょっと悩んだわ。
     実体験上は、
     それなりに良いプログラムだと思っているんだけど、
     少し引いた位置でじっくり見てみると、
     かなり古くからある教材ってこともあるので、
     最新の教材と比べると、
     質の点で見劣りするって考えたわ。
     仕方がないって言えば、それまでだけど。
     でも、しっかり評価点には反映させたわよ。

Ryo:  うーん。
     そこらへんの考え方の違いで、
     評価が分かれたのかもしれないが、
     それぞれがキチンと断って、
     責任を持って出した評価だから、
     そんなところで、あまり悩んでも仕方ないな。
     自分が出した評価点には、自信を持とうよ。

     ところで、今回の平均点は?

Taku: ああ、そうだった。忘れてはいけないな。
     えーと、この教材に関して特徴的だったのは、
     みんなが、
     初心者・初級者用に限定
したことなんだが、
     そのせいか、
           僕が当初予測したものより、かなりいい点がついている。
     評価点をまとめてみると、
       8.5+9.0+9.0+8.0+8.5+8.5で、
     平均が8.58だった。
     
Naomi:  うーん。なんか、やっぱり微妙な点だわね。
      十分すぎるくらい合格点なんだけど、
      
初心者・初級者用に限定なんかしなかったら、
      もっと低い点が出ていたのかしら。

Masa:  僕の独断で言うと、0.5から1.0くらいは違ったかもね。
     うん、8.0を下回っていた可能性もあるはずなんだ。
      ただ、これはみんなも賛成してくれると思うんだけど、
      こういう限定した評価もあっていいんじゃないのかな。
      すべての教材を同じ視点からは論じられないからね。
      初心者の入門用には、これがいいっていうものが

      絶対あるんだから。

Mika:   ええ、「上級者には絶対これ」っていうのもあるわね。
      とにかく、今度の教材は、
初心者・初級者用なんだから、
      それを踏まえた評価点というのもあっていいのよ。
      考え方によっては、かえって親切だと思うもの。
      開き直った言い訳みたいにとられてしまうかもしれないけど、
      そこが私たちの主張なんだから。

Aya:  結局は、このレビューを読む人が
     「どう受け取ってくれるか」
     だと思うわ。
     「だったら、他の教材と比べてどうなの?」
     と聞かれたら 困るような
評価は、
     やっぱりまずいんじゃないかしら。

Ryo:  それじゃ、次は、そのへんの論議を深めていこうか。

    

(今回はここまで。論議の続きは、次回に掲載します)


 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
イングリッシュアドベンチャー

 


<全員の評価点の平均: 8.58 >




英会話情報は → ブログランキングへ










イングリッシュアドベンチャー(初級) 家出のドリッピー(NEW) -7b


  
イングリッシュアドベンチャー(初級)
    家出のドリッピー
(New)-7b010101man50-trans.png

 
 
 <discussion meeting 2> 



   教材内容       CD教材+テキスト
                  

   □価   格       4,500円(送料・税込)×11
               
   (最初の月は無料) 
  
                (一括払いは割引あり)

                         
   □購           
アカデミー出版





 <今回の評価・評価点について(続き)


Ryo:  さっき、Masaが実際に点数違いを
     具体的に数字を出して言ったよね。
     こういう話し合いの場では、
     ああいうほうが解りやすいと思う。
      他に、評価点の差を言える者がいるのかな?


Naomi:  自分から聞いておいて変だけど、
      その程度のことだったら、私だって言えるわよ。
      といっても、
Masaと同じようなものだけどね。
      まあ、0.5はくらい違ったはずだって、
      漠然と考えてたの。
      ええ、やはり最大で1.0かな。

      他のみんなだって、そんなものだと思うわ。

Masa:  みんなが頷いているってことは、
     僕の具体的に口に出した点数が
     わりと的確だったということだね。
     困ったことに、
     全員が同じ考えを持っているってと、
     教材の評価はかなり低くなってしまうが。

Taku いや、そう簡単な話ではないと思うんだ。
     確かに、
     これまで評価した他の教材と比べると、
     点数では一番低い評価
     なってしまうかもしれないけど、
     それじゃあ、
     最低の教材かというとそうじゃない
     一番高い評価を与えたいところだって、
     絶対にあるんだ。


Mika:   そうなのよね。
      私、さっき、質の点で見劣りするって
      言ったんだけど、
      見劣りしないばかりか、
            むしろ優れているところ
      たくさんあるのよ。
      現在の水準からいくと、
            教材の構成が、とってもシンプルなので、
      どうしても、そう考えてしまうんだけど。

Aya:  本当にそういうところがあるわね。
     やはりドリッピーこういうところがすごい
     と思ったりしたわ。
     他の教材にない長所がいくつか思いつくもの。
    
Naomi:  問題は、
      そういう長所が
初心者用に限定かどうか、
      というところにあるんじゃないの。

      結局、評価点の高低だけを議論したって
      無駄なのよ。
      きっかけを作っってしまったのは、この私だけど、
      いまかなり反省してるわ。


Ryo:  うん、今回の座談会は、
     少し評価点にこだわりすぎて、
     肝心の内容の話が薄くなってしまっているな。
     これじゃあ、
     ブログを見てくれている人もどう判断していいか
     わからなくなってしまうと思う。

     だから、このあとのミーティングは、
     点数のことはちょっと横に置いて、
     もっと内容についての話し合いをしたいと思う。
     最新の教材と比較した
     具体的な長所もあげて欲しい。
     もちろん、短所も遠慮なく言って欲しい。
     我々の話を読んでくれる人が、

     より理解しやすい議論にしていこうと思う。
    

   (ということで、座談会の続きは次回に掲載します)





 
 

 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
イングリッシュアドベンチャー

 


<全員の評価点の平均: 8.58 >




英会話情報は → ブログランキングへ










イングリッシュアドベンチャー(初級) 家出のドリッピー(NEW) -8a



  
イングリッシュアドベンチャー(初級)
    家出のドリッピー
(New)-8a010104woman35-trans.png


  <discussion meeting 3>
       



   教材内容       CD教材+テキスト
                  

   □価   格       
4,500円(送料・税込)×11
               
   (最初の月は無料) 
                   (一括払いは割引あり)

                         
   
□購            アカデミー出版





Ryo:  それではミーティングを続けます。
     ここからは、

     「
家出のドリッピーの内容について、
     他の教材と比較しながら、
          できるだけわかりやすく
     長所・短所をあげていきたいんだが……。

Masa:  わかりやすくというう指示なので、
      僕の方から、とりあえず単純に切り出してみる。
      シドニー・シェルダンの書き下ろしということで、
      他の教材よりもストーリーはだんぜん面白い
      これは異論のないところだと思う。
      目で見える画面はないのに、
      まるで映画を観ているような臨場感に
      溢れているから、
             飽きないで続けられるはずなんだ。
       ただ、その反面、会話は少ない気がする。

Naomi:  そのへんを、どう評価するかよね。
      他の教材は、
      日常会話に重点を置いたものが多いけど、
      その点では弱いと思う人が多いかもしれないわ。
      話すことより、読むほうに力を入れた教材だし、
      会話の練習として購入した人は、
      ちょっと戸惑うかもね。

Aya:  だけど、英語を始めようっていう若い子を、
     英語に馴染ませ
     英語の世界へ引っ張り込んでくれる
     という点では、
          面白くて続けられるっていうのは、
     すごい長所だと思うけど。
     いくら会話の練習になっても、
          興味が持てない内容だったら、
     途中で投げ出してしまう可能性のほうが
          高いんじゃないかしら。

Taku: そうは言っても、
      「会話の練習になるかならないか」
      という比べ方をされて、ならないと言われたら、
      購入する者は、かなり少数になるだろうね。
      僕自身は、
      会話の練習にならないとは思っていないし、
      聞こえてくる英語の意味を、
            自分の力で理解する
      という初心者英語力養成の点では、
            かなり優れている教材だと思う。

Ryo:  また、難しいことを言い出したな。
     わかりやすくだよ。
     言いたいことはなんとなく
伝わってくるし、
          Takuが指摘している点が
          ほとんどの評価者に、
     かーるく見過ごされてことは認めるけど。

Mika:   でも、Takuの言ってることも、
      すごく大事なことだと思うわ。
      自分で英語を理解していく力
     
自然に養ってくれるところは、
      もっと評価されてもいいわね。
      私が目にしたネットなんかの評価では、
      そういうところが見逃されている気がしたわ。


Taku: そうなんだ。
      それに、初心者というと概ね小中学生だよね。
      学校の英語の成績も上げなくちゃならない。
      そういった要望には、
      この教材はとても強いんだ。
      文法まで学べる教材は、あまりないだろう。

Masa:  NOTES & EXERCISESか。
     
本当に使いこなせるようになれば、
           テストの成績は上がるね。

     それだけじゃない。
     学校英語のつまらなさを打破してくれる
     という点も、忘れてはならないと思う。
     この教材のおかげで、
     英語が嫌いにならなくて済んだ
     という中学生を何人も知っている。

Aya:  まるで、私のことを言われてる気がするわ。
     学校で役立つっていえば、
     テストによく出るフレーズ
     あちこちに散りばめられていたのを思い出すわね。
     あれを意識的に入れながら、
          それでも面白い物語にしてしまう
    
シドニー・シェルダンの実力は、
          やはりすごいと思うな。


   (今回はここまでですが、座談会はもう少し続きます)



 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
イングリッシュアドベンチャー




イングリッシュアドベンチャー(初級) 家出のドリッピー(NEW) -8b



  
イングリッシュアドベンチャー(初級)
    家出のドリッピー
(New)-8b010104woman09st-trans.png


  <discussion meeting 4>
       



   教材内容       CD教材+テキスト
                  

   □価   格       
4,500円(送料・税込)×11
               
   (最初の月は無料) 
                   (一括払いは割引あり)

                         
   
□購            アカデミー出版






Naomi:  シドニー・シェルダンの実力がすごいなんて、
      今更って感じよね。
      とにかく、
いろんな制約があるのに、
      あれだけのストーリーにしたのは、
      私もホントに心の底から尊敬しちゃうわよ。
      でも、あらためて言うんだけど、
      この教材の長所を生かした最もいい使い方は、
      何も考えずにストーリーに没頭することよ。
      それができれば、
      成果はあとからついて来るわ。

Ryo:  うん。そこは僕の考えと同じだな。
     英語の勉強とか、学習とかって難しく考えないで、
     物語を単純にストレートに楽しんだほうが、結果的には、
     その学習効果が上がると思っている。
     ドリッピーの一押しの長所は、そこらへんにあるんだ。
     最初に短所としてあげられた、英会話の練習だって、
     いつの間にかできているはずだから。

Mika:  Ryoがそんなこと言うと、
     この話し合いのまとめみたいになっちゃうわね。
     まだ他に比較する点があるんじゃないかしら。
     サポートみたいなものがないのは、
     どうなのかな?

Masa:  これは考え方の問題だね。
     立派なサポートがあっても、
     利用しない者は、全く利用しないから。
     あった方が良いのは間違いないけど、
     サポートなんかなくっても、
     決定的にダメとは
     言い切れないんじゃないのかな。


Naomi:  そうよね。
      Masa
のように、手厚いサポートがあっても
      全然使わない人は、きっとそう思うでしょうね。
      まあ、そんなこと言ってる私だって、
      この教材を使っていたとき、
      あまりサポートの必要性は感じなかったわ。


Taku: そういったことも含めて、
      この教材は相性が一番の問題になるかもしれないな。
      大半の受講者が面白いストーリーだと言っても、
      こういったファンタジーにはついていけない者もいるんだから。
      物語の内容に違和感を持ったら、
            絶対にやらないほうがいい。


Aya:  ええ、確かに私の友だちの中にもダメな人がいたわね。
     聴き続けることのできなかった人がね。
     理由は、童話が嫌いだったり、内容が物足りないだったりだわ。
     だからこそ、
     
第1回目の教材は無料って制度が重要になってくるのよ。
    
物語にはまれば、たぶん大丈夫だし、
     逆に、面白く聴けなかったら、やめたほうがいいと私も思う。

Mika:  この教材に限らず、相性の問題は絶対にあるわ。
     私たちのあいだだって、それぞれ評価が違うんだから。
     そのあたりを確認するために、無料特典があるのは
     私もすごく大切なことだと思う。
     無料の教材を目一杯聴いて、
     自分に合っているかを、じっくり確かめて欲しいわね。


Ryo:  ……と、Leaderがかなりまとめっぽいことを言ってくれた。
     僕も、無料教材を申し込んで、試してみることを薦めるね
     たぶん、他の教材よりも、
     人によって感じる評価の違いが、
     つまり、さっきから言ってる相性の問題が、
     大きいはずなんだ。

     合うか合わないかは、
     実際に聴いてみなくてはわからない。
     自分に合っていると感じたら、あとはとりあえず、
     ストーリーに没頭すればいい。
     1カ月後、2カ月後に、自分の英語力が上がっているのを、
     誰もが実感できるはずだからね。

     まあ、これが結論というわけでもないんだが、
     今回のミーティングはこのへんでお開きとしましょうか。


   (今回の教材はここまでです)



 ※教材の詳しい説明を知りたい人は、
   こちらからどうぞ
イングリッシュアドベンチャー